« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-07-15 | トップページ | 『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-① »

映画 『苦役列車』(☆☆☆)

1980年代後半(作中のカレンダーによる)が舞台のこの映画。
当時10代だったワシにとっては、
まず懐かしいと思う映画でした。
そして、やっぱりおおらかでいい時代だったんだなぁ、
と思うわけであります。
今ならまぁ許されない話(レイプまがい)とか、
タバコスパスパ(しかも未成年)とかが出てくるわけですから。
ヘタすりゃ北町(=作者本人、森山未來)も、
父親と同じく性犯罪で逮捕もんですわ。
アレを愛嬌って言えるのは、
そういうおおらかな時代だったからであって…
(だからこそ、こうやって身を立てることもできたんだろうが)。
今あんな調子だったら、社会不適応者扱いで、
ホームレスだろうね。
少なくともワシならカネ貸さないね、あんなヤツには。
まぁ、そんなやさぐれた人間になったのは、
父親のせいであり、社会のせいでもあるって言えるんだろうけど、
結局腐っちゃってるんだから自業自得だよなぁ。

しかし、アレを晒していかないと、
やっぱりモノ書きとしてはやっていけないんですかねぇ。
「そこまでして売れたいと思わない」
と思ってるワシは、まだまだ覚悟が足りないんですかねぇ。

映画としては、これと言ったオチもないので、
別にいい映画だとは思わないけど、
時代を感じる感じるっていう意味では、
まぁアリなんじゃないかな、と思う。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-07-15 | トップページ | 『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-① »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『苦役列車』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-07-15 | トップページ | 『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-① »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ