« 映画 『フクシマ2011』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-03-17 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(10)

3/10の結果
 2勝(館山特別、阪神スプリングジャンプ) 8敗
  回収率 27.4%

 

3/11の結果
 2勝(両国特別、須磨特別) 7敗
  回収率 23.1%
  年間回収率 60.1%
  通算回収率 70.6%

 

各レースの反省

3/10中山09R 館山特別(◎)
 人気順に印打っただけとはいえ、順番まで完璧に的中
 (3連単でも2490円だけど)。
 勝ったアドマイヤラクティは、1000万下昇格後も馬券に絡み続けていただけに、
 ようやく順番が回ってきたということだろう。
 渋い馬場にも対応できるパワーがあるようなので、
 中山でも阪神でもチャンス充分と見る。
3/10中山10R サンシャインS(×)
 2番人気のエーシンミラージュが勝利。
 昇級戦だし坂実績も無かったので軽視していたんだが、
 成長期に入ったのか一気の連勝。
 長いところが向きそうだし、平オープンの適鞍がある時期なので、
 相手次第では次もそこそこ期待できそう。
 本命のタニノエポレットは、惜しくも4着。
 さすがに少々減り過ぎた感がある。輸送減りするタイプなのかなぁ…。
3/10中山11R アネモネS(×)
 3番手評価の1番人気パララサルーが勝利。
 この距離が本当に向きそうだね。本番では、まず輸送がテーマになってくるだろう。
 本命のトーセンベニザクラは5着止まり。
 重賞勝ってる馬で、賞金自体足りてるので、
 本番前のひと叩きと言ったところだったか。
 その割には体重が減ってるのがちょっと気がかり。
 本番での馬体重が今から気がかりだったりするのだが…。

3/10阪神08R 阪神スプリングジャンプ(○)
 3番手評価の2番人気バアゼルリバーが勝利。
 連勝中の勢いは本物だったということだろう。
 地脚もあるので、今後も安定して期待してくれそうな予感。
 2着に対抗のアグネスラナップが入り、ワイドでゲット。
 しかし、本命のディアマジェスティが競走中止で予後不良。
 当たったとはいえ、複雑な心情です。ご冥福をお祈りいたします。
3/10阪神09R ゆきやなぎ賞(×)
 5番人気の対抗ヤマニンファラオが勝利。
 本命のレインフォールと互角の評価だったのだが、
 ここ2戦今ひとつな競馬が続いていたので対抗止まりだったわけだが…。
 坂のある競馬場の方が力を発揮するタイプなのかなぁ。
 その本命レインフォールは、11着と惨敗。
 これは減り過ぎだったと思うね。
 あと、もしかするとパンパンの良馬場でないと力が発揮できないタイプなのかも…。
3/10阪神10R うずしおS(×)
 5番人気のカトルズリップスが勝利。
 前走は休み明けでも惜しい競馬だったが、
 今回は究極の仕上げか輸送減りか、ともかくかなりの馬体減ながら勝利。
 次は、とりあえず馬体を立て直してからの判断となりそうだが…。
 本命のクィーンズバーンは、惜しくも3着。
 普段は逃げて結果を出している馬だけに、
 今回は控えたのが裏目に出たかも知れない。
 とはいえいい脚を使ってきているので、
 こういう競馬を経験できたのは今後の糧になると思う。
3/10阪神11R ポラリスS(×)
 2番人気のヒラボクワイルドが勝利。
 乗り替わりに加えて、ここ2戦の負けっぷりが悪かったので軽視していたんだが、
 OPなら実力上位ということなんだろうか。
 ただ、そうなると逆に今後じり貧な気もするんだがねぇ…。
 本命のアルゴリズムは、惜しくも4着。
 勝負どころでの伸びがイマイチだったし、
 位置取りがいつもより後ろめだったのが敗因と思われる。
 重馬場が本当はあまり得意ではないのかも…。

3/10中京10R 熊野特別(×)
 3番人気の対抗クイーンオリーブが勝利。
 休み明けとはいえ、その前は500万下で2戦してともに惜しい競馬だっただけに、
 ココでは実力上位だったということか。
 あるいは、体重増分が全部成長分だったとか、かなぁ…。
 本命のショウナンマハは、9着に敗れる。
 時計を見る限り、名ばかり良馬場だったっぽいね。
 近走と比べても位置取りが後ろだったし、いろいろと厳しい競馬になってしまったね。
3/10中京11R 伊勢特別(×)
 
 6番人気のアキノグローブが勝利。
 前走も、2着とはいえあまり良い内容ではなかったし、
 鞍上実績が無かったのもあって軽視してたんですが…。
 脚抜きの良い馬場が合うみたいだし、斤量にも恵まれたということかも知れない。
 本命のアルバトンは、惜しくも4着。
 この馬は、逆に脚抜きが良くなって前が止まらなかったのが敗因と言えるだろう。
 もう少しい脚使えないと、上には上がって行けなさそうだなぁ。
3/10中京12R 刈谷特別(×)
 4番人気のイトククリが勝利。
 熊野特別同様、名ばかり良馬場のようで、
 重馬場で2戦2着2回のこのうまにとっては望むところだったのかもしれない。
 本命のフレデフォートは、惜しくも4着。
 渋い馬場はあまり得意ではなさそうだ。

3/11中山09R 両国特別(○)
 1番人気の本命メイショウツチヤマが勝利。
 再昇級後も掲示板を外さずにここまで来ていたので、
 単純に順番が回ってきたということだろう。
 この馬場でもある程度時計の出せる馬なので、
 上に行ってもそこそこ通用しそうな気はする。
3/11中山10R 東風S(×)
 6番人気のツクバホクトオーが勝利。
 中山は向かないと思ってたんだけど、
 渋い馬場を利した逃げが決まってしまいましたね。
 もともと重馬場で連対したこともある馬だったし、
 脚質がうまく噛み合ったということだろう。
 本命のテイエムオオタカは、惜しくも4着。
 休み明けにしてもさすがに増え過ぎ。
 ただ、この厳しい状況でもココまで粘れたのだから、
 絞れてくれば重賞制覇も夢ではないだろう。
3/11中山11R 中山牝馬S(×)
 8番人気のレディアルバローザが逃げ切りでこのレースを連覇。
 もともと重馬場実績のある馬でもあったわけだが、
 近走が悪過ぎたからなぁ…。時期的なものなんだろうかねぇ…。
 逆に、この馬場でもきっちり追い込んで来れる
 2着のオールザットジャズなんか今後怖い馬になりそうな気も…。
 本命のコスモネモシンは、6着に敗れる。
 さすがにこっちは、重馬場でキレが落ちてしまったようだ。
 若干調子落ちもしていそうな気もするし、次はちょっと評価を控えたいなぁ。

3/11阪神09R 須磨特別(○)
 1番人気の本命アドマイヤタイシが勝利。
 昇級戦とはいえ、4戦連続連対中と力のあるところは見せていたので、
 いきなりでも通用するだけの力を既に蓄えていたということだろう。
 勢いだけなら、1600万下でも面白そうだが…。
3/11阪神10R 甲南S(×)
 2番人気の対抗オースミイレブンが勝利。
 昇級初戦の前走も惜しい競馬だったが、
 鞍上が四位騎手に戻ったのがさらに良かったのかもしれない。
 このコンビでなら、OPに行ってもそこそこ戦えそうな気はする。
 本命のエアウルフは、9着に敗れる。
 脚抜きの良い馬場なんだから、前走と同じような位置にいれば、
 こんな無様な競馬にならなかったような気はするんだが…。
3/11阪神11R フィリーズレビュー(×)
 1番人気の対抗アイムユアーズが勝利。
 休み明けとはいえ、安定感のあるレースぶりが好印象。
 本番でも連軸として人気してきそうな馬ではある。
 本命のイチオクノホシが4着止まりで、馬券ゲットはならず。
 騎手のせいにしたくは無いんだが、今回は急きょ乗り替わりだったからなぁ…。
 急造コンビで噛み合わなかったのなら、実力不足とするのは早計とも思うが…。

3/11中京10R 沈丁花賞(×)
 3番人気のサンマルデュークが勝利。
 3着のアルファウイングもそうだけど、既に重馬場実績を持ってる馬が上位を占めた。
 脚抜きの良い馬場では、今後も要注意な馬たちだろう。
 本命のスズカウラノスは、5着止まり。
 人気ほど力の無い馬ではないと思うんだが、
 時計的にはやはり物足りない印象がある。
 これからの馬、と思いたいわけだが…。
3/11中京11R 中京スポーツ杯(×)
 6番人気のレオプライムが勝利。
 旧中京で2戦2勝の馬、かぁ…。
 他にプッシュできるポイントも無いし、水が合うってことなのかなぁ…。
 本命のジョーアカリンは、なんとビリ。
 初の左回りだったようで、もしかすると完全な右利きかも…。
 それにしても負け過ぎだよなぁ。
 あと、本命入れ替えてなきゃ、複勝は取れてたよなぁ…。
 ラインジェシカの複勝、180円ならけっこうおいしかったなぁ…。
3/11中京12R 熱田特別(×)
 8番人気のマイネルゴラッソが逃げ切り勝ち。
 時計が出てないから、日曜日も名ばかり良馬場だったってことかな。
 時期的なものもあるかもしれないが、保水力高過ぎな気もするなぁ…。
 本命のエバーグリーンは、6着に敗れる。
 中途半端な位置取りができなさそうな馬だから、
 外枠の今回はこういう競馬に徹したってことなんだろうが…。
 マイネルゴラッソみたいな思い切りの良さも、陣営には必要だと思うんだが…。

前回同様、まずは新中京と坂実績の関連性チェックから…。
 熊野特別(芝)
  1着:0-1-2-2
  2着:0-0-1-1
  3着:0-0-1-2
 伊勢特別(D)
  1着:0-1-0-2
  2着:0-1-1-3
  3着:1-0-0-0
 刈谷特別(芝)
  1着:0-1-0-2
  2着:0-0-0-3
  3着:実績なし
 沈丁花賞(3歳D)
  1着:1-0-1-1
  2着:1-0-0-0
  3着:0-1-0-0
 中京スポーツ杯(芝)
  1着:0-0-0-2
  2着:2-3-3-8
  3着:1-1-1-6
 熱田特別(芝)
  1着:1-1-0-1
  2着:0-0-0-1
  3着:1-0-0-4
 ダートは、馬場特性も関係してくるがある程度パワーが無いとダメそうだが、
 芝はやはり坂を登り切ってからが本当の勝負っぽいので、
 それほど厳密に要求されてないような気はするねぇ。
 ただ、今回は下位条件戦しかなかったので、
 1600万下以上との比較は次回以降に持ち越し。
あとは、本命チョイスがズレまくってるのが、個人的には気になるところ。
素直に行った方が良いのか、それともまだまだ研究不足なのか…。
年間回収率的には、これ以上下げたくないところまであっさり来てしまったなぁ…。
3/17、3/18の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 阪神:条件戦=単勝1点買い OP以上=馬連
 中京:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『フクシマ2011』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-03-17 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/54231880

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(10):

« 映画 『フクシマ2011』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-03-17 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ