« 映画 『Black & White/ブラック&ホワイト』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(16) »

映画 『捜査官X』(☆☆)

タイトル見て予告編観たら、
金城武が主役だって思うじゃない。
でも、いざ本編が始まると
『武侠』って原題が現れる。
あとは、まぁ半分ぐらい観たら、
どっちのタイトルがしっくりくるかよくわかります。
そして、邦題にダマされたことに気づくでしょう。
よく考えたら、ドニー・イェンの出る映画って、
基本ドニーがおいしくなるようにできてるんだよね。
金城武の狂言回しっぷりも悪くないんだけど、
中途半端に金城武を前に出してるせいか、
全体的にぼやけた印象になってしまった。
金城パートの謎解き要素は、
もっぱら人体の話に終始してるし、
ドニーの格闘パートは、
役柄の性格上終盤まで能力封印。
しかもクライマックス直前で片腕使えなくなるし、
その上最後の決着もらしくない感じ。
相変わらずドニーは、自分以外をうまく立てられないのね。

« 映画 『Black & White/ブラック&ホワイト』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(16) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『捜査官X』(☆☆):

« 映画 『Black & White/ブラック&ホワイト』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(16) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ