« 映画 『マリリン 7日間の恋』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『トロール・ハンター』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(12)

3/24の結果
 4勝(ペガサスジャンプS、毎日杯、大寒桜賞、名鉄杯) 6敗
  回収率 69.4%

3/25の結果
 5勝(安房特別、常総S、四国新聞杯、三河特別、名古屋城S) 5敗
  回収率 43.2%
  年間回収率 62.3%()
  通算回収率 70.6%

各レースの反省

3/24中山08R ペガサスジャンプS(●)
 1番人気の対抗マジェスティバイオが勝利。
 やや間隔も空いてたが、やはり実力の違いということだろう。
 2着に3番手評価のトーセンオーパスと同枠のグレイドケイが入り、
 枠連をなんとかゲット。
 本命のタガノバッチグーは、7着に敗れる。
 2着のグレイドケイに好スタートから気持ち良く行かれてしまったのが
 悪かったんだと思うんだが…。
 地脚はあるし、OP実績もあるのだから、もっと頑張れる馬だとは思うんだが…。
3/24中山09R ミモザ賞(×)
 1番人気のハイリリーが勝利。
 唯一の重馬場実績馬だったので、渋い馬場にはめっぽう強いんだろうね。
 力強さが活かせる馬場(洋芝の函館&札幌)なら、良馬場でも狙えそうではある。
 本命のゴールデンナンバーは、8着に敗れる。
 キャリアが浅い馬だからねぇ…。
 左回り、小回り、急坂、短い直線、重馬場、距離適性など
 いろいろな要因が考えられるね。
 新馬勝ちできる勝負強さはあるので、これからの馬だと思いたい。
3/24中山10R 利根川特別(×)
 1番人気のヒラボクマジックが勝利。
 失格に関しては増減点無しにしてたんですが、
 休み明けだったので軽視していました。
 持ち時計もイマイチだったんですが、中山D1800mは相性が良いようですね。
 キャリアも浅くまだ伸びしろもありそうなので、今後にも期待できるだろう。
 本命のレオネプチューンは、13着に惨敗。
 位置取りが全てだったかなぁ。昇級初戦だったし、クラス慣れも必要そうだ。
3/24中山11R 日経賞(×)
 12番人気のネコパンチが逃げ切り勝ち。
 これは、うまくしてやられたって感じですね。
 ただ、ちょっと買える要素が無いんでねぇ…。
 2着に対抗のウインバリアシオン、
 3着に本命のルーラーシップが入ったので、ワイドなら的中(190円だけど)。
 ルーラーシップは、中途半端な競馬になってしまったね。
 ウインバリアシオンぐらい腹をくくってレースをした方が良かったのかも…。

3/24阪神09R 君子蘭賞(×)
 1番人気の対抗ミッドサマーフェアが勝利。
 前走も惜しい競馬をしてるわけだし、
 重馬場とは言え持ち時計もトップだったわけだから、
 このクラスでは実力上位ということだろう。
 本命のエアカリナンは7着に敗れる。
 阪神実績があるとはいえ、単純にキャリア不足ということだろう。
 持ち時計も無いし、今後の成長に期待、と思いたいが…。
3/24阪神10R 鳴門S(×)
 1番人気の対抗エーシンウェズンが勝利。
 昇級初戦とはいえ安定感があったから、
 複勝で買うならこっちの方が確率高かったかなぁ…。
 本命のトシギャングスターは、7着に敗れる。
 阪神D1400mは勝つか着外かだからなぁ…。
 今回は悪い結果の方でしたね。ハンデもちょっと厳しかったかもね。
 距離は短い方が良さそうなので、ハンデ戦以外が良さそうだ。
3/24阪神11R 毎日杯(○)
 1番人気の本命ヒストリカルが勝利。
 前走でもワールドエース相手に惜しい競馬してたから、これは順当かな。
 ただ、こっちも輸送はこなしてないからなぁ…。
 2着に対抗のマウントシャスタが入ったので、ワイド的中。
 むしろ、トリガミにならなくてよかったなぁ。
 勢いだけなら、マウントシャスタも負けてないけど、これも輸送が課題かな。

3/24中京10R 大寒桜賞(○)
 1番人気の本命トーセンホマレボシが勝利。
 相手なりに走れる馬だとは思ってたんですが、勝ち切ってしまいましたね。
 ただ、体重が減り続けてるのが気がかりだなぁ。
 使い詰めっぽくもあるから、間隔を空けるなり休ませるなりした方が良いかもなぁ…。
3/24中京11R 名鉄杯(○)
 2番人気の本命マイネルガヴロシュが勝利。
 前走も着順ほど悪い競馬してないし、
 重馬場でも実績のある馬だったからねぇ。
 ただ、今回は斤量に恵まれた面もあるから、
 昇級即通用とは行かないかもなぁ…。
3/24中京12R 豊橋特別(×)
 3番人気のパワフルキリシマが勝利。
 前走は惜しい競馬だったけど、芝実績無かったので軽視したんですが…。
 名前の通り、パワフルな馬なのかなぁ…。
 本命のリバーハイランドは、6着に敗れる。
 もしかして、終わった馬なのかなぁ…。

3/25中山09R 安房特別(○)
 1番人気の本命サトノエンペラーが勝利。
 惜しい競馬が続いていたので、単純に順番が回ってきたということだろう。
 持ち時計もそこそこある馬なので、長いところならいきなりでも期待できるかも。
3/25中山10R 常総S(○)
 4番人気の本命タムロスカイが勝利。
 昇格前ももちろん、昇格後も内容のある競馬を続けていたので、
 着実に力をつけてきているということなんだろう。
 パワーとスタミナが付いて来たようなので、
 今後は活躍の舞台が広がってくる可能性もある。
 成長力から考えると、母系が強く出てそうなので、中距離は向きそうだ。
3/25中山11R マーチS(×)
 6番人気のサイレントメロディが勝利。
 確かに重馬場実績は高いけど、それだけなら他にいい馬いっぱいいるしねぇ…。
 鞍上とうまく噛み合ったったってことなんだろうかねぇ…。
 もっとも、2着のメイショウタメトモなんか16番人気だったからなぁ…。
 このぐらいぶっ飛んだ馬が来ると、むしろ気持ちいいね。
 本命のタカオノボルは、なんとビリ。
 こっちも人気無かったんだけどね(9番人気)。
 行ってナンボみたいな馬で、しかもおあつらえ向きに内枠引いたのに、
 この番手じゃあ、まぁ勝てないわなぁ…。
 鞍上がテン乗りだったことも無関係とは言えないだろうし、
 まだ単純に見限れない馬だとは思うんだが…。

3/25阪神09R 四国新聞杯(○)
 4番人気のコウエイオトメが勝利。
 前走の敗因は、単に左回りだったからかもしれないね。
 ただ、坂に関してはそんなに良くないと思っていたので、
 そういう意味で軽視してたんだけど…。
 渋い馬場でもいい脚で突っ込んできてるので、
 こういう馬場も苦にしないタイプかも知れない。
 本命のアマファソンは、2着をキープ。
 半年の休み明けとはいえ、1000万下で連対実績のある実力馬。
 いきなりでこれだけやれるなら、次はさらに期待していいのではないだろうか。
3/25阪神10R 心斎橋S(×)
 3番人気のレオプライムが勝利。
 昇級初戦だし、平坦でこその馬だと思ってたんだけどねぇ…。
 あまり渋い馬場が得意な馬がいなかったのが、
 この馬には良かったのかもしれないが、
 そういう意味で言えば昇級即通用とはちょっと行かなそうな気はするんだが…。
 本命のワイズリーは7着に敗れる。
 脚色自体は悪くないんだが、いかんせん後ろ過ぎたかなぁ。
 ただ、切れ味勝負の馬なので、良馬場でこその馬なのかもしれない。
 次走良馬場なら、改めて期待したい馬ではある。
3/25阪神11R 六甲S(×)
 6番人気の対抗マイネルクラリティが勝利。
 2着のゴールスキーともども、阪神芝コースとの相性が良かった馬同士での決着。
 同枠のラインブラッドを買ってたんだから、枠連なら取れてたのになぁ…。
 2330円なら、6点買いでもおいしいと思うんだが…。
 本命のヒットジャポットは、6着に敗れる。
 体重自体はこのぐらいの方が良さそうは気がするんだが、
 減った原因の方に問題がありそうだなぁ。
 使い込んでる感じもあるし、そろそろ休ませた方が良いかもね。

3/25中京09R 三河特別(○)
 7番人気のシュプリームギフトが勝利。
 昇級初戦も惜しい競馬だったんだけど、
 ワシ的には最近の急成長が信用できなかったんだよね。
 これからが成長期の馬みたいなので、今後に期待したい馬ではある。
 本命のアフォードは、3着をキープ。
 位置取りに融通の利く馬で、今回は1枠1番ということで前めで競馬したが、
 そういう器用な馬には今後もうまく着を拾ってくれると、
 馬券的にはありがたいわけなんだが…。
 でも、順番が回ってくる日も遠くなさそうな馬ではある。
3/25中京10R 名古屋城S(◎)
 4番人気の本命トウカイパラダイスが勝利。
 重想定で本命に浮上させた馬だったのだが、
 相変わらずの名ばかり良馬場で、
 時計のかかる馬場に仕上がったのがこの馬には良かったのかもしれない。
 芝2200mとの相性はかなり良さそうなので、
 今後もこの距離では狙って行きたい馬だ。
 一方、もともとの本命で対抗評価にしたダコールは惜しくも4着。
 渋い馬場でもそこそここなせるが、1ハロン長かったかな。
 たぶん2000mまでの馬。
3/25中京11R 高松宮記念(×)
 2番人気の本命カレンチャンが勝利。
 休み明けを叩いた効果が大きかった上に、
 池添謙一騎手の思い切りの良さもいい方に働いたようだ。
 ただ、2着にサンカルロが入ってしまい、馬券ゲットはならず。
 どうしてもサンカルロとは相性が悪いんだよなぁ…。
 連対率の低さを見ても、安定感に欠ける印象が強いし…。
 ロードカナロアが1/2馬身差の3着。
 やっぱり中京は、上位条件ではパワーがあった方が良いのかなぁ…。
3/25中京12R 瀬戸特別(×)
 6番人気のダノンフォーバーが勝利。
 重馬場ではエーシンリボルバー(3番手、2着)や、
 ダイヤノゲンセキ(対抗、3着)の方が実績があったので手が回らなかったが、
 鞍上が面白い馬だとは思っていた馬。
 むしろ、重馬場の方がいい馬なのかもしれないね。
 本命のテクニカルランは、7着に敗れる。
 牡馬相手は荷が重かったかなぁ。
 重馬場実績でダイヤノゲンセキを本命にしてればなぁ…。
 複勝1230円はかなりおいしかったなぁ…。

中山の重賞が、人気薄に見事にかき回されたなぁ…。
これがあるから、競馬はやめられない、とも言えるわけだが…。
それにしても、相変わらず「小さく勝って大きく負ける」
せっこい競馬してるなぁ、ワシ…。
開催が終わる中京の坂適性チェックは別記として、
3/31、4/1の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『マリリン 7日間の恋』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『トロール・ハンター』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/54322960

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(12):

« 映画 『マリリン 7日間の恋』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『トロール・ハンター』(☆☆☆) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ