« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(17) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-05-05 »

映画 『超能力者』(☆☆)

見える範囲の人間すべてを操ることができ、
親にまで殺されかけた義足の男チョイン(カン・ドンウォン)。
面白そうな設定なんだけどなぁ。
悪役なのは別にいいんだけど、
やることが「人を操ってお金を盗ませる」じゃあねぇ。
ちょっとセコくない?
対する主人公は、チョインの能力が通じない以外に
特に取り柄のないイム・ギョナム(コ・ス)。
コイツがまぁ、
『ダイ・ハード』のマクレーン刑事(ブルース・ウィリス)よろしく
とにかく死なない。
でも、チョインの設定の面白みに対して、
あまりにもギョナムが中身のないキャラクターなもんだから、
今ひとつ入り込めない。
かと言って、チョインの葛藤が描かれてるかって言うと、
そうでもなくて、
能力を酷使してるせいかだただ消耗していくだけ。
あえて、100%チョイン視点にして、
もっと描きこんだ方が深みのある話になったような気がする。
じゃなきゃ、ギョナムの後輩である2人の外人を活かした、
砕けた感じの作りに振った方が、
B級感のある面白おかしい映画に仕上がったのではなかろうか。
ハリウッドリメイクで大仕掛けにしたら、案外化けるかも。
もったいない作品。

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(17) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-05-05 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/54628947

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『超能力者』(☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(17) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-05-05 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ