« 映画 『リンカーン弁護士』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(28) »

『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-②

さすが、外宮のお膝元。外宮以外にもけっこうな数の神社がありますね
(その理由の一端は、外宮に行くとわかるわけだが…)。

(1)世木神社(セギジンジャ)
  主祭神:天牟羅雲命御玉(アメノムラコムノミコトノミタマ)
Imgp6267c

 鎌倉時代には既にこの神社の一帯は栄えていたというから、
 祀られてから800年以上の歴史を有する神社。
 伊勢市駅のすぐ目の前にあるので、とりあえず寄って行ける感じの神社でもある。
 「世木」≒「堰」ということらしく、天牟羅雲命も水に関する神様らしいが、
 『記紀』に出てくる神ではなく、『旧事本紀』に記載のある神様なので、
 国家神道とは別系統の神という扱いになる。

(2)三吉稲荷神社(ミヨシイナリジンジャ)
  主祭神:稲荷神
Imgp6269c

 言わずと知れたお稲荷さん。
 世木神社の社地内に合祀されているお社で、
 この後もこのパターンのお稲荷さんがいくつか出てくる。

(3)月夜見宮(ツキヨミノミヤ)
  祭神:月夜見命、月夜見命荒御魂
Imgp6270c_3

 豊受大神宮(=伊勢神宮外宮)の唯一の境外別宮。
 「別宮」とは、本宮(この場合外宮)に付属して別に設けられた神社。
 伊勢神宮などには、別宮以外にも「摂社」、「末社」、「所管社」という
 縁のある神社を格付けして持っている。
 そのため、神宮周辺には多くの神社が点在しているのである。

 
Imgp6272c

 アマテラスの弟でスサノオの兄である、夜の神、月の神ツクヨミを祀る神社。
 一緒に祀られている「荒御魂」とは、
 神道の考え方である「和魂(ニギタマ)」と対となる概念で
 (つまり、「荒御魂」でない方が「和魂」ということになる)、
 和魂が平和的な側面であるのに対し、
 荒御魂(=荒魂)は崇りなどを起こすもう一つの顔とも言うべきものである。
 中には、和魂と荒魂で別の名前を与えられることすらあるぐらい、
 強烈な顕れ方をするそうなので、このように祀っているようである。
 また、屋根の上に乗っかっている丸太(鰹木(カツオギ)という)の本数で、
 外宮の系列(鰹木が奇数本)か内宮の系列(鰹木が偶数本)か
 がわかるようになっているらしい。

(4)高河原神社(タカガワラジンジャ)
Imgp6275c

 月夜見宮の境内にある、外宮の摂社。
 ただし、祀られている祭神がよくわからないという、謎の社
 (にもかかわらず外宮の摂社の中では首位に序列されている)。
 鰹木は3本なので、外宮の系列であることがその点からもわかる。

Imgp6274c

 線路沿いとは思えない、静かな雰囲気を持つ月夜見宮。
 伊勢神宮を参る前に、できれば参ってもらいたい場所の一つではありますね。

次回もまだ外宮には着きません。
とにかく、神社密度が北海道に比べて圧倒的に高いです。

« 映画 『リンカーン弁護士』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(28) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/55168302

この記事へのトラックバック一覧です: 『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-②:

« 映画 『リンカーン弁護士』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(28) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ