« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(12) | トップページ | 中京コースと坂適性チェックのまとめ »

映画 『トロール・ハンター』(☆☆☆)

ある程度特撮を知っている世代のワシからすれば、
イマドキのCG技術があればたいていのことは再現できるということは、
『第9地区』の例を引くまでもなく明確である。
あとは、どうやってリアリティを高めるかであり、
どうやって独自の世界を構築し、すり合わせていくかである。
今作では、周りにあるそれらしい素材をうまく切り貼りして、
リアリティを維持しつつ独自の世界に引き込もうとしている。
これなら、予算もそれほどかからないだろうし、
多少の許認可さえ得られればたいがいのモノは撮れる。
最終的には、我々観客がどう楽しむかである。
のめりこめるほど現実感のある設定ではないので、
怪獣映画として楽しむのがベストかと思われる。
怪獣トロールと戦うのは、
地球防衛軍でも◯ルトラマンでもなく、
特殊部隊出身とはいえ一人の人間「トロールハンター」
というわけ。
あとは、それを『川口◯探検隊』よろしく、
ブレブレのカメラでドキュメンタリータッチで撮れば出来上がり。

着眼点としては悪くないと思うが、
世界的に見てそういう作品の需要がどれだけあるか、
っていう話ではあるが、
多分相当低予算で撮ってるだろうから、
興行的にはそれなりにペイしそうな気はする。
ただ、日本じゃあこれに近いことを
TVで普通にやっちゃうからなぁ…。
日本は、もっと発信力を強めた方がいいんじゃないのかねぇ。

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(12) | トップページ | 中京コースと坂適性チェックのまとめ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『トロール・ハンター』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(12) | トップページ | 中京コースと坂適性チェックのまとめ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ