« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(27) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-07-14 »

映画 『クーリエ-過去を運ぶ男-』(☆☆☆)

なかなか工夫して作ってあると思うし、
最後まで飽きさせない努力もしてると思うんだけど、
ストーリーラインが雑っていうか、
人間関係が終始よくわからないまんまなので
行動に理解できないところが散見する。
もう少しその辺を丁寧に掘り下げても良かったのかな、
とも思うのだが、
そうするとスピード感がスポイルされちゃうからねぇ。
お手軽な暇つぶしとしては、これでも充分だとは思うが、
少々食い足りない感じも否めない。

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(27) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-07-14 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
無事に届いて安心しました^^。

11R 第44回 函館2歳ステークス(GIII)
◎11番ティーハーフ
○1番ストークアンドレイ
▲2番アットウィル
△14番ジーブラック
×8番ローガンサファイヤ
注5番コナブリュワーズ

本命ティーハーフ

新馬戦は他馬を全く寄せ付けない完勝劇でした。
好スタートから先団へ取り付くと、折り合いもピタリと付いて、そのまま直線へ。
鞍上が追い出しを待つ様な余裕の手応えのまま、
楽々と抜け出すと坂も全く苦にせず伸びて、
終わってみれば後続に4馬身差の勝利。
陣営の期待度が高く昨年の京王杯2歳Sで2着となったサドンストーム以上の逸材です。

◎→○▲△×注 5点。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『クーリエ-過去を運ぶ男-』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(27) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-07-14 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ