« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(33)

8/26分は、重賞以外自分の不摂生で予想ができませんでした。
まずは、そこを反省させていただきます。申し訳ございませんでした。

 

8/25の結果
 5勝(雷光特別、朱鷺S、西海賞、積丹特別、HBC賞) 1分(ひまわり賞) 4敗

 

8/26の結果
 2敗
  年間回収率 92.2%(→)
  通算回収率 73.2%

 

各レースの反省

8/25新潟09R 雷光特別(◎)
 3番人気のオレニホレルナヨが勝利。
 5番手評価ぐらいだったんだけど、今回はウチパクさんにうまく乗られちゃったかな。
 連闘するみたいなんだが、馬体に成長感が無いし、
 馬体増と外枠引くのが「買い」の条件かな。
 本命のリトルゲルダは、2着に入り複勝ゲット。
 6番人気で複勝550円、ごちそうさまでした。
 2戦しかキャリアが無いけど、直線競馬が強そうだね。
 芝でのコーナーワークを見てみたい気持ちはあるが、
 明らかにこれからの馬なので今後の成長には期待大だろう。
8/25新潟10R 阿賀野川特別(×)
 5番人気の対抗トラストワンが勝利。
 印打ってる3頭の実力は拮抗だとは思ってたんだけど、
 持ち時計がイマイチだったので対抗止まりだったんだけどねぇ…。
 左回りは本当に強いね、この馬は。
 次の東京開催に期待、って感じかなぁ。
 本命のジョンブルクリスは、8着に敗れる。
 数値上の本命スカイディグニティも6着だったから、
 トラストワンを見抜くべきだったなぁ。
 スカイディグニティに関しては、
 なんでこんなに体重増えちゃったんだろう、って感じだね。
 ジョンブルクリスは、2番手(フェイルノート、2着)や
 3番手のトラストワンの脚色を考えると、
 相手が悪かったとしか言いようがないなぁ。
 距離は融通が利くので、相手を見て選んでいく感じになるだろう。
8/25新潟11R 朱鷺S(○)
 2番人気の本命レオアクティブが勝利。
 休み明けとはいえ、安定感はある馬だからねぇ…。
 距離さえ合っていれば他の条件はあまり気にしないタイプの馬なので、
 間に合えばマイルチャンピオンシップでも面白い存在になると思うんだが…。
 2着に3番手評価のサンディエゴシチーが入って、ワイドゲット。
 この組み合わせで馬連1660円だったら、おいしかったのになぁ…。
 まぁ、ワイドでも710円付いてるんだから、人気が散ってたんだね、きっと。
 レオプライム(対抗、14着)は、とりあえず休み明けだったから…、
 としか言いようがないなぁ。

8/25小倉09R ひまわり賞(△)
 単純に勝ってる馬2頭で決着。
 勝ってると言っても、九州産馬限定の新馬戦なり未勝利戦なんだけどね。
 それを言うなら、他の馬はそれですら勝ててないわけだけど…。
 そういうわけで、オッズ的にはこのぐらいで仕方ないわなぁ。
8/25小倉10R 西海賞(○)
 1番人気のアロマティコが勝利。
 休み明けだったので軽視してたんだけどねぇ…。
 体重が元に戻ったのも大きいけど、
 その分だけトモがしっかり成長しているのも大きかったんだろうね。
 でも、馬主の意向でローズSとか行かないっぽいね
 (ムーンライトハンデに向かうらしい)。
 ココで勝てば、秋華賞への道も開けてくるだろうけど…。
 本命のロベルタは、2着をキープ。
 昇級戦だから、この結果はまぁ納得と言っていいだろう。
 アロマティコが早めに動いて勝ち切ったところを見ると、
 勝負どころで動けるかどうかで差が出ちゃった感じかな。
 力のある馬だと思うので、次も期待できそうだ。
8/25小倉11R 宮崎S(×)
 5番人気のナイスミーチューが勝利。
 休み明けだったし、ローカル競馬初めてっぽいので軽視してたんですが、
 キッチリ仕上げてきたみたいだね。
 OPでも、こういう良い脚が使えれば戦えると思うけどねぇ…。
 本命のエスジーブルームは、8着に敗れる。
 斤量も軽かったので行けるかな、と思ったんだけど、
 ハンデキャッパーの見立てはやっぱ正しかったな、と…。
 まだ3歳馬だし、これから力をつけて行く馬だと思うんだけどねぇ…。

8/25札幌10R 積丹特別(○)
 3番手評価の4番人気スマートリバティーが勝利。
 「8枠の武幸四郎」って、東京だけじゃなかったのかよ。
 まぁ、500万下で実績はあったわけだから、実力上位ではあるんだろうけど。
 本命のダノンキャスケードは、半馬身差の2着。
 脚質的に言えば、1枠1番というのが厳しかったかな…。
 まぁ、まだ3歳だし、500万下も2戦目だったわけだし、
 着実に力をつけてきていると思うよ。
8/25札幌11R エルムS(×)
 1番人気の対抗ローマンレジェンドが勝利。
 連勝の勢いというものは恐ろしいですな。
 重賞制覇で、秋競馬に向けて賞金を上積みできたのは大きいね。
 しかし、2着にエスポワールシチーをフツーに連れてきたりしたので、
 馬券ゲットはならず。まぁ、実力的にはしょうがないかぁ。
 本命のセイリオスは、8着に敗れる。
 いつもなら3角からまくり気味にポジション上げて行けるんだけど、
 今回は逆にそこから後退。実力不足だったかねぇ。
 とりあえず、平OPを勝てるようになってからかな。
8/25札幌12R HBC賞(○)
 2番人気の本命バートラムガーデンが勝利。
 未勝利から連勝でココまで上がってきただけに、
 ローマンレジェンド同様勢いがあったってことだね。
 来年の高松宮記念に向けて、さらに力をつけて行ってもらいたいものだね。

8/26分に関しましては、2重賞以外は
レース後にいつも通りの予想をした体で印を打っております。

8/26新潟09R 両津湾特別(○)
  ◎ ⑦セイカフォルテ
  ○ ⑧トウショウセレクト
  ▲ ⑮オールドパサデナ
 1番人気の本命セイカフォルテが勝利。
 新潟コースとの相性は絶好な馬だからねぇ。
 ただ、他じゃ勝ち切れない馬だから、秋の新潟開催まで放置かな。
8/26新潟10R 朝日岳特別(×)
  ◎ ①エクセラントカーヴ
  ○ ②サイレントソニック
  ▲ ⑮マイネルハイセンス
 7番人気のシルクドリーマーが勝利。
 新潟はあんまり合ってないような感じもしたんだけどねぇ…。
 ただ、これからの馬でもあるから、着実に成長してるってことなんだろうね。
 本命のエクセラントカーヴは、5着止まり。
 周りの上がりの脚が速過ぎだね。
 新馬戦みたいに、直線の短いコースで前めの競馬をするのが、
 この馬には向いてるんじゃないかなぁ。
 じゃなきゃ、もう少し長い距離(1800mぐらい)を使ってみるのもいいかも。
8/26新潟11R 新潟2歳S(×)
 3番人気の対抗ザラストロが勝利。
 トップだった持ち時計を、さらに2秒も更新しての勝利か…。
 現状でのスピード能力と切れ味は相当なものだね。
 でも、本命のメイショウオオゼキが4着止まりで馬券ゲットはならず。
 1着、2着の末脚が別格だったっていうのはあるんだけどねぇ…。
 血統的に言っても、もっと長いところの方が向いていそうな感じはあるけどねぇ。

8/26小倉09R 鳥栖特別(◎)
  ◎ ⑩ロードハリケーン
  ○ ⑤コウユータイセイ
  ▲ ③ブレイズアトレイル
 3番手評価の2番人気ブレイズアトレイルが勝利。
 半年以上休んでいたのでこの程度の評価だったわけだが、
 持ち時計を4秒も更新して勝利。成長の跡が見られますな。
 2着に本命のロードハリケーン、
 3着に対抗のコウユータイセイが入り、予想的にはほぼカンペキな内容。
 ロードハリケーンは、ブレイズアトレイルと同じく昇級初戦だったんだけど、
 今回に関しては位置取りの差だけだと思うんだよねぇ。
 平坦芝馬場が良さそうな感じなので、秋の京都とか新潟が良いんじゃないだろうか。
8/26小倉10R 天草特別(○)
  ◎ ⑱ビキニブロンド
  ○ ⑪キタサンエピソード
  ▲ ⑨ハノハノ
  △ ③タイセイジーニアス
 7番人気のニンジャが勝利。
 血統的にも、この距離を試すことはちょっとしたギャンブルだったと思うねぇ。
 その辺りがダメだと思って軽視してたわけなんだが…。
 ただ、成績を見る限り、今日はたまたま良かっただけとも言えるので、
 今後もどこで使うにしても当てにしにくいことに変わりはないわけだが…。
 本命のビキニブロンドは、なんとか3着を死守。
 昇級戦とはいえ連勝中で勢いはあったからねぇ。
 この距離は向くし、初戦でこの成績だから、
 平坦馬場ならすぐに順番が回ってくると見るが…。
8/26小倉11R 小倉日経オープン(×)
  ◎ ⑬ミキノバンジョー
  ○ ①タムロスカイ
  ▲ ⑩サンライズプリンス
 5番人気のダローネガが勝利。
 3歳になってから、アレな内容が続いていた上に休み明けだったからねぇ。
 成長力に疑問を持っていたわけだが、
 乗り方を工夫して力を引き出したと言えるかもね。
 菊花賞に行く感じの血統ではなさそうなので、次走に要注目だろう。
 本命のミキノバンジョーは、5着止まり。
 最近、増えたり減ったりが激しいなぁ。精神的に何かあったんじゃなかろうか。
 けっこう使い込まれてもいることだし、
 少し羽を伸ばしてきたらいいんじゃないだろうか。

8/26札幌09R 十勝岳特別(○)
  ◎ ⑩リーサムハーツ
  ○ ⑪アーベントロート
  ▲ ⑨ディアジーローズ
  △ ②ラブグランデー
 2番人気のブランダムールが勝利。
 前走は良かったんだけど、それより前がアレだったので
 信用できなかったんだけどねぇ…。
 一休みして一皮むけたってことね…。
 鞍上も、ヨコノリさんなら安心できそうだしね。
 本命のリーサムハーツは、惜しくも2着。
 逃げ粘りを図ったんだが、ブランダムールに最後差し切られて2着。
 長い休み明けでこの成績なら、上々の成績だよね。
 安定感のある馬だと思うので、次も期待できると思うんだけどね。
8/26札幌10R 大雪ハンデキャップ(○)
  ◎ ①フィールザラブ
  ○ ⑫イッシンドウタイ
  ▲ ⑪サンライズブレット
 1番人気の本命フィールザラブが勝利。
 2度の着外はともに芝戦で、ダートでは必ず馬券に絡んでる馬だからねぇ。
 ダートでは、今後もかなりの活躍が期待できる馬だと思うんだ。
 間違えても、欲を出して秋華賞路線とか考えないでもらいたいね。
8/26札幌11R キーンランドC(×)
 3番人気のパドトロワが勝利。
 夏競馬では復調気配だったわけだが、そこまで信用できなかったんだよなぁ…。
 スプリンターズSでは人気になってくるだろうし、
 実力をつけてきていると思うので、勝負できると思うんだよね。
 本命のシュプリームギフトは、4着止まり。
 今回は、さすがに相手が悪かったかな。
 スプリンターズSを控えて一線級が出てくる時期なので、
 そういう相手にはちょっと足りなかったってことだけで、
 順番が回ってくる日はそう遠くなさそうな気はするね。
 やっぱり、ディープ産駒は短いところの方が向きそうだね。
8/26札幌12R ライラック賞(×)
  ◎ ⑧タガノザイオン
  ○ ③ラロメリア
  ▲ ⑥メジロジェニファー
 4番人気のビービージャパンが勝利。
 前走は、中途半端な位置取りがやっぱり良くなかったのかな。
 こういう、思い切った競馬がこの馬には向くってことだと思うね。
 良績はないが、長いところが向きそうな血統ではあるので、
 菊花賞に出れば父親の無念を晴らせるかも…。
 本命のタガノザイオンは、5着止まり。
 今回に関しては完全に切れ味不足だからねぇ…。
 もっと前めで競馬できていないと勝負できないわなぁ。
 本質的には、洋芝向きの馬ではないのかもしれないね。

結果的には、重賞以外を買えなかったのは回収的には良かったわけだが、
自分の不摂生が原因だからねぇ…。
日曜のメインは全滅だし、ヘタすりゃかすってもいないからねぇ。
日曜が良くないっていうのを改善していかないと、
回収率は伸びて行かないんだよなぁ…。
9/1、9/2の買い方は以下の通り。
 新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 札幌:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

映画 『闇金ウシジマくん』(☆☆☆)

暴力団への締めつけが表向き厳しくなったおかげで、
最近じゃあシロートの方が
よっぽど怖いって世の中になっちゃったよね
(もっとも、暴力団は闇から闇っていうのが基本だけどね)。
携帯電話のおかげで闇金も開業しやすくなったって話もあるし、
若者の世相を反映してるって意味でも
イマドキな映画だと思うね。
『ナニワ金融道』みたいに泥臭くないし。
ただ、ワシは原作もTVドラマも未見なんだが、
特段サプライズがないんだよなぁ。
ただ、闇金らしくキッチリ取り立てて終了だし。

スターダストプロダクションの映画で、
かつマンガ原作の映画としては、
やれてる方だと思う。
でも、本編終了後にとってつけたように
スターダストのタレントを、
無理やり出さなくてもいいと思うんだけどねぇ。

映画 『ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-』(☆☆)

悪くない映画だと思うんだけどねぇ…。
作りがちょっと感傷的すぎると思うんだ。
実際に事故が起こるまでが長過ぎるし、
そのせいなのかチームの立て直し過程が
おざなりに描かれてるのがザンネン。
試合のシーンもほとんど無いし、
ユニフォーム着てるシーンが無ければ、
サッカー映画だって気づかずに終わりかねない。

本国ではテレビ放映された(Wikipediaによる)らしいし、
そう考えれば妥当な内容とも言える。
つまり、映画館サイズの作品ではないということ。

映画 『るろうに剣心』(☆)

集英社が、ご丁寧にネタバラシまでしてくれてた
(ワシは、キネマ版は1話しか読んでないけど)おかげで、
物語以外の部分に集中することができました。

今作には、どうやら殺陣師がおらっしゃらないようです
(代わりに香港アクション系のアクション監督がついてるようです)。
その結果どうなるかと言うと、
1対多数の剣術戦(いわゆるチャンバラシーン)が、
すごくアレなことになってしまいます。
①カメラワークを無視した立ち回り(注)
②動線を無視した、単に棒切れを振り回してるようにしか見えない剣劇
③②より、剣心のウリであるはずの高速剣が全然活きず
④剣心(佐藤健)に寄り過ぎて、画面がガチャガチャし過ぎ
④に至っては、もうファンムービーじゃねぇの、
って疑いたくなるレベル。
殺陣師の大切さがわかる映画に仕上がっておりますよ。
(注)公式サイトでスタッフを確認したところ、
  撮影監督(石坂拓郎)がアクション映画撮影未経験。
  そりゃあ、噛み合わないわ。

だいたい、上映前に佐藤健をべた褒めしてた辺りで、
『ヘルタースケルター』(未見)的なニオイが
プンプンしてたんだよね。
もう、テレビジャックして宣伝するだけじゃあ、
邦画が盛り上がらないっていうのはわかるけど…。
「こんな汚ない手しか使えないお前は、
もうパワー負けしている」(アムロ・レイ)。
ワーナー製作だからけっこうカネ入ってるんだろうけど、
同じ人件費かけるにしても、
かけるべき場所は間違えないでもらいたいね。
続きもネタバレ(作るとすればまず蒼紫編)してるんだし、
剣劇で魅せられないんなら、止めてもらいたいね。

「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-26(重賞のみ)

注:当方の都合により、重賞だけしか予想できていません。

新潟11R 新潟2歳S(2歳GⅢ 芝短)
◎ (17)メイショウオオゼキ
◯ (16)ザラストロ
▲ (6)クラウンアトラス

札幌11R キーンランドC(3上GⅢ 芝短)
◎ (10)シュプリームギフト
◯ (13)ドリームバレンチノ
▲ (14)ビウィッチアス
本命は、前走格上挑戦でOPを勝ち上がった(10)。
距離実績も高く、札幌コースでの実績もあるので、
いきなりでも勢い込みで勝負になるのではと見ている。
対抗には、休み明けだが3連勝中の(13)。
こちらも距離実績が高く、洋芝での実績もある。
何より重賞勝ち馬ということで、実績上位な面は無視できない。
3番手には、斤量の軽い3歳馬から既に対古馬戦で勝っている(14)。
前走は案外な結果だったが、
(2ー2ー1ー0)と相性の良い1200mに戻って改めて期待だ。

「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-25

新潟09R 雷光特別(3上500万下 芝短)
  ◎ ⑫リトルゲルダ
  ○ ①ダイワスペシャル
  ▲ ⑮アブマーシュ

新潟10R 阿賀野川特別(3上1000万下 芝中)
  ◎ ⑩ジョンブルクリス
  ○ ④トラストワン
  ▲ ②スカイディグニティ(数値上は本命)

新潟11R 朱鷺S(3上OP 芝短)
  ◎ ⑩レオアクティブ    安定感買って
  ○ ⑫レオプライム     左回りは強い
  ▲ ⑥サンディエゴシチー 鞍上相性絶好

小倉09R ひまわり賞(2歳OP 芝短)
  ◎ ⑮カシノランナウェイ
  ○ ⑥コウエイピース
  ▲ ⑭エンブレムゴール

小倉10R 西海賞(3上1000万下 芝中)
  ◎ ⑤ロベルタ
  ○ ⑧マイユクール
  ▲ ⑥ベルエアメイダン

小倉11R 宮崎S(3上1600万下 D中)
  ◎ ③エスジーブルーム
  ○ ⑭マイネルバイカ
  ▲ ⑧セブンサミッツ

札幌10R 積丹特別(3上500万下 芝長)
  ◎ ①ダノンキャスケード
  ○ ⑤フレージャパン
  ▲ ⑭スマートリバティー

札幌11R エルムS(3上GⅢ D中)
  ◎ ④セイリオス
  ○ ⑤ローマンレジェンド
  ▲ ⑥サイレントメロディー
 本命は、6戦連続連対中の④を抜擢。
 1000万下時代からのものとはいえ、この勢いは侮れないものがある。
 相手なりに走れるとも言えるので、連軸として好適と見る。
 対抗には、4連勝中の⑤。
 ローカル競馬場の小回りに対応できるかが焦点だが、
 勢いの面では⑤を凌駕するとも言える。
 勝ち切る力、という意味ではこっちの方がかなり上かな。
 3番手には、前走で④に先着した⑥。
 札幌コースでは2戦しかしてないが負けなし。
 相性の良さと、実績面では上記2頭よりも上だろう。

札幌12R HBC賞(3上1000万下 芝短)
  ◎ ⑥バートラムガーデン
  ○ ⑮オオタニジムチョウ
  ▲ ②メジロツボネ

映画 『プロメテウス』(☆☆☆)

前評判でいろいろ聞いていたので、
最後に「ヤツ」が出てきても、ちっとも驚きません。
にしても、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』
を観たせいか、
人間側のリアクションが既視感ありまくり。
まぁ、パターンて言うか、マンネリズムだよね。

救いがあるといえば、続きがオリジナル作品っぽいってこと。
流れ的には以下の通り。
『プロメテウス』ラストでエリザベス(ノオミ・ラパス)が
地球に向けてメッセージ送信
→来るなって言ってるのにのこのこ出かけて行くのが『エイリアン』
→エリザベスが人間的生命体の本星に乗り込んで行くのが
『プロメテウス』の続編
人間的生命体の知性が高そうので、
エリザベスの立ち回り方が気になる作品ではある。
観るかどうかは、正式に発表されてから考えたいが、
そういう意味で今作は
プロローグ的なものと割り切って観るべき
(『プロメテウス』本編と『エイリアン』シリーズのね)。

映画 『THE GREY 凍える太陽』(☆☆☆☆)

またムダに深読みしちゃえる映画映画。

まずは、オットウェイ(リーアム・ニーソン)の父が詠んだ詩。
 もう一度 闘って
 最強の敵を倒せたら
 その日に死んで 悔いはない
 その日に死んで 悔いはない
死ぬんなら悔いを残すな、ってことだと思うんですよね。
やられたら、死ぬ前に一矢報いるぐらいの気概が必要だってことですよ、きっと。

続きまして、
「いい思い出っていうのは、いざという時生きる力になる」
的なセリフが出てくる。
ワシは、このセリフにグッと来たね。
思い出とか、人との縁とか絆を感じられない人間っていうのは、
いざって時に生きることを諦めてしまうってことなんだと思う
(作中でもそういう人が出てくるし)。
翻って、日本では毎年3万人以上の自殺者がいて、
自殺にもカウントされない孤独死が存在する。
彼らは、多分死にたいんじゃなくて、
生きることを諦めてしまってるんじゃないだろうか。
つまりこの国には、いい思い出が無かったり
(忘れてしまってるだけなのかもしれないが)、
縁とか絆を感じられなくなってる人が、
多く存在してるってことなんじゃないだろうか。
皆さん、大事な誰かのために
良い思い出をたくさん作り上げてください。
誰かの良き伴侶であり、良き友であり、
良き親であってください。
あなたにとって大事な誰かを、
いざという時この世に繋ぎ止めておくために。
それが、「絆」っていうものだと、ワシは思います
(全然説得力ねぇなぁ、これ…)。

以上より、含みを残すエンディングもとりあえずはアリだと思います。
良く言えばシブい、悪く言うと地味な映画なのだが、
人の生き死にっていう根源的な題材を扱っているだけに、
含みのあるセリフが多い、考えさせられる映画だと、
ワシは思うんだ。

実は、いじめに効く映画かも。

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(32)

8/18の結果
 6勝(新潟ジャンプS、柏崎特別、月岡温泉特別、筑後川特別、八幡特別、TVQ杯)
 4敗
  回収率 97.1%

 

8/19の結果
 1勝(天の川S) 1分(札幌記念) 8敗
  回収率 30.0%
  年間回収率 92.3%()
  通算回収率 73.2%

各レースの反省

8/18新潟08R 新潟ジャンプS(○)
 3番人気の対抗シゲルジュウヤクが勝利。
 今回に関しては、長いところを1度戦っている分の利が出たって感じかなぁ。
 ただ、障害戦って競馬場によって距離がまちまちだから、
 単純に比較できないところがあるんだよねぇ。
 本命のグランドチャペルが2着に入り、ワイドでゲット。
 位置取りの差も、若干あったかなぁ。
 調子は良さそうなので、障害重賞に出てくることがあったらまた期待してみたいね。
8/18新潟09R 柏崎特別(○)
 1番人気の本命ドラゴンヴォイスが勝利。6馬身差の圧勝とはねぇ…。
 新潟では勝ち切れないけど負けない、っていう感じの戦績だから、
 相性自体は悪くないんだろうね。
 これから伸びて行く馬だと思って、再昇級戦となる次もそれなりに期待したい。
8/18新潟10R 月岡特別(◎)
 3番手評価の1番人気カネトシディオスが勝利。
 斤量的にやや厳しいかな、とも思ったんだが、
 1600万下でも連対実績がある馬なんだから、実力上位ってことね。
 そういう意味では、昇級してもそれなりに期待だ。
 本命のコスモソーンパークは3着をキープ。
 2着にも対抗のディープフィールドが入り、予想としてはほぼ完璧な内容。
 コスモソーンパークは、やっぱり新潟との相性が今ひとつなのかなぁ…。
 新潟では、これ以上を望まない方が良いかも。
8/18新潟11R BSN賞(×)
 7番人気のアドバンスウェイが勝利。
 前走の大敗って、なんだったんだろうねぇ…。
 敢えて言うなら、叩き3走目で走り頃だったってことかなぁ。
 それを言うなら、2着のマルカフリート(3番手)なんて休み明けだけどねぇ。
 こちらは、次走でさらに期待したいね。
 本命のデュアルスウォードは、なんとブービー。
 もともと後ろめから行く馬だから、出負けはそんなに問題はないと思うんだけど、
 位置取りが合わなかったのかなぁ。
 同じく後ろから行ったエベレストオーも6着だったわけだし…。

8/18小倉09R 筑後川特別(○)
 3番手評価の1番人気サイドアタックが勝利。
 成績が極端で当てにしにくいタイプだったので評価を落としてみたんだけど、
 今回は良い方に出たのね…。
 というわけで、上に行っても買いにくい馬ということで…。
 本命のゴットラウディーは、クビ差の2着。
 フクラムサイフと同点だったので悩んだんだけど、選択成功でしたね。
 フクラムサイフは、まだ絞り足りなかったっぽいね。
 ゴットラウティーは、小倉でしかとりあえず勝ててない馬なので、
 もう1チャンス期待したいなぁ…。
8/18小倉10R 八幡特別(○)
 1番人気の本命メイショウツガルが勝利。
 惜しい競馬が続いていたから、ようやく順番が回ってきたということだろう。
 1000万下でも連対してる馬なんだから、次も期待できると思うんだ。
8/18小倉11R TVQ杯(○)
 1番人気の本命ダイヴァーダウンが勝利。
 向こう正面まで2番手からまくり気味に先頭に立って、
 上がり1番の脚で駆けられたら、他の馬はお手上げですわなぁ。
 斤量で恵まれた面もあるけど、3歳馬でまだまだ先のある身。
 この勢いで次も駆け抜けてくれるものと期待したい。

8/18札幌10R 手稲山特別(×)
 3番手評価の4番人気インスペードが勝利。
 昇級初戦だったので、ちょっと軽視してたんだけど、
 ヨコノリと噛み合ってきたのか、それとも調子がすごくいいのか…。
 3歳馬だし、今後の成長にも期待だね。
 本命のニシノカチヅクシは、4着止まり。
 うぅん…、位置取りの差かねぇ…。力負けではないと思うんだけど…。
8/18札幌11R ポプラS(×)
 5番人気のギンザボナンザが勝利。
 時計勝負で分が悪い馬だっただけに、洋芝の方が良いんだろうけど…。
 今回もそんなに時計伸びなかったし、OPに上がっても厳しそうだなぁ…。
 本命のリヴェレンテは、5着止まり。
 1枠1番引いたことだし、前走みたいな積極的なレースをするべきだったかな。
 ただ、休みなく使われ続けているのは気がかり。
 そろそろ休ませてあげてもいいかもなぁ。
8/18札幌12R 支笏湖特別(×)
 2番人気のシルクランスロットが勝利。
 ジェイケイラン(3番手)、アドマイヤパーシア(4番手)辺りと同等だったので、
 迷ってはいたのだが、札幌実績も現級実績も無かったので5番手評価。
 で、コイツだけ来るっていうね…。
 ココに来てわずか2戦で1000万下クリアとか、これからの馬なのかねぇ…。
 本命のダンシングムーンは、なんとビリ。
 発表通り跛行で済んでいればいいのですが…。

8/19新潟09R 古町特別(×)
 2番人気のショウナンラムジが勝利。
 2歳のOP戦とはいえ2着の実績があるから、それなりに力があるってことなんだね。
 3歳馬なので、今後の成長には期待だ。
 本命のマイネルスパイスは、4着止まり。
 切れ味のない馬なので、もう少し前に行けてないと勝ち負けは厳しいかな。
 接触にひるんだ面もあるみたいだし、逃げっていう選択肢もあるかもなぁ。
8/19新潟10R 妙高特別(×)
 3番手評価の2番人気ナムラジュエルが勝利。
 再昇級戦だが1000万下ではまだちょっと足りないかなと思ったんですが…。
 4歳馬にしてはキャリアが少ないので、まだ伸びしろがあるっぽいなぁ。
 本命のタニセンジャッキーは、7着に敗れる。
 3歳馬の昇級初戦だからねぇ…。クラス慣れが必要ということだろう。
8/19新潟11R 天の川S(○)
 大逃げを打った2頭がそのまま1着(コスモラピュタ)、2着(ヤマニンエルブ)を独占。
 コスモラピュタは1.5秒、ヤマニンエルブなんか3秒強の更新。
 コスモラピュタの立ち回りもなかなかだったが、
 ヤマニンエルブの敢闘もなかなか。ヤマニンエルブは、新潟が合うっぽいね。
 本命のステラロッサは、その後の3着。
 休み明けで大幅体重増があったとはいえ、今回は先行2頭にうまく乗られてしまった。
 1つ叩いた次走は、さらに期待だろう。

8/19小倉09R 英彦山特別(×)
 1番人気のロードランパートが勝利。
 小倉コースは相性が悪いと思ってたんだけどねぇ…。
 やっぱり、浜中騎手が乗れてるってことなのかねぇ…。
 本命のテーオーレジェンドは、7着に敗れる。
 前走の惜敗は、やっぱり浜中騎手のおかげってことかねぇ…。
 実力的にはこんなものなのかもね。
8/19小倉10R 不知火特別(×)
 8番人気のメイショウサミットが勝利。
 この馬も、小倉コースと相性が悪いと思って軽視してたんだけどなぁ…。
 1000万下で連対実績のある馬なので、力はあるんだろうけどねぇ…。
 ダートで2勝してるんだし、本質的にはパワータイプだと思うんだけどなぁ…。
 本命のカルドブレッサは、6着に敗れる。
 前が止まってないからねぇ…。ペースがフィットしなかったってことでしょう。
 力負けではないと思うので、次もそれなりに期待。
8/19小倉11R 北九州記念(×)
 8番人気のスギノエンデバーが勝利。
 昇級初戦だったので軽視してたんだが、本当に小倉の合う馬のようですね。
 逆に、小倉以外では勝てない馬なので、扱いが難しいねぇ。
 2着のシゲルスダチは、4番手評価だったんだけど、こっちだけ買えてもねぇ…。
 本命のジュエルオブナイルは、16着に惨敗。
 4着まで3角順位2ケタの馬が占めてるし、
 4週目で内ラチが荒れてきてるのも良くなかったのかなぁ。
 平OPからやり直しかな。

8/19札幌09R 定山渓特別(×)
 4番手評価の4番人気レインフォールが勝利。
 キャリア2戦で、しかも休み明けだったので
 この程度の評価しかしてあげられなかったが、
 なかなかの実力の持ち主かもね。
 本命のアドマイヤフライトは、4着止まり。
 持ち時計を2秒も更新してこの成績だから、まだちょっと実力不足なのかねぇ。
8/19札幌10R 白鳥大橋特別(×)
 3番手評価の4番人気ロイヤルインパクトが勝利。
 この距離が得意ということは、ローカルのダートが合うってことなんだけど、
 コース改装でD1700mが減少傾向だからなぁ…。
 まぁ、D1800mでも実績のある馬だから、
 コース自体はそんなに選ばない馬なんだろうけど。
 本命のマンボダンサーは、4着止まり。
 この程度の上がりでは、もっと前めにいないと…。
 力はあるはずなので、次もそれなりに期待したいんだが…。
8/19札幌11R 札幌記念(△)
 3番手評価の4番人気フミノイマージンが勝利。
 このレース、牝馬が意外と強いよねぇ。もう1段階大きいとこ狙えちゃうのかなぁ。
 2着に対抗に落とした1番人気のダークシャドウが入り、
 ワイドはゲットしたものの、
 結果的にはミッキーパンプキンを押さえなくても良かったなぁ。
 今年こその秋天制覇に向けて、上々のスタートを切れたんではないだろうか。
 本命のヒットザターゲットは、11着に惨敗。
 まだ気性面で幼い面があるみたいだし、これからの馬だと思いたいが…。
8/19札幌12R 札幌スポニチ賞(×)
 1番人気の対抗アドマイヤセプターが勝利。
 前走が、牝馬限定戦でないところをもっと評価するべきだったかなぁ。
 福永騎手もうまく乗ったみたいだし、鞍上の質の差が出ちゃったかな。
 本命のクッカーニャは、9着に敗れる。
 最終的には牡馬相手でも互角以上で戦えないと上に行っても厳しいわけだが、
 案外この辺りが限界なのかもしれないなぁ…。
 多くは期待しない方が良いかも。

土曜日は良く粘ってトントンぐらいまで持って行ったのに、
日曜日がさんざんだったなぁ…。
普段の買い方を考えれば維持するのも大変な回収率なんだが、
案の定ジリジリ下げてきてるわけで…。
現状維持で緩やかに死んでいくか、
勝負がけで前のめりにぶっ倒れるか…。
ま、チキンなので前者を選んじゃうのが、ワシなんですが…。
8/25、8/26の買い方は以下の通り。
 新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 札幌:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-19

新潟09R 古町特別(3上500万下 芝短)
  ◎ ⑫マイネルスパイス
  ○ ⑯ラバージュ
  ▲ ⑩ファントムロード

新潟10R 妙高特別(3上1000万下 D短)
  ◎ ③タニセンジャッキー
  ○ ①サクラインザスカイ
  ▲ ⑭ナムラジュエル
  △ ⑤インディーズゲーム

新潟11R 天の川S(3上1600万下 芝中)
  ◎ ⑫ステラロッサ
  ○ ⑬ロードラテアート
  ▲ ⑩メイショウジンム

小倉09R 英彦山特別(3上500万下 芝中)
  ◎ ②テーオーレジェンド
  ○ ⑩メイショウタマカゼ
  ▲ ⑨ウインマクレガー

小倉10R 不知火特別(3上1000万下 芝中)
  ◎ ⑦カルドブレッサ
  ○ ②ブライトバニヤン
  ▲ ⑤ミヤコトップガン

小倉11R 北九州記念(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ②ジュエルオブナイル
  ○ ⑪マコトナワラタナ
  ▲ ⑥エーシンヒットマン
 本命は、小倉芝1200mの相性が絶好の②から。
 前走の成績からか斤量もやや恵まれているのも良いだろう。
 対抗には、こちらも距離相性と斤量の軽さで⑪を推す。
 休み明けなのが当然不安要素ではあるが、
 芝1200mでは力のあるところを見せているので、期待してみたい。
 3番手には、条件戦込みとはいえ近5走掲示板を外していない⑥。
 前走は初めてのOP戦だったし、
 初の左回りということでやや戸惑ったところもあったかも知れないが、
 
 右回りに戻ったので改めて期待したい1頭である。

札幌09R 定山渓特別(3上500万下 芝中)
  ◎ ⑦アドマイヤフライト
  ○ ⑩マイネルシュライ
  ▲ ②マジックポスト
  △ ④レインフォール

札幌10R 白鳥大橋特別(3上1000万下 D中)
  ◎ ①マンボダンサー
  ○ ⑫ジャンナ
  ▲ ⑪ロイヤルインパクト

札幌11R 札幌記念(3上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑨ヒットザターゲット
  ○ ④ダークシャドウ
  ▲ ⑤フミノイマージン
  △ ⑪ミッキーパンプキン
 本命は、芝2000mでメンバー中最多の5勝を挙げている⑨。
 いちおう洋芝実績もあるし、使われている強みもあるのは良いだろう。
 対抗には、ドバイデューティフリー以来のレースとなる④。
 間隔が空いているので対抗評価に落としてはいるが、
 地力上位なので状態万全なら逆転も充分だろう。
 3番手には、牝馬限定戦込みとはいえ芝2000mで4勝を挙げている⑤。
 札幌実績もいちおうあるので、時計勝負にならなければ上位進出は充分だろう。
 あとは、相手なりに走れそうな⑪も、
 洋芝は悪くなさそうなので買い目に含めておく。

札幌12R 札幌スポニチ賞(3上1000万下 芝短)
  ◎ ④クッカーニャ
  ○ ②アドマイヤセプター
  ▲ ①ヴィクトリーマーチ

「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-18

新潟08R 新潟ジャンプS(3上JGⅢ 障害)
  ◎ ①グランドチャペル
  ○ ⑥シゲルジュウヤク
  ▲ ③デンコウオクトパス
 本命は、前走で障害OP戦初勝利を挙げた①。
 最近はジャンプセンスが磨かれたのか①②①と完全連対中。
 その勢いに乗っかってみたい。
 対抗には、これも前走障害OP戦を勝っている⑥。
 こちらは、近5戦掲示板を外していない堅実さがあるので、その辺りを買って行く。
 3番手には、休み明けながらメンバー中唯一の重賞勝ち馬である③。
 地脚も高いので、いきなりでも充分戦えるのでは、と見ている。

新潟09R 柏崎特別(3上500万下 D中)
  ◎ ⑨ドラゴンヴォイス
  ○ ⑦ベルモントメジャー
  ▲ ⑮ゴールドロジャー
  △ ③シルクパルサー

新潟10R 月岡温泉特別(3上1000万下 芝短)
  ◎ ⑭コスモソーンパーク
  ○ ④ディープフィールド
  ▲ ⑮カネトシディオス
  △ ⑩クリーンエコロジー

新潟11R BSN賞(3上OP D短)
  ◎ ⑧デュアルスウォード 1200mに戻って
  ○ ⑥インオラリオ      鞍上も魅力
  ▲ ④マルカフリート    安定感買って

小倉09R 筑後川特別(3上500万下 芝中)
  ◎ ④ゴットラウディー
  ○ ⑤フクラムサイフ
  ▲ ⑩サイドアタック

小倉10R 八幡特別(3上500万下 芝短)
  ◎ ⑬メイショウツガル
  ○ ⑨マッシヴヒーロー
  ▲ ②アイビーフォールド
  △ ⑤ケイアイユニコーン

小倉11R TVQ杯(3上1000万下 D中)
  ◎ ⑬ダイヴァーダウン
  ○ ⑩ヤマニンパソドブル
  ▲ ⑤ビタースウィート

札幌10R 手稲山特別(3上500万下 芝短)
  ◎ ⑫ニシノカチヅクシ
  ○ ②トランドメージュ
  ▲ ①インスペード

札幌11R ポプラS(3上1600万下 芝中)
  ◎ ①リヴェレンテ
  ○ ⑩ケープタウンシチー
  ▲ ⑦トモロポケット
  △ ⑨ザサンデーフサイチ

札幌12R 支笏湖特別(3上1000万下 芝長)
  ◎ ③ダンシングムーン
  ○ ⑦コスモカンタービレ
  ▲ ④ジェイケイラン
  △ ⑧アドマイヤパーシア

映画 『さらば復讐の狼たちよ』(☆☆☆)

「狼」って言うよりは、
「狐」や「狸」の化かし合いて言った方が適当な作品
(原題は『Let the bullets fly』だから、
まただいぶ違うんだが…)。
ワルvsワルの戦いで、しかも群れてるからって、
ちょっと短絡的なタイトルだよなぁ。

内容は、まぁ任侠vsチンピラって感じかな。
それなりに爽快感のある終わり方に好感は持てるが、
武侠モノって考えるとチョットひねりが足りないかな。
あと、やっぱ香港映画なんだから、
もう少し肉体を駆使してもらいたかったなぁ。
弾丸飛ばしてるばっかじゃあ、
凡百のアクション映画とは差別化できんよ。

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(32)

8/11の結果
 4勝(瓢湖特別、平尾台特別、釜山S、タイランドC) 1分(コスモス賞) 5敗
  回収率 47.1%

 

8/12の結果
 5勝(西部日刊スポーツ杯、阿蘇S、インディアトロフィー、
    マカオジョッキークラブトロフィー、マレーシアC) 5敗
  回収率 67.3%
  年間回収率 93.3%()
  通算回収率 73.2%

 

各レースの反省

8/11新潟09R 瓢湖特別(○)
 3番手評価の1番人気カナロアが勝利。
 初めての特別戦だったので、良くわからない馬だったんだよねぇ、この馬。
 でも、なんか左回りが合いそうだね、この馬。
 本命のセイクリッドロードは、3着をキープ。
 この馬も、500万下2戦目だったんだよねぇ。
 これも左回り合いそうだし、条件も選ばなそうなので順番が回ってくる日は近そうだ。
8/11新潟10R 信濃川特別(×)
 3番手評価の2番人気ファタモルガーナが勝利。
 休み明けだったので、ちょっと軽視してたんだけどねぇ…。
 案外左回りが合うのかもね。
 川島騎手とも手が合うようだし、次もそこそこ期待できるかなぁ。
 本命のローレルブレットは、7着に敗れる。
 上がり3F33.3で前止まらないんじゃあ、後ろから行く馬に用はないわなぁ…。
 流れに乗れなかったのであって、力負けではない。次も期待できるはず。
8/11新潟11R 長岡S(×)
 4番人気のエーシンハーバーが勝利。
 実質トップハンデ扱いだから、
 ハンデキャッパーの実力査定は相変わらず見事ってことね。
 中舘騎手の先行策もうまくハマったみたいだし、OP再昇格だね。
 ただ、牝馬限定戦でもちょっと苦戦してたし、実力的にどうかねぇ…。
 本命のミトラは、9着に敗れる。
 出遅れた時点で終了ってことで…。
 ただ、チ○コ切った程度でそう簡単に気難しいところは解消されないんだろうし、
 今後もこういう点はついて回るってことを肝に銘じておくべきだね。

8/11小倉09R フェニックス賞(×)
 1番人気の本命エーシンセノーテが勝利も、
 2着に無印の3番人気ダイナミックガイが入ってしまい、馬連ゲットはならず。
 新馬戦で連対した2頭で決まるっていうね…。
 やっぱり、新馬勝ちっていうのは意味が違うよね。
 あとは、体重面かな。
 増えても勝てたエーシンセノーテは、まだ余裕がありそうだけど、
 輸送込みとはいえ減って勝ち切れなかったダイナミックガイは、
 成長感が無いのがなぁ…。
8/11小倉10R 平尾台特別(○)
 1番人気の本命エスジーブルームが勝利。
 今回は1番枠を利しての逃げを敢行しての見事な逃げ切り勝ち。
 持ち時計も不良馬場とはいえ4秒弱も更新してきたし、
 かなりの力を持ってそうだね。今後も要注目だろう。
 ただ、3番手評価の9番人気ウォーターサムデイがビリっていうのがねぇ…。
 前走の負けっぷりも良くないし、1000万下では力量不足っぽいなぁ…。
8/11小倉11R 釜山S(○)
 1番人気の本命ダコールが勝利。
 近5走全て掲示板を外してないし、ハンデキャッパーも認める実力上位馬。
 OPに昇格しても、相手なりに走ってくれそうな予感はあるんだが…。
 ただ、このレースも、3番手評価の5番人気マイネルガヴロシュがビリっていうね…。
 着差が1秒未満だから、9着と考えればそこまで悪くないわけだが、
 今回の斤量でこの着順だと、ちょっと力量不足な感じもするなぁ…。

8/11札幌09R コスモス賞(△)
 芝実績のある中央馬3頭であっさり決まっちゃった(しかもほぼ人気順)ので、
 6点も買ったらまぁトリガミになっちゃうわなぁ…。
 今回は、洋芝実績でディーエスタイドを本命(3着)にしてみたんだが、
 他の2頭も洋芝適性がきちんとありそうなので、
 このまま札幌2歳Sに行ってもあんまり順位は変わらないだろうね。
8/11札幌10R フィリピントロフィー(×)
 3番手評価の2番人気ツクバコガネオーが勝利。
 6月に戦線復帰してから調子が良さそうではあったんだが、
 ワシは特別戦以外やらないし、そこまで注目してなかったんだが…。
 今の調子の良さなら、1000万下に行ってもそこそこやれそうな気はするが…。
 本命のオーバーヘッドは、4着止まり。
 前が止まってくれなかったから、結果的には位置取りのミスなわけだが…。
 それにしても、いかんせん後ろ過ぎるよなぁ…。
8/11札幌11R シンガポールターフクラブ賞(×)
 1番人気の対抗ジャーエスペランサが勝利。
 ウイニングドラゴンが頭一つ抜けてると思ったんだけどなぁ…。
 ジャーエスペランサは、札幌1200mとの相性が抜群だねぇ。
 平坦馬場と坂有馬場の差が極端で、完全に平坦限定馬なわけだが、
 札幌でギリギリまで使ってくるのかな。
 で、本命のウイニングドラゴンなわけだが、こちらは6着に敗れる。
 てゆーか、7番人気だったのね…。
 同じような位置取りのタマニューホープが2着してるんだから、
 馬群にでも突っ込んじゃったんだろうか。
 上がりの脚自体は一番なんだから、
 数字ほど洋芝適性が無いわけではないと思うんだが、
 そういう要因ではない何かが合わないのかねぇ…。
8/11札幌12R タイランドC(○)
 1番人気の本命マイネルマークが勝利。
 未勝利勝ち後も2戦連続2着していたので、実力上位ってことね。
 サッカーボーイの血をひいてるせいか、平坦馬場との相性が良さげだね。
 距離も長めが合いそうだし、相手なりに走れそうな馬でもあるので、
 次もそれなりに期待したいなぁ、もちろん平坦馬場限定だけど。

8/12新潟09R 出雲崎特別(×)
 3番人気のランパスインベガスが勝利。
 休み明けだったので、ちょっと軽視してたんだけどねぇ…。
 休み前の3戦が惜しい内容だったので、地力がついてきたってことなのだろう。
 左回りが合いそうなので、新潟でもう1回ぐらい使ってきそうだなぁ。
 まぁ、その時は相手次第かなぁ。
 本命のインプレザリオは7着に敗れる。
 持ち時計ぐらい走れれば、ぜんぜん勝てる内容だったのになぁ…。
 3か月で5走は、この馬には荷が重いのかなぁ…。
 休ました方が良いのかもしれないなぁ…。
8/12新潟10R 瀬波温泉特別(×)
 2番人気のビューティーモズが勝利。
 成績が極端だったので当てにしてなかったのだが、
 今回は良い方に出たみたいですね。
 それと、左回りの方がスムーズなのかねぇ…。
 本命のディアビリーヴは、5着止まり。
 終始4番手以内にいないとザンネンな着順になる馬だからなぁ…。
 こういうのって、ゲートを出てみないと分からないから、
 コッチも当てにしにくい馬だったってことかなぁ…。
8/12新潟11R 関屋記念(×)
 1番人気のドナウブルーが勝利。
 休み明けだったのでちょっと軽視してたんですが、
 やっぱり平坦馬場では強いですね。
 マイルチャンピオンシップでは怖い存在になりそうだね。
 一方、本命のエアラフォンはなんとビリ。
 休み明けじゃないのに、夏場の輸送競馬で12㎏も増えてるなんて…。
 調整不足だよなぁ、とりあえず…。次はビシッと絞って来て欲しいものだ。

8/12小倉09R 青島特別(×)
 3番手評価の2番人気アルティシムスが勝利。
 前走の離された2着は、左回りだったからかなぁ…。
 ドナウブルーもそうだけど、やっぱりディープ産駒はマイル辺りが強い感じだなぁ。
 本命のティボリペガサスは、4着止まり。
 2回も不利を受けたらしいけど、
 それでこの成績ならよく頑張ったと言っていいのかなぁ。
 数値上の本命ダイリンマズルは、屈腱不全断裂で競走中止。
 終始後方の競馬だったし、無理が祟った感じですかねぇ。
 引退ですかねぇ、これは…。
8/12小倉10R 西部日刊スポーツ杯(○)
 1番人気の本命アイラブリリが勝利。
 キャリア10戦中、実に7戦が小倉芝1200mというものすごい偏った戦績の持ち主。
 その中で(2-2-2-1)と、なかなかの相性を見せているし、
 前走も惜しい内容だったからねぇ…。
 小倉芝1200mでは、今後も無視できない馬だろう(この条件限定だが…)。
8/12小倉11R 阿蘇S(○)
 2番人気の対抗グレープブランデーが勝利。
 交流GⅠ勝ち馬だからねぇ…。むしろこのぐらいは勝ってくれないと…。
 体重は、このぐらいが良いみたいだね。
 秋に向けて、改めて力を示したということだろう。
 2着に3番手のスエズが入って、馬連ゲット(530円だけど)。
 まぁ、取れないよりははるかにマシ。
 でも、キクノキセキに頑張ってもらいたかったなぁ…、格上挑戦だったけど。
 ちょっと、気合入れて仕上げ過ぎちゃったかもね。
 自己条件では、多分実力上位だと思うんだけどなぁ…。

8/12札幌09R インディアトロフィー(○)
 1番人気の本命ダンツミュータントが勝利。
 てゆーか、ようやく勝てましたね。
 札幌で、もう1チャンスぐらいありそうな気はするんだが…。
 パワーを活かす競馬がこの馬には向くと思われる。
 逆に、時計勝負ではやや分が悪いかも…。
8/12札幌10R マカオジョッキークラブトロフィー(○)
 1番人気の対抗ホクトキングダムが勝利。
 D1000mとの相性が絶好のようですな。
 D1200mでも勝ててるから、D短距離は強い馬なんだろうけど。
 1600万下では、どうかなぁ…。とりあえず相手次第ということで…。
 本命のワールドエンドは、半馬身差の2着。
 今回はさすがに押し切れなかったか。
 この馬こそD1000mでしか勝ててないので、使いどころは難しそうだが、
 せめてD1200mで勝てるようになれば、もっと使える馬になってくるだろう。
 昇級初戦でこの成績なら、まぁ次も期待していいだろう。
8/12札幌11R UHB賞(×)
 1番人気の対抗シュプリームギフトが勝利。
 格上挑戦だったが、距離相性の高さと斤量の助けを得ての勝利。
 これで名実ともにOP昇格だが、
 とりあえずもう1戦軽ハンデで戦うのが適当かなぁ…。
 本命のケイアイアストンは、惜しくも3着で枠連ゲットはならず。
 今回に関しては、斤量差のせいにして良いのかなぁ…。
 ただ、年齢的に成長は見込めないし、ココで勝ち切れなかったのは痛いかもなぁ…。
8/12札幌12R マレーシアC(○)
 3番人気のメーヴェが勝利。
 休み明けだったし、その前の内容もあまり良くなかったので軽視してたんだが…。
 リフレッシュ成功ってことですかねぇ…。
 1600万下で3着した実績があるので、昇級してもそれなりにはやれそうだ。
 本命のホッコーガンバは、惜しくも2着。
 再昇級初戦なのだから、このぐらいは充分走れるだろう。
 ただ、2000mではやや末が甘くなる印象。
 1800mまでなら次で順番が回ってきてもおかしくない力はあるだろう。

普段なら、このぐらいでもまぁ満足できる回収率なんだが(ちょっと低めだけど)、
年間回収率を考えると全然足りてないんだよなぁ…。
OPとかでボカンと当てて行かないと、回収率尻すぼみだよなぁ…。
8/18、8/19の買い方は以下の通り。
てか、ボカンと行く気ないだろう、この買い方。
 新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 札幌:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

映画 『トータル・リコール』(☆☆)

先週、BSでシュワルツェネッガー版やってたのを、
録画して観て予習しました
(富士フィルムの看板、懐かしかったなぁ)。

あれから30年経ってるので、
当然映像面では格段の進化を遂げてます。
それに合わせたのか、
主人公もややスタイリッシュ(ピアノ弾けるとか)な
味付けがなされてます。
が、残念ながらやっぱりそれだけ。
むしろ、話が1段階分以上単純化されてしまっており
(もちろん、多少役割や設定も変更はありますが)、
予習してしまうと途中でネタバレされる感じになってます。
その分、後半はアクションパートを増やして
見応えのある感じにはしてますが、
正直あんなに気合いれて宣伝するような内容じゃありません。
大迫力のアクション映画が観たいなら、
素直に『アベンジャーズ』を観に行くことをお勧めします
(ワシは行かないけど)。

映画 『かぞくのくに』(☆☆☆☆)

日本と朝鮮半島をめぐるこの100年は、
今は竹島問題で主に語られている。
しかし、日本による朝鮮半島の併合に始まるこの100年は、
日本においては差別を生み出し、
半島においては国家の分裂を引き起こし、
武力衝突や拉致、賠償や領土問題も未だ積み残している。
そんな中で、個々人は帰属や思想に振り回されているわけである。
今作は監督であるヤン・ヨンヒ氏の実体験が元になっている。
北朝鮮の思想に忠実でありながら、
息子の大病の前にそのここかが立ちはだかって
立ち往生する父親(津嘉山正種)。
そんな父親を健気に支える母親(宮崎美子)。
兄は好きだが、兄がいる、父親が忠誠を尽くす
"あの国"が大嫌いな妹(安藤サクラ)。
父のために「帰国事業」に参加し、
病気療養のために25年ぶりに帰ってきた兄(井浦新)。
兄を監視する朝鮮人(ヤン・イクチュン)。
しかし、病気を治すためには長期滞在が必要。
父は滞在期間の延長を模索し、
妹は別の医者を探そうとするが、
無情にも兄の即時帰国が命じられてしまう。

作中、突然の帰国について「こういうこと、ホントよくあるんだよ」
と言っている。
しかし、金日成一族の健康管理には心を砕いているあの国のことである。
医療に関してはそれほど情報は遅れていないように思われるのだ。
つまり、作中で日本に帰って来られた三人は、
初めから3ヶ月も滞在することになっていなかったのではないだろうか。
つまり、時間がかかることを改めて確認しにきただけと考えられる。
言ってみれば、お為ごかしだったのはないだろうか。
また、病気治療が理由とはいえ、日本に帰国を許されるということは、
国家にとってよほど有為な人材であるか、
もしくは重大な任務を負って来ているかのいずれかではないか、
と考えることもできる。
でなければ、あれほど手の混んだ方法で日本に一時帰国させるなど、
あの国のことを考えればあり得ないことのように思えるのだ。

確かにあの国は異常である。
しかしその異常な国家に対して、
最近まで満足な方策を打って来なかったのも事実である。
あまつさえ、「厄介者を引き取ってもらえるなら」
的なニュアンスで帰国事業に乗っかったこの国は、
100年積み残して来た朝鮮半島との諸問題を、
今こそ清算すべき時なのかも知れない。
今作のような不幸な家族は、日本国内ばかりではなく、
韓国にも多くいることだろう。
家族の絆を、幸福を守れないという意味では、
三国とも失格である。
我々民衆一人一人の力は、あまりにも小さい。
だから、今作の家族のように
たくましく生きていくしか方法がないのかも知れないが…。

「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-12

新潟09R 出雲崎特別(3上500万下 芝中)
  ◎ ⑮インプレザリオ
  ○ ⑬サトノジュピター
  ▲ ⑪ビームライフル

新潟10R 瀬波温泉特別(3上1000万下 D中)
  ◎ ⑨ディアビリーヴ
  ○ ⑭グァンタナメラ
  ▲ ⑦ワイルドロジャー

新潟11R 関屋記念(3上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑰エアラフォン
  ○ ⑦ゴールスキー
  ▲ ⑨スピリタス
 本命は、成績的には安定感のある⑰。
 前走出遅れたのが気にならないでもないが、
 今回は5戦乗って4着以下の無い岩田騎手が騎乗なので改めて期待だ。
 対抗、3番手には、持ち時計の優秀な馬から。
 対抗には、やや当てにならない面はあるが前走⑰に先着している⑦を取る。
 2010年マイルチャンピオンシップで3着以来、
 目立った成績が残っていないのが気がかりではあるが、勝負強さは買えると思う。
 3番手には、安定感では⑰に劣らない⑨。
 ここ2戦惜しい内容が続いているので、状態も上向きと見るが、どうか。

小倉09R 青島特別(3上500万下 芝中)
  ◎ ⑭ティポリペガサス(数値上は対抗)
  ○ ⑬[地]ダイリンマズル(数値上は本命)
  ▲ ⑤アルティシムス
  △ ②ゴーゲッター

小倉10R 西部日刊スポーツ杯(3上1000万下 芝短)
  ◎ ⑤アイラブリリ
  ○ ⑪カシノインカローズ
  ▲ ⑩ハノハノ
  △ ⑧ドリームフォワード

小倉11R 阿蘇S(3上OP D中)
  ◎ ③キクノキセキ     斤量恵まれた
  ○ ⑨グレープブランデー 実績圧倒
  ▲ ⑤スエズ         小倉は向く

札幌09R オンディアトロフィー(3上500万下 芝短)
  ◎ ⑭ダンツミュータント
  ○ ④フレイムオブピース
  ▲ ⑩タガノキャンドル
  △ ⑨ジョウテンオリーヴ

札幌10R マカオジョッキークラブロトフィー(3上1000万下 D短)
  ◎ ④ワールドエンド
  ○ ③ホクトキングダム
  ▲ ⑧モエレデフィニット

札幌11R UHB賞(3上OP 芝短)
  ◎ ④ケイアイアストン  持ち時計優秀
  ○ ⑧シュプリームギフト 距離相性絶好
  ▲ ⑨ダイメイザクラ   斤量恵まれた

札幌12R マレーシアC(3上1000万下 芝中)
  ◎ ④ホッコーガンバ
  ○ ②ミッションモード
  ▲ ⑤ラヴィンライフ

「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-11

新潟09R 瓢湖特別(3上500万下 芝中)
  ◎ ⑥セイクリッドロード
  ○ ⑦ローリングストーン
  ▲ ④カナロア

新潟10R 信濃川特別(3上1000万下 芝中)
  ◎ ⑩ローレルブレット
  ○ ⑤サフランディライト
  ▲ ⑧ファタモルガーナ

新潟11R 長岡S(3上1600万下 芝短)
  ◎ ⑩ミトラ
  ○ ⑬イチオクノホシ
  ▲ ⑪トウケイヘイロー

小倉09R フェニックス賞(2歳OP 芝短)
  ◎ ②エーシンセノーテ
  ○ ①テイエムシングン
  ▲ ③マルシゲサムライ

小倉10R 平尾台特別(3上1000万下 D中)
  ◎ ①エスジーブルーム
  ○ ⑦ナリタスプリング
  ▲ ⑩ウォーターサムデイ

小倉11R 釜山S(3上1600万下 芝中)
  ◎ ⑨ダコール
  ○ ⑥サトノパンサー
  ▲ ⑦マイネルガヴロシュ

小倉09R コスモス賞(2歳OP 芝中)
  ◎ ④ディーエスタイド
  ○ ⑤マイネルホウオウ
  ▲ ②ラウンドワールド
  △ ⑥[地]アウトジェネラル

札幌10R フィリピントロフィー(3上500万下 D中)
  ◎ ⑤オーバーヘッド
  ○ ③ゴールドルースター
  ▲ ⑬ツクバコガネオー

札幌11R シンガポールターフクラブ賞(3上1000万下 芝短)
  ◎ ⑪ウイニングドラゴン
  ○ ⑮ジャーエスペランサ
  ▲ ⑤フレデフォート
  △ ⑩ルリニガナ

札幌12R タイランドC(3上500万下 芝長)
  ◎ ⑨マイネルマーク
  ○ ①アクアブルーフライ
  ▲ ⑦タガノレイヨネ

『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 伊勢編目次

まだまだ先が長いので、
とりあえずメインの伊勢編が上がった時点での目次を作っておきます。

7月6日-①
  札幌から伊勢神宮に行くまで
7月6日-②
  伊勢市駅周辺の神社回り その①
7月6日-③
  伊勢市駅周辺の神社回り その②
7月6日-④
  外宮目前で昼食
7月6日-⑤
  外宮正宮まで
7月6日-⑥
  外宮社域内の別宮
7月6日-⑦
  神宮徴古館&倭姫宮
7月6日-⑧
  内宮目前の別宮など
7月6日-⑨
  内宮正宮まで
7月6日-⑩
  外宮社域内の別宮など
7月6日-⑪
  内宮~近鉄五十鈴川駅間の神社回り

『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-⑪

(21)猿田彦神社(サルタヒコジンジャ)
   祭神
    猿田彦大神(サルタヒコオオカミ)
    大田命(オオタノミコト)
Imgp6402c

  天孫降臨の折に道案内したとされる猿田彦と、
  その子孫大田命を祀る神社。
  そのゆかりで「道の神」、「道祖神」とされており、
  人生を良い方向に導く神であり、方位除け(方違え)にも用いられていたそうです。

(22)佐瑠女神社(サルメジンジャ)
   祭神:天宇受売命(アメノウズメノミコト)
Imgp6404c

  天孫降臨の折に猿田彦にその名を尋ねた縁から、
  猿田彦神社の境内に設けられている社。
  後に両者が結婚したと言われており、
  道祖神で一緒に祀られたり、縁結びの神とされることがあるそうだ。
  ココでは、天の岩戸の前で神々を笑わせ、
  岩戸の中の天照大御神の気を引いたことから、
  芸事の神とされています。

Imgp6409c

信じられるかい、伊勢神宮のお膝元だぜ。
なんで生えてるのかよくわからないんだが、
実は翌日も見ることになるので、この辺でも自生できるんだろうか…。

(23)上田神社(ウエダジンジャ)
  祭神
   素盞鳴命(スサノオノミコト)
   大山祇命(オオヤマツミノミコト)
   菅原道真公(スガワラノミチザネコウ)
Imgp6410c

 ある意味伊勢神宮のお膝元らしくないフツーの神社。
 大山祇命が祀られているので、土地の神ということなんだろうが、
 他の2柱は、悪い言い方をすると節操のない部類に入る神様。
 こういう神社もあるのが、逆に安心できると言えなくもないが…。

(24)月讀宮(ツキヨミノミヤ)
    祭神:月読尊(ツクヨミノミコト)
Imgp6417c

  内宮の別宮の中ではかなり規模が大きく、
  また式年遷宮もするらしい(行った時は全然気づかなかったが…)。
  境内にいくつか別社がある。

(25)葭原神社(アシハラジンジャ)
   祭神
    佐佐津比古命(ササツヒコノミコト)
    宇加乃御玉御祖命(ウカノミタマノミオヤノミコト)
    伊加利比売命(イカリヒメノミコト)
Imgp6420c

  内宮末社。見た目に似合わず3柱の神が合祀された社。
  ともに田畑を守る神とされているが、
  佐佐津比古命は大歳神(いろんな意味を持つ神らしい)の子とされている。
  大歳神も穀物の神とされている。
  宇加乃御玉御祖命は大歳神の兄弟とされており、
  また「お稲荷さん」としても有名な神様。
  兄の大歳神ともども穀物の神とされる。
  伊加利比売命だけは、稲に関係ある神様らしいのだが縁起が無いので
  それ以上のことは不明。

(24)月讀宮(再掲、本殿)
   祭神:月讀命(ツキヨミノミコト)
Imgp6424c_2

  内宮別宮。
  天照大御神の弟で、素戔嗚尊の兄である月讀命が祀られている。
  三兄弟のひとりとして外宮別宮ともども祀られて
  大事にされている、ということだろう

(26)月讀荒御魂宮(ツキヨミアラミタマノミヤ)
   祭神:月讀命荒御魂(ツキヨミノミコトノアラミタマ)
Imgp6422c

  内宮別宮。
  月夜見宮と同じく、月讀命の荒御魂もキッチリと祀られてます。
  ただ、建売住宅みたいに同じような建物が並んでいるので、
  良く言えば壮観なのだが、悪く言えば個性が無いわけで…。

(27)伊佐奈岐宮(イザナギノミヤ)
    祭神:伊弉諾尊(イザナギノミコト)
Imgp6426c

  内宮別宮。
  三兄弟の父である伊弉諾尊が祀られた社。
  でも、もっと尊重しても良かったのではないかなと…。

(28)伊佐奈弥宮(イザナミノミヤ)
    祭神:伊弉冉尊(イザナミノミコト)
Imgp6427c

  内宮別宮。
  伊弉諾尊の妻である伊弉諾尊が祀られた社。
  「3兄弟の母」と表記しないのは、
  彼女の死後に伊弉諾尊が禊を行った時に生まれた神様だから。
  この辺りの詳しい話は、記紀を参照願いたい。

この後、ようやく近鉄五十鈴川駅までたどり着き、
近鉄特急で名古屋に戻るわけですが、
この時点で既にけっこうボロボロだったりします。
ポカも多いですし、振り返ってみると反省の多い旅ですわ、ホンマ…。

  • 『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-⑩

    (18)荒祭宮(アラマツリノミヤ)
      祭神:天照坐皇大御神荒御魂(アマテラシマススメオオミカミノアラミタマ)
    Imgp6373c

    天照大御神の荒魂が祀られている社。
    荒ぶる最高神ともなると、並々ならぬパワーがあるのかと思いきや、
    案外他の荒魂を祀る社とあんまり変わらないのね…。

    Imgp6385c

    こちらは神宮司庁の辺りにある、手入れされた木。
    どうやって、こういう風に育てるんですかねぇ…。

    (19)子安神社(コヤスジンジャ)
      祭神:木華開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
    Imgp6390c_2

     内宮所管社。
     大山祇神の娘のブスじゃない方で、
     神武天皇の祖父邇邇芸命(ニニギノミコト)の妻木華開耶姫命が祀られている社。
     安産の神とされており、
     そのために奉納された鳥居が多数並べられてます。

    (20)大山祇神社(オオヤマツミジンジャ)
      祭神:大山祇命(オオヤマツミノミコト)
    Imgp6391c

      内宮所管社。
      木華開耶姫命の父で山神の大山祇神が祀られる社。
      この社は、五十鈴川流域に当たる神路山(カミジヤマ)の守り神とされている。

    内宮社域の話は以上。
    まだ、けっこう明るいように見えますが、実は午後6時ぐらい。

    Imgp6396c_3

    のはずなのに、おはらい町は既にこんな感じ…。
    田舎の夜は早い、いや早過ぎるでしょう。

    この辺から、時間の面で誤算が続くわけですが、
    仕方なく近鉄五十鈴川駅の行くまでの間にある
    いくつかの神社を回って行きます。

    『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-⑨

    Imgp6341c

    そんなこんなで、ようやく内宮入りです。
    正面入口とも言える、宇治橋鳥居と宇治橋です。
    なお、外宮でも少し触れましたが、
    外宮は左側通行であるのに対し、内宮は右側通行となっております。

    Imgp6342c

    宇治橋より五十鈴川上流側。
    荘厳というか、霧が立ち込めているせいか幽玄な雰囲気を漂わせますね…。


    Imgp6343tc

    一方下流側。
    …、意外とフレンドリィというか、
    日本の(ちょっと早いけど)夏休みの田舎って感じですなぁ…。

    Imgp6345c

    宇治橋を渡り少し歩くと『神苑』と呼ばれるエリアに入ります。
    外宮に比べると非常に開放的な印象です。
    改めて見ると、両脇の松などに非常に良く手が行き届いているのがわかります。
    天気と日程のせいで、その時はあまり気に留めてませんでした。
    さもしいワシ…。

    Imgp6349c

    第一鳥居をくぐり、五十鈴川の方に降りて行くと、
    この御手洗場(ミタラシバ)という場所になります。
    手水場とはまた違う意味で心身を清める場とされています。
    やはり霧のせいか、幽玄な雰囲気を醸し出してくれてます。

    Imgp6352c

    この第二鳥居をくぐると、左に見える神楽殿と、
    本当は右に行くと風日折宮橋(カザヒオリノミヤハシ)があって、
    元寇の折に神風を吹かせたとされる『風日折宮』(内宮別宮)があったのですが、
    どういうわけか完全にスルー。
    何やってんの、ワシ…。

    Imgp6353c

    気を取り直して、その神楽殿。
    すごく立派に見えるのは、
    他と違って定期的に建て直す建物ではないからだと思われます。
    周辺には、屋根が苔むす倉がいくつもあります。

    Imgp6375c_4

    別アングルから。
    こんな時にも神気が立ってます。
    ワシは、もっといい天気の時に来たかったんだが…
    (だったら、梅雨時に来るなって話?)。

    Imgp6359c

    この階段の上にあるのが内宮の正宮です。
    植生こそやや違いますが、この辺りの雰囲気は
    北海道神宮なんかと変わらないかもしれませんね。

    Imgp6360c

    正宮の正面門です。
    こちらも、鳥居から向こうは撮影禁止の上、
    直接見られないように布が下げられています。
    直接見てはいけない畏れ多いもの、ということですな。

    Imgp6363c

    後ろの白いテントの辺りが、新社殿予定地です。
    社地内には、このように多くの杉の木がそそり立ってます。

    Imgp6365c

    たとえば、このように非常に生命感あふれる巨木があったりします。

    次回は、内宮の中にある別宮(風日折宮以外)などを見て行くことにします。

    「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(31)

    8/4の結果
     5勝(三面川特別、都井岬特別、指宿特別、西部スポニチ賞、オーロラ特別)
     1分(札幌日経オープン) 3敗
      回収率 67.8%

     

    8/5の結果
     4勝(燕特別、響灘特別、小郡特別、しらかばS) 1分(レパードS) 5敗
      回収率 70.0%
      年間回収率 94.6%
      通算回収率 73.3%

     

    各レースの反省

    8/4新潟09R ダリア賞(×)
     1番人気の対抗エイシンラトゥナが勝利。
     前に行く馬が多い中で、テンから先頭に立って押し切れるんだから、
     良いスピードを持ってらっしゃるんでしょうね。
     2着と3着は、ともに4~5番手ぐらいの評価だったんだが、
     ワイドでココまで手を広げてれば、それなりにプラスできたんだがなぁ…。
     本命のコースモリープリングは、8着に敗れる。
     本質的には、行ってナンボの馬なのかなぁ…。
    8/4新潟10R 三面川特別(◎)
     4番手評価の3番人気ゴールデングローブが勝利。
     500万下の一般戦を連勝しての昇級戦だったが、
     松岡正海騎手が初騎乗だったのでちょっと評価下げてたんだけどねぇ…。
     鞍上を選ばないのも良いし、とにかく勢いが凄いねぇ。
     1600万下に上がっても、侮れない1頭になりそうだ。
     本命のラスヴェンチュラスは、クビクビの3着。
     対抗のブリッジクライムも2着に入っていたので、予想的にはほぼ完璧な内容。
     ほどほど頑張っているとも言えるが、
     牝馬限定戦ばかり使ってるので、実力的には一段下がるのかもなぁ…。
    8/4新潟11R 北陸S(×)
     3番手評価の4番人気シセイオウジが勝利。
     休み明けだったので、ちょっと評価を下げてたんだけどねぇ…。
     じわじわ馬体重を減らしていたので、元に戻ったのがむしろ良かったのだろう。
     OPは初昇格なのだが、いきなりはちょっと厳しいかな…。 
     本命のアイアムルビーは、9着に敗れる。
     早々と芝で戦えるスピードも失ってるし、もしかするとズブくなってるのかもなぁ…。
     1200mでは、もうちょっと買えないかもなぁ…。

    8/4小倉09R 都井岬特別(○)
     3番手評価の1番人気マイネジャンヌが勝利。
     前走が、ちょっと離された3着だったから、評価を落としたんだけどねぇ…。
     小倉との相性はかなり良さそうだし、1000万下でも3着の実績があるので、
     再昇級だしチャンスはありそうだ。
     本命のサマールナは、惜しくも3着。
     持ち時計を一気に4秒も縮めてるんだし、
     スピード競馬に対応できてきたので、成長力次第では充分チャンスはあるはずだ。
    8/4小倉10R 指宿特別(○)
     4番人気のハイランドジャガーが勝利。
     500万下でも掲示板を外さずに3戦過ごしてきたのだから、
     順番が回ってきたということだろう。
     3歳馬だし、まだまだこれからの馬だとは思うし、1000万下いきなりはどうかねぇ…。
     本命のオーシャンパワーは、惜しくもハナ差の2着。
     持ち時計を2秒も更新するほどのスピード馬場に、
     いきなりは対応できなかったか。
     とはいえ、1000万下でも馬券に絡む力のある馬なので、
     順番が回ってくる日も近いだろう。
    8/4小倉11R 西部スポニチ賞(○)
     1番人気の本命オーシャンブルーが勝利。
     休み明けとはいえ、1600万下で連対しながら迎える降級初戦。
     まぁ、力が違ったということだね。
     キャリアもまだ浅いし、伸びしろも充分ありそうなので、
     いきなりでも当然期待できるだろう。

    8/4札幌10R クローバー賞(×)
     3番手評価の1番人気アットウィルが勝利。
     対抗のロゴタイプも3着に入ってるので、
     ワイドなら的中(250円だけど)だったんだけどねぇ…。
     函館2歳Sで掲示板に入った2頭が順当に馬券に絡んだってことね。
     五十嵐冬樹が、頑張ってジェネラルグラントを2着に入れてきたのは、
     馬券的にはう~んだが、北海道民としては嬉しいね。
     馬の方もなかなか力がありそうな感じだ。
     本命のマイネルイルソーレは、なんとビリ。
     てゆーか、よく完走したなぁって言うぐらい派手に骨折したようで…。
     安楽死か生き残るかはまだ流動的なようだが、どうだろうねぇ…。
    8/4札幌11R 札幌日経オープン(▲)
     1番人気の本命ルルーシュが勝利。
     まだ条件級なんだけど、前走もOPで惜しい競馬してたからねぇ…。
     出走メンバーに2分38秒台で走ってる馬がいなかったので、
     今回の時計(2.38.8)で走れば、まぁ勝てちゃうのか。レコードタイムだし。
     この距離をこなしたのも、今後に向けて財産になってくるかも。
     2着にストロングガルーダ(4番手)と同枠のメイショウクオリアが入り、
     トリガミとはいえ枠連ゲット。
     メイショウクオリアは、このクラスまでの洋芝限定の馬なのかなぁ…。
    8/4札幌12R オーロラ特別(○)
     1番人気の本命エアハリファが勝利。
     2着のグッドカレラもそうだが、
     1000万下で連対実績のある2頭がそのまま1、2着を独占。
     エアハリファは、いちおう初めての距離だったが、
     悪くない勝ち時計だし、3歳限定戦とはいえ3着の実績もあるので、
     1600万下でもそこそこ期待していいんじゃなかろうか。

    8/5新潟09R 燕特別(○)
     3番手評価の2番人気エアルプロンが勝利。
     着差があるとはいえ、4戦してすべて馬券に絡んでるわけだから、
     クラス慣れさえすれば勝つってことね…。
     持ち時計も4秒も更新してきたし、まだまだ伸びしろ充分だろう。
     ただ、いちおうクラス慣れが必要なようだから、連勝までは厳しいかもしれない。
     本命のディサイファは、惜しくもコンマ1秒差の3着。
     コッチは、もうちょっとクラス慣れが必要かな。
     でも、相手なりに走れる馬だから安定して力が発揮できるタイプだとは思うね。
    8/5新潟10R 飯豊特別(×)
     2番人気のゴーハンティングが勝利。
     前走の離された5着は何だったのか…。
     しかし、それでもトップハンデなのだから、
     ハンデキャッパーからの評価は高かったってことだよね、初距離だったのに。
     成績が極端なので、今後も当てにしにくい馬ではある。
     本命のゴールデンムーンは、アタマ差で4着止まり。
     出遅れてこの成績なら悪くない、とも言えるが、
     出遅れるっていうのが今後に向けてのマイナスポイントだよなぁ…。
     ひょっとすると、左回りに難がある可能性もあるが、
     そっちはまだ評価を保留したい。
    8/5新潟11R レパードS(△)
     2番人気のホッコータルマエが勝利。
     交流GⅠで掲示板に入ったことを、もう少し評価するべきだったかなぁ。
     持ち時計もトップだったわけだし。
     てゆーか、上位3頭はD1800m良馬場での持ち時計トップ3で決まってたのね…。
     実際、ほぼ人気順だったわけだし。
     4番手評価のナムラビクターが2着、
     対抗のイジゲンが3着だったのでワイドはゲットしたものの、当然トリガミ。
     本命のキングブレイクは、6着に敗れる。
     今回は中途半端な競馬しちゃった感じだね。
     積極的な競馬こそ、この馬の身上だと思うね。

    8/5小倉09R 足立山特別(×)
     6番人気のスペシャルピースが勝利。
     芝じゃきついと思ってたんだけどねぇ…。
     確かに、血統だけ見ればそんなことないんだろうけどさぁ…。
     マーメイドSを見る限り、1000万下に上がっても厳しいと思うんだけどねぇ…。
     本命のスマッシュスマイルは、6着に敗れる。
     ルーキージョッキーだったから、人気が重荷になっちゃったかな。
     鞍上にとっては、いい経験になったと思うよ。
     ただ、勝ちに行くならもう少し経験豊富な騎手が必要そうだ。
    8/5小倉10R 響灘特別(◎)
     4番手評価の2番人気マイネルバイカが勝利。
     連勝中とはいえ昇級初戦だったのでやや評価を落としていたのだが、
     こうなってくるとさすがにちょっと侮れないねぇ…。
     このまま浜中騎手が乗ってくれるなら、1600万下でも面白い存在になるかなぁ…。
     2着に対抗のキングヒーロー、
     3着に本命のレックスパレードが入ったので、予想としてはほぼ完璧。
     レックスパレードは、休み明けながらきっちり仕上げてきているようなので、
     次も当然期待できるだろう。
    8/5小倉11R 小倉記念(×)
     3番人気の本命エクスペディションが勝利も、
     他の馬がついて来れず馬券ゲットはならず。
     エクスペディションは、やっぱり小倉との相性は相当良さそうだね。
     平坦馬場限定っぽいけど1600mに対応できれば、
     GⅠに手が届くかなぁ、ちょっと厳しいかぁ…。
     ダノンバラード(対抗、4着)は、あと一息の根性が足りないなぁ。
     ニシノメイゲツ(3番手、8着)は、ハンデキャッパーにこの程度の評価されないんだから、
     まぁこんなもんなんだろうね。
     トーセンラーは、どうにも勝負弱いっていうか、勝ち切れない馬だねぇ…。
    8/5小倉12R 小郡特別(○)
     14番人気のアンバルブライベンが勝利。
     チェリーコウマンの娘なら、しょうがないかぁ
     (チェリーコウマン自身は重賞で1回大穴開けただけなんだけどね…)。
     1200mなら芝ダート兼用っていうことなら、使いやすい馬とも言えるけどねぇ…。
     本命のミヤジエムジェイは、惜しくも2着。
     アンバルブライベンが穴開けてくれたおかげで、
     1番人気でも複勝で140円取らせてもらいました。ありがとうございます。
     気持ち良く行かれ過ぎたね。
     でも、小倉との相性は良さそうなので、まだまだ勝ち上がるチャンスは充分だろう。

    8/5札幌10R 藻岩山特別(×)
     3番人気のアドマイヤテンバが勝利。
     2着のタマモコントラバスともども、
     1000万下勝利実績のある2頭であっさり決まっちゃったのね。
     でも、どっちも近3走ほどあんまり成績よろしくなかったんだけど、
     他のメンバーがもっとアレだったってことなのかなぁ…。
     本命のタガノザイオンは、ハナ差で4着。
     輸送減りかなぁ、これは…。中京出走が余計だったってことかもなぁ。
     洋芝は向くはずなので、コッチに滞在してくれればチャンスはあるはず。
    8/5札幌11R しらかばS(○)
     3番手評価の1番人気サイレントメロディが勝利。
     休み明けだったのでちょっと評価を落としてみたんだけど、
     まだまだ勢いを持続してるみたいですので、次も期待大ですな。
     2着に本命のセイリオスが入り、枠連でゲット。
     昇級初戦とはいえ、やはり安定感があるので買いやすい馬だよね。
     持ち時計も伸ばしてきたし、こちらの勢いも侮れないものがありそう。
    8/5札幌12R HTB賞(×)
     3番手評価の7番人気タイタンが勝利。
     再昇級初戦の前走は、さすがに後ろ過ぎたようだが、
     今回は初めての距離ながら自分の競馬ができたようですね。
     ただ、時計がまだまだな感じなので、1600万下では苦戦しそうだなぁ。
     本命のニシノボレロは、なんと競走中止。
     今週2頭目か…。こっちは心房細動だったようです。
     競走生命が絶たれたわけではないので、復帰してきたら改めて期待したいなぁ。

    走ってみないと分からないわけだけど、
    競走中の故障発生は切ない気持ちになるねぇ…。
    繊細な動物だから、こういうリスクは当然付きものなわけだけど、
    今週に関してはひとまず無事なようなので良かったと思います。
    馬券的には、さすがにもっとリスクとって行かないと
    維持するのも難しい回収率になってるからねぇ…。
    ただ、リスクとってなんとかなるほど予想自体当たってないからねぇ…。
    しばらく我慢が続きそうだ…。
    8/11、8/12の買い方は以下の通り。
     新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
     小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連
     札幌:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

    映画 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』(☆☆)

    1951年のオリジナルが上映され、
    1982年にリメイクされたSFホラー映画
    『遊星からの物体X』。
    今作はリメイクではなくエピソードゼロ。
    だから、単作で観ると中途半端な終わり方になっている。
    しかし、おそらく元の作品が持つ
    (ワシは『遊星からの物体X』未見)、
    今となってはお約束としか思えない展開を
    キッチリ踏襲しているので、
    映像以外にこれと言った新しさが無い。
    全体的に映像は洗練されているし、
    CGで「物体X」を表現しているので、
    スムーズによく動くのだが、
    この30年の間にそのテの映像を飽きるほど観ている現代人には、
    「だから何?」なのだ。
    元ネタ観てから観るべき映画だったかなぁ…。

    映画 『先生を流産させる会』(☆☆☆)

    タイトル通りのエゲツない作品。
    生徒と教師っていう構図にはしてるけど、
    生徒間のいじめも構図が類似してるからねぇ。
    それ以上に、日本の性教育って間違ってると思うんだ。
    どこの国のお年頃の女の子にも、
    第二次性徴が来て、思春期が来ると思うんだけど、
    これほど性に関して嫌悪感を抱くのは、
    多分日本だけだと思うんだ。

    注:今作は男性目線で作られていると思われます。
    ワシとしては、今作ご覧になられた女性の方の
    率直な感想をお聞きしたいところである。

    日本には、中世の頃から出産を穢れの一つと考える風習がある。
    実は、その記憶がまだ日本人の中にあるんではないだろうか。
    ゆえに、性教育に関しておかしな方向に向かっているのではと、
    ワシは愚考するわけだが。

    閑話休題。
    最近のいじめは、気づかないうちに刑法に引っかかるレベルまで
    進行している例があるんだとか。
    今作でもクライマックスに向けて、
    そういうことが起こって行くわけだが、
    現実がフィクションに追いついてしまってるという意味で言えば、
    逆にリアルのヤバさが際立つ映画っていうか、
    やっぱ学校って歪んだ社会なんだな、
    とも思うわけで…。
    学校外社会の話もゆがんだ形で提示されており
    (モンスターペアレントや存在感のない親など)、
    まさに「問題作」と言うにふさわしい作品。

    『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-⑧

    内宮に入る前に、まずは周辺の別宮を攻めて行きます。

    (13)饗土橋姫神社(アエドバシヒメジンジャ)
     祭神:宇治橋鎮守神(ウジバシノマモリノカミ)
    Imgp6324c

     内宮の所管社(縁のある神社)の一つ。
     祭神が示す通り、五十鈴川にかかり内宮に繋がる
     宇治橋の守り神が祀られている。
     

    (14)津長神社(ツナガジンジャ)
     祭神:栖長比売命(スナガヒメノミコト)
    Imgp6328c

     内宮の摂社。
     倭姫命が当地に来た際、津長原というところに船が着き、
     その場所に社を構えるように倭姫命が定めたため建てられた社。
     しかし、饗土橋姫神社同様社地が非常に狭く、
     この場所に行っても縁起や由緒が無いので全く分からないです。
     上記の話は、『せんぐう館』のページにある情報から引っ張ってます。

    (15)大水神社(オオミズジンジャ)
     祭神:大山罪之御祖命(オオヤマツミノミオヤノミコト)
    Imgp6330c

     内宮の摂社。
     神社の名前に似合わず、祭神はこの辺りの山の神様なんだって。
     なぜこの名前にしたし…。

    旧林崎文庫
    Imgp6334c

     もともとは内宮文庫として別の場所に建てられていたのだが、
     その場所が高温多湿で本や文書を保管するのに向かないということで、
     この地に移転されたのがこちら。
     しかし、お上頼みのいいかげんな経営だったせいか、
     100年ほどで経営が行き詰ってしまう。
     内宮の神主さんが方々に手を尽くしてなんとか立て直したが、
     明治維新の折に結局廃絶。
     本や文書は神宮司庁預かりを経て神宮文庫に保管されることになる。
     現在は、春と秋の神楽祭の時のみ一般に無償で公開される以外は、
     この通り門以外を見ることはできない。

    (16)宇治神社(ウジジンジャ)
     ・主祭神
       大山祇神(オオヤマツミノカミ)
     ・その他の祭神
       たくさんいるので別記
    Imgp6337c

     内宮門前町の守り神であり、住民の産土神(≒氏神)。
     主祭神は、山神にして農耕の神である大山祗神。
     また、縁起を見る限りかなり多くの神を祀っている。
      ・玉移良比売神(タマイラヒメノカミ)
        宇治を守護する地主神(=産土神)
      ・御裳須曽姫神(ミモスソヒメノカミ)
        五十鈴川の守護神
      ・豊玉比売神(トヨタマヒメノカミ)
        真珠を神格化したものと言われている
      ・素戔嗚尊(スサノオノミコト)

        言わずと知れた、天照大御神の弟
      ・天兒屋根命(アマノコヤネノミコト)
        天照大御神が岩戸に隠れた時、彼女に祝詞を奉った神。
        朝廷の祭祀を司る中臣家(藤原家)の祖神でもある
      ・速秋津日子神(ハヤアキツヒコノカミ)
      ・速秋津比売神(ハヤアキツヒメノカミ)
        ともに水戸(水門)の神様であり、水流を支配する神。
        罪や穢れを呑み込み消し去る神でもある
      ・新川比売神(ニイカワヒメノカミ)
        大山祇神の娘で、川の源流の守護神。
      ・火産霊神(ホムスビノカミ)
        火之迦具土神(ホノカグツチノカミ)と同じ。火の神。
        山岳信仰の神秋葉大権現と同一視されるので、「秋葉さん」とも言う
      ・水波売神(ミズハノメノカミ)
        水の神。当地では御裳須曽姫神のサポート役らしい
      ・応神天皇(オウジンテンノウ)
        第十五代天皇。彼以前と彼以後を別王朝とする説がある。
        記紀でも伝説的に語られる天皇のひとり。
        八幡神と同一視される。つまり戦神
      ・天見通命(アマノミトオシノミコト)
        荒木田氏の祖神。
        代々内宮の禰宜を務める家系のため、神職を目指す人が拝みに来るらしい
      ・大織冠鎌足神霊(タイショクカンカマタリノシンレイ)
        大化の改新で大功のあった、中臣(藤原)鎌足。
        「大織冠」とは、当時の最高位の称号。
        鎌足しかもらったことが無い称号なので、実質鎌足の別称ともなっている
      ・和気清麿神霊(ワケノキヨマロノシンレイ)
        称徳天皇を誑かして取り入り、神託を悪用して天皇になろうとした
        道鏡という坊主の野望を防いだ和気清麻呂のこと。
        よって、忠誠の神とされている
      ・菅原道真神霊(スガワラノミチザネノシンレイ)
        言わずと知れた天神様。
        天満宮だけでなく、意外と色んな神社に合祀されている学業の神。
      ・楠正成神霊(クスノキマサシゲノシンレイ)
        ゲリラ戦法を得意とした悪党。
        最後まで南朝に忠義を尽くしたため、
        和気清麻呂とともに忠誠の神として扱われている
      ・彌武彦神(ヤタケヒコノカミ)
        神社の由緒書には本名の「荒木田守武(アラキダモリタケ)」と書かれている。
        15歳で内宮の禰宜となり、以来63年間仕えた。
        連歌を学び、俳諧の祖のひとりにも数えられるらしい。
      ・羽倉東麿神霊(ハクラアズママロノシンレイ)
        国学者で伏見稲荷神社の禰宜だった荷田春満(カダノアズママロ)。
        賀茂真淵の師匠で、復古神道(≒神仏習合の否定)を唱える
      ・岡部真淵神霊(オカベマブチノシンレイ)
        国学者で万葉集研究の大家である賀茂真淵のこと。
        本居宣長の師匠
      ・本居宣長神霊(モトオリノリナガノシンレイ)
        「古事記伝」で有名な古事記研究家の本居宣長のこと。
        最近では、門人が自らつける
        キラキラネームに悩まされていたことでも有名になった
      ・平田篤胤神霊(ヒラタアツタネノシンレイ)
        尊王攘夷思想の精神的支柱である平田神道(かなり曲解された復古神道)
        を唱えた人。
        国家神道は平田神道がベースになっているとも言われるため、
        ある意味この国のいろんなものをぶっ壊した人とも言える
      ・神名不詳一座
        名前もわからない神様。
        ただし出所ははっきりしており、
        五十鈴川上流にある「鏡石」の上に祀られていた
        旧石津賀神社の祭神が合祀されているということらしい

    (17)足神さん(アシガミサン)
       祭神:宇麻志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂガミ)
    Imgp6340c

     神社名はふざけてるわけではなく、縁起にもこう書いてあります。
     「古事記」によれば、天地開闢以来4柱目に生まれた神様。
     生命力が神格化された存在と言われ、活力を司る神様とされる。
     でも、なぜかココでは足だけの神様とされている。
     グルコサミンやコンドロイチンよりも効くのかなぁ。

    今回は、かなりおふざけも入れながらの紹介でしたが、
    次こそは内宮に入ります。多分、まじめな回になると思いますが…。

    「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-05

    注:札幌のみ『重馬場』想定で予想しております。

    新潟09R 燕特別(3上500万下 芝中)
      ◎ ⑨ディサイファ
      ○ ③ブライトボーイ
      ▲ ⑤エアルプロン

    新潟10R 飯豊特別(3上1000万下 芝短)
      ◎ ⑥ゴールデンムーン
      ○ ⑩マウンテンファスト
      ▲ ④サンマルヘイロー

    新潟11R レパードS(3歳GⅢ D中)
      ◎ ⑪キングブレイク
      ○ ②イジゲン
      ▲ ⑦フリートストリート
      △ ⑭ナムラビクター

    小倉09R 足立山特別(3上500万下 芝中)
      ◎ ②スマッシュスマイル
      ○ ①テーオーレジェンド
      ▲ ⑤パントクラトール

    小倉10R 響灘特別(3上1000万下 D中)
      ◎ ⑭レックスパレード
      ○ ⑧キングヒーロー
      ▲ ③タナトス
      △ ①マイネルバイカ

    小倉11R 小倉記念(3上GⅢ 芝中)
      ◎ ⑩エクスペディション
      ○ ④ダノンバラード
      ▲ ⑦ニシノメイゲツ
     本命は、小倉コースで4勝を挙げている小倉巧者の⑩。
     安定感もあるし、休み明けを1つ叩いているし、鞍上も乗れているので、
     ようやくの重賞制覇も充分と見る。
     対抗には、再昇級戦ながら既に重賞実績のある④。
     降級前の重賞4戦では全て掲示板を外していないし、
     昇級戦とはいえ逆転の余地は充分だろう。
     3番手には、斤量に恵まれた⑦。
     前走も同じ斤量で惜しい競馬をしており、
     成績が極端とはいえ逆に一発を秘めているとも言える。

    小倉12R 小郡特別(3上500万下 芝短)
      ◎ ①ミヤジエムジェイ
      ○ ⑤アースツリー
      ▲ ③クラウンエンビー

    札幌10R 藻岩山特別(3上1000万下 芝短)
      ◎ ⑤タガノザイオン
      ○ ⑨シルクブルックリン
      ▲ ⑦モトヒメ

    札幌11R しらかばS(3上OP D中)
      ◎ ⑧セイリオス       安定感買って
      ○ ⑬エーシンモアオバー 札幌相性絶好
      ▲ ③サイレントメロディ   前走評価して

    札幌12R HTB賞(3上1000万下 芝長)
      ◎ ⑨ニシノボレロ
      ○ ①マッキーバッハ
      ▲ ⑤タイタン
      △ ⑩コモノドラゴン

    「新・中央競馬予想戦記」 2012-08-04

    新潟09R ダリア賞(2歳OP 芝短)
      ◎ ⑨コスモリープリング
      ○ ③エイシンラトゥナ
      ▲ ⑦インティワタナ

    新潟10R 三面川特別(3上1000万下 芝中)
      ◎ ⑦ラスヴェンチュラス
      ○ ⑨ブリッジクライム
      ▲ ⑤マイネオーチャード
      △ ⑥ゴールデングローブ

    新潟11R 北陸S(3上1600万下 D短)
      ◎ ②アイアムルビー
      ○ ①シゲルソウサイ
      ▲ ⑧シセイオウジ
      △ ⑨メジャーアスリート

    小倉09R 都井岬特別(3上500万下 芝中)
      ◎ ②サマールナ
      ○ ①ハッピーウィーク
      ▲ ⑨マイネジャンヌ
      △ ⑩シュピッツェ

    小倉10R 指宿特別(3上500万下 D中)
      ◎ ②オーシャンパワー
      ○ ⑮スズカウラノス
      ▲ ⑯エイコーンパス

    小倉11R 西部スポニチ賞(3上1000万下 芝中)
      ◎ ⑥オーシャンブルー
      ○ ⑧ジェームズバローズ
      ▲ ⑨グッドバニヤン
      △ ⑪エクセリオン

    札幌10R クローバー賞(2歳OP 芝短)
      ◎ ⑦マイネルイルソーレ
      ○ ⑨ロゴタイプ
      ▲ ①アットウィル

    札幌11R 札幌日経オープン(3上OP 芝長)
      ◎ ②ルルーシュ      前走評価して
      ○ ⑦セイカプレスト     距離は向く
      ▲ ④モンテクリスエス   この相手なら
      △ ⑪ストロングガルーダ 1つ叩いて

    札幌12R オーロラ特別(3上1000万下 D中)
      ◎ ⑤エアハリファ
      ○ ⑬アドマイヤジャコモ
      ▲ ⑧トミケンアルドール

    『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-⑦

    この回では、内宮に行く前に行けるところ行ってみよう、のコーナーです。

    ・神宮徴古館
    Imgp6312c

    外宮と内宮を結ぶバス路線の途中にある、モダンな建物。
    当初から私設の博物館とするべく明治42年に建設されたものですが、
    現在の建物は戦後に建てられた2代目。
    「遷宮展」を開催していたたためか、
    『せんぐう館』と展示物の感じがかぶってたような気もするが、
    過去の奉納品なども展示されている、『せんぐう館』の先輩的な存在でもある。
    ワシ的には、遷宮の復活に尽力したのが
    守悦という尼僧だったっていうをココで知ったのが、
    いちばんの発見だったかな。
    Wikipediaには、彼女のいた慶光院(こっちしか記述が無いのだが)は、
    「廃仏毀釈で廃絶した」と書かれている。
    なんという恩知らず。

    ・神宮文庫
    Imgp6319tc

    画像である入口の門(黒門)はバス路線沿いにある。
    神宮などで保管された関連図書を保管している場所。
    門自体は移築されたものだが、築後400年となかなか歴史のあるものであるし、
    アンバランスなほど立派なしゃちほこも目を引く。
    要するに本棚なので、中にはあんまり興味無いですけどね…。

    (12)倭姫宮
     祭神:倭姫命(ヤマトヒメノミコト)
    Imgp6314c_2


     皇大神宮(内宮)の別宮。
     この時間が、一番雨ひどかったなぁ…。
     祭神の倭姫命は、日本武尊のおばであり、
     『記紀』にあるように、彼女が日本武尊が東征する時に三種の神器のひとつである
     天叢雲剣(後の伝承により草薙剣と改称)を与えている。
     彼女が伊勢の地で天照大御神を祀る最初の皇女であり、
     彼女が受けた神託により伊勢神宮が建てられた。
     それゆえに、このようにして祭神として現在に至るわけである。

    Imgp6318c

     木漏れ日が差す一方、相変わらず雨降ってたりするわけで…。
     いろいろな神がいっぺんに湧いて出たようで、
     神々のお膝元であることを改めて実感させられる光景ですなぁ。

    次回からは、内宮のある五十鈴川編に入りますが、
    相変わらずの寄り道っぷりです。

    「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(30)

    7/28の結果
     4勝(尖閣湾特別、伊万里特別、九州スポーツ杯、TVh賞) 1分(関越S) 5敗
      回収率 52.2%

     

    7/29の結果
     3勝(豊栄特別、岩室温泉特別、佐世保特別) 1分(NST賞) 6敗
      回収率 34.8%
      年間回収率 95.8%()

    各レースの反省

    7/28新潟09R 尖閣湾特別(○)
     3番人気の対抗フルアクセルが勝利。
     休み明けを1つ叩いた上がり目が大きかったということだろう。
     1000万下でも連対していたように、このクラスでは実力上位だったこともあるだろう。
     そういうわけだから、昇級してもそこそこやれそうな雰囲気はある。
     本命のインプレザリオは、惜しくも2着。
     初めての平坦馬場だったが、どっちかというとパワータイプなのかも知れないなぁ。
     もしかすると、今の時期なら札幌の方が合うのかもしれない。
    7/28新潟10R 佐渡特別(×)
     3番人気のニューダイナスティが勝利。
     休み明けだったし、前走も大負けしていたので軽視してたんだけどねぇ…。
     前走は実力不足だったが、基本的には平坦限定っていうことかも知れない。
     ただ、実力的な問題が残るので、1600万下ではどうかなぁ…。
     本命のネオブラックダイヤは、4着止まり。
     持ち時計を大きく更新してこの順位だからなぁ…。コレもパワータイプっぽいなぁ。
    7/28新潟11R 関越S(△)
     1番人気の対抗トウショウフリークが勝利。
     本命のコンノートも2着に入りワイドゲットも、人気順じゃあトリガミしちゃうわなぁ。
     勝ったトウショウフリークは、逃げてナンボ的な馬だから、
     今回みたいに気持ち良く逃げれば勝負になるってことだね。
     2着のコンノートは、連勝中とはいえ昇級戦だったので、よくやってくれたと思う。
     血統的にはこのぐらいの距離が向くと思われるし、次も期待したい。
     3番手評価のアドバンスウェイは、8着に敗れる。
     OPではちょっと力不足っぽい気もするし、今回の距離はちょっと長い気もするなぁ。

    7/28小倉08R 小倉サマージャンプ(×)
     3番人気のエムエスワールドが勝利。
     この程度の斤量差には負けないってことね。
     暮れの中山大障害に向けて、どう使ってくるか楽しみである。
     2着も休み明けのテイエムハリアーが入っているので、
     この辺りから暮れに向けて立ち上がってくる馬も少なくないのかな。
     本命のドングラシアスは、6着に敗れる。
     テイエムハリアー以外は平地では格上の相手だったので、
     相手が悪かったってことかな。
     それでも実績のある馬なのだから、今後も期待したい馬ではある。
    7/28小倉09R 伊万里特別(○)
     3番人気の対抗イントゥザストームが勝利。小倉の水が合うのかも知れないね。
     持ち時計も1秒以上更新してきたし、小倉でもう1チャンスあるかも知れない。
     本命のメイショウツガルは、惜しくも2着。
     斤量差を考えたら、決して負けていないわけだが、
     逆に言うとこのぐらいの時計が限界とも言える。今回は相手が悪かったか。
    7/28小倉10R 唐津特別(×)
     2番人気のダイヴァーダウンが勝利。
     ワシも4番手ぐらいには評価できるけど、
     ここ2戦の負けっぷりが良くなかったからなぁ…。
     ダート得意の小牧騎手を迎えたのが、今回は大きかったかもなぁ。
     安定感はあるので、今後も押さえておきたい馬ではある。
     本命のスマートルシファーは、4着止まり。
     休み明けで、ちょっと絞り切れなかったのが敗因かなぁ。
     とりあえず、もうひと絞りして次に挑んでもらいたいところである。
    7/28小倉11R 九州スポーツ杯(○)
     7番人気のエーシンジャッカルが勝利。
     近走成績がこんな感じなのに、斤量58㎏背負わせてるんだから、
     ハンデキャッパーの相馬眼には、相変わらず驚かされますな。
     重賞2着(2011年ニュージーランドトロフィー)の実績があるし、
     実力もハンデキャッパーの折り紙つきなので、
     1600万下でも期待していいんじゃないだろうか。
     本命のカルドプレッサは、惜しくも2着。
     コッチも、休み明けとはいえ斤量見込まれてたからねぇ…。
     とはいえ、こちらもハンデキャッパーも認める実力の持ち主。
     1つ叩いた次走も、当然期待だ。

    7/28札幌10R ニセコ特別(×)
     2番人気の本命バートラムガーデンが勝利。
     3着にも4番手評価のブランダムールが入ってくれたんだけど、
     2着にコマノスクアーロが入ってしまい、3連複ゲットはならず。
     バートラムガーデンは、昇級初戦とはいえ近5走で成長の跡が見られたし、
     勢いもある感じだったので本命に推してみました。
     洋芝が合うようなので、札幌でもう1回2回使ってきそうだが、
     勝負になるかどうかは現状では未知数かな。
     印を打った中では、3番手評価のマックスストレインがブービーだったのがなぁ…。
     もともとパワータイプでもないみたいだし、洋芝向きではなさそうだなぁ。
    7/28札幌11R TVh賞(○)
     1番人気の本命ムーンリットレイクが勝利。
     2着に対抗のリヴェレンテ、
     3着に4番手評価のポケッタブルゲームが入り、3連複ゲット。
     頭数少なかったし、680円だったけどね。
     勝ったムーンリットレイクは、やっぱり地力が違うって感じだね。
     ちょっと長いかも知れないが、札幌記念とか向かって行く感じなのかな。
     あと印を打った中では、3番手評価のアナバティックがなんとビリ。
     相性のいい札幌で復調してくるかな、とワシも思ってたんだけど、
     やっぱりダメでした、って感じだね。
     競走馬として終わっちゃったんですかねぇ…。
    7/28札幌12R 日高特別(×)
     5番人気のテーオーケンジャが勝利。
     印を打った中では3番手評価のウインクリアビューが2着してくれただけで、あとは外れ。
     テーオーケンジャは、前走の大敗で洋芝あまり良くないのかな、とか、
     そもそも戦績的に当てにしにくいっていうのもあったからなぁ…。
     そういう意味で言えば、昇格したからって即通用とは考えにくいわけで…。
     本命のサトノシュレンは、6着に敗れる。
     他馬が軒並み2㎏以上軽くしてもらってたから、斤量差が大きすぎたかなぁ…。
     じゃなきゃ、距離がちょっと短かったのかもなぁ。
     地力は上位と見えるので、定量戦ではまだ充分勝負になるとは思うんだが…。

    7/29新潟09R 豊栄特別(○)
     2番人気のエアワンピースが勝利。
     500万下を連勝しての昇級初戦だったわけだが、
     他がもっと良いと思ってたので印が回らなかったなぁ…。
     勢いはかなりのものがありそうなので、次もそれなりに期待したいね。
     本命のカネトシディオスは惜しくも2着。
     買うんだったら、対抗のコスモソーンパーク(8番人気、3着)だったけど、
     そこまで人気無いとも思わなかったからなぁ…。
     カネトシディオスは、どこに行ってもほどほどに走れる馬みたいなので、
     次も人気してくるだろうし、順番が回ってくる日も近いと思うんだけどねぇ…。
    7/29新潟10R 岩室温泉特別(○)
     1番人気の本命エーシンジェイワンが勝利。
     再昇級後も内容のある競馬をしていたので、順番が回ってきたということだろう。
     今はダートの方が良さそうだが、今後層が厚くなっていくので、
     即通用かどうかは未知数ですなぁ。
     印を打った中では、対抗のフォースフルが13着と惨敗。
     本質的には、左回りが得意じゃないのかもなぁ…。
     じゃなきゃ、先行争いで力を使い過ぎちゃったのかもしれないなぁ。
     今回は、相手が悪かったっていうことかもなぁ…。
    7/29新潟11R NST賞(△)
     3番手評価の1番人気スマートシルエットが勝利。
     前走の負けっぷりが良くなかったのでこの評価だったわけだが、
     新潟コースが合いそうですな、この馬は。
     あと、2000mがちょっと長いのかも知れないし、
     マイル辺りではそこそこ戦って行けそうな馬ではあるね。
     2着に4番手評価の5番人気スピリタスが入ってくれて、ワイドはゲットできたものの、
     6点買いだったためトリガミになってしまいました。
     もう1頭来てほしかったなぁ…。
     本命のアドマイヤコマンドは、6着に敗れる。
     どっちかっていうと、坂を利して力勝負に持ち込むタイプっぽいね。
     秋競馬までちょっと頼りにしにくい馬かな、これは。

    7/29小倉09R 国東特別(×)
     3番人気のハワイアンウインドが勝利。
     特に推せるポイントが無かったので無印だったわけですが、
     前走は無難な内容だったが、あれでクラス慣れしたってことなのかなぁ。
     持ち時計を一気に7秒も短縮とか、成長期ってことなんですかねぇ。
     勢いはありそうだが、昇級即通用はどうかなぁ…。
     本命のフクラムサイフは5着止まり。
     それ以上に、対抗ゴットラウディーのブービーとか、
     3番手評価のベンジャミンの大差ビリ(心房細動だったらしい)
     とかもどうかと思うんだが、
     フクラムサイフに関しては、とりあえず体がふくらんだままなのがまずい。
     とりあえず、もうひと絞り必要そうだ。
    7/29小倉10R 佐世保特別(○)
     3番手評価の1番人気スギノエンデバーが勝利。
     和田騎手が乗り方を覚えたってことですかねぇ。
     前走の内容も良かったし、
     小倉も向くみたいですね(小倉でしか勝ててないわけだが…)。
     重賞2着(2011ファルコンS)の実績もあるし、
     小倉でならOP返り咲きのチャンスもあるかも…。
     本命のマヤノリュウジンは、なんとか3着を死守。
     実戦は1年以上ぶりだったので、よくやってくれた方だとは思う。
     この感じなら次走は人気してきそうだし、上がり目込みでさらに期待したい馬。
    7/29小倉11R KBC杯(×)
     3番手評価の2番人気グラッツィアが勝利。
     乗り替わりを嫌ってみたんだが、やっぱ乗れてるなぁ、浜中騎手は。
     平坦限定馬っぽいので、ローカルが主戦場になりそうな気もするんだが…。
     本命のグッドマイスターは、10着に惨敗。
     デビュー時から10㎏近く減ってるので、成長感が無いのが厳しいなぁ。
     使い詰めでもあるし、少し休んでみても良さそうな気はする。

    7/29札幌09R 石狩特別(×)
     人気順で決まってるのに、
     3着の3番人気タガノレイヨネ(対抗)しか買ってないっていうね…。
     勝ったホッコーガンバは、芝での勝ち鞍が無かったので嫌ってみたんですが、
     力のいる洋芝でようやく芝初勝利。
     前めの競馬も合うみたいですね。札幌でもう1チャンスぐらいあるかもね。
     本命のマイネルヴァルムは、5着止まり。
     勝ってる馬が芝実績の無い馬なんだから、
     競り潰すぐらいの積極性が必要だったかもね。
     使い詰めでもあるし、少し休ませるのも良いかも知れないね。
    7/29札幌10R 羊蹄山特別(×)
     1番人気の対抗ホクセツダンスが勝利、
     4番人気の本命マンボダンサーが2着に入ってくれたのまでは良いんだけどねぇ…。
     3着にヤマノサファイアが入ってしまい、3連複ゲットはならず。
     勝ったホクセツダンスは、昇級初戦だったので対抗止まりだったわけだが、
     もともと1000万下でも連対実績のある馬だったんだから、
     勢いで勝ってもおかしくなかったわけで…。
     安定感はけっこうありそうなので、1600万下でも行けるかなぁ…。
     マンボダンサーは、1000万下勝った時は斤量54kgだったから、
     助けられてた面もあったってことね…。
     でも、今回は本来の斤量で2着を取れたんだから、順調に力はついてきているはず。
     次も期待したい馬。
     コスモイーチタイム(5着)は、もう少し頑張ってほしかったなぁ…。
     もう少し前めで競馬するべき馬だと思うんだけどなぁ…。
    7/29札幌11R クイーンS(×)
     1番人気の本命アイムユアーズは勝ってくれたんだけどねぇ…。
     まぁ、この馬は3歳牝馬戦線の上位馬だからねぇ…。
     3着にも3歳馬ミッドサマーフェアが入ったところを見ると、
     斤量の助けがあるとはいえ3歳世代の強さが際立ったレースとも言えるだろう。
     それはともかく、2着のラブフールは、条件級だったし、ちょっと買えないよなぁ…。
     3番手評価のレインボーダリアが4着、
     対抗のオールザットジャズが5着に入ってたから、
     もう一息って感じもあるんだけどねぇ…。
     ただ、ビリのコスモネモシンはいただけない。
     いや、太り過ぎですから…。もうひと絞りして出直して来てください。
    7/29札幌12R 羊ヶ丘特別(×)
     2番人気の本命ニシノビークイックが勝利、
     2着にも4番手評価のグレナディーンまでは入ってくれたんだけど、
     3着に8番人気のメジロツボネが入ってしまい、3連複ゲットはならず。
     3番手評価のアルーリングライフが4着に入ってただけになぁ…。
     勝ったニシノビークイックは、体重が減り続けてるのが気がかりではあるが、
     安定感のある馬だから今後もうまく調整していけば戦って行ける馬だと思うね。

    毎週毎週うまくはいかないですよねぇ…。
    ちょっと前がかりなっただけで、すぐ回収率下がっちゃうからねぇ…。
    このぐらいになってくると、維持するだけでもけっこう大変なわけですが…。
    今年の傾向も出てきたので、来週以降少し買い方を変えて、
    うまく立ち回っていければ、と思ってますが…。
    8/4、8/5の買い方は以下の通り。
     新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
     小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連
     札幌:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

    『平成お伊勢参り&新中京競馬場などの旅』 7月6日-⑥

    別宮については『月夜見宮』などでも説明しましたが、
    外宮の境内にも別宮がいくつかあります。

    (9)風宮(カゼノミヤ)
      ・祭神
        級長津彦命(シナツヒコノミコト)
        級長戸邊命(シナドヘノミコト)
    Imgp6303c

    その名の通り、風の神(両祭神とも風の神とされる)を祀る神社。
    外宮別宮4社の中では最下位の序列。

    (10)土宮(ツチノミヤ)
      ・祭神
        大土乃御祖神(オオツチノミオヤノカミ)
    Imgp6304c_2

    外宮が建っている土地の地主神である大土乃御祖神が祀られている、
    外宮別宮4社中3位の序列を与えられている宮。

    (11)多賀宮(タカノミヤ)
      ・祭神
        豊受大御神荒御魂(トヨウケオオミカミノアラミタマ)
    Imgp6306c

    豊受大御神の荒御魂が祀られている、
    外宮別宮4社中最高位の序列を与えられている。
    神のネガティヴな側面を反映しているとされているのが「荒魂」であり、
    神道においてはたびたびこの「荒ぶる魂」を鎮めるために
    神格を与えて畏れ敬うということをする。
    神々の食事の世話をする豊受大御神を怒らせれば、
    他の神様はおなかがすくからさぞかしお怒りになるでしょうねぇ、
    という考え方で良いんですかねぇ。

    外宮編はココまで。
    次回からは、いよいよ内宮の領域に入り、
    内宮別宮のひとつ『倭姫宮』と、
    それに隣接する『神宮徴古館』に向かいます。

    « 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

    2017年4月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
    無料ブログはココログ