« 映画 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode 1』(☆☆) | トップページ | 映画 『白雪姫と鏡の女王』(☆☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(35)

9/8の結果
 3勝(木更津特別、紫苑S、夙川特別) 3敗
  回収率 186.3%

 

9/9の結果
 2勝(セプテンバーS、京成杯オータムハンデキャップ) 4敗
  回収率 106.0%
  年間回収率 93.3%(→)
  通算回収率 73.4%

 

各レースの反省

9/8中山09R アスター賞(×)
 3番手評価の4番人気ミヤジタイガが勝利。
 もしかすると、左回りがちょっと下手なだけの馬かも。
 阪神、中山と乗りこなし、パワーのありそうな馬である。
 本命のコスモハヤブサは、5着止まり。
 坂のある競馬場向きの馬じゃないかもなぁ…。
9/8中山10R 木更津特別(○)
 2番人気の本命コスモソーンパークが勝利。
 休み明け後、3着が2回続いた走り頃の3走目だったこともあるし、
 まぁ実力上位だったこともあるでしょう。
 3歳時(2011年ジュニアC)で3着の実績はあるが、1600万下ではどうだろうか。
9/8中山11R 紫苑S(○)
 1番人気の対抗パララサルーが勝利。
 休み明け&初めての2000mでしたが、
 得意の中山コースということで乗りきってしまいましたね。
 ただ、本番はどうだろうねぇ…。輸送競馬苦手っていう可能性もあるし…。
 本命のブリッジクライムは、半馬身差の2着で枠連ゲット。
 馬体重が織姫賞当時に戻ってしまったのがちょっとアレだが、
 実入りが充実してくれば…、本番は無理だよなぁ、さすがに…。

9/8阪神09R 鳥取特別(×)
 11番人気のバトルドンジョンが勝利。
 確かに斤量軽いけど、近走内容的に買える要素無いよなぁ…。
 ただ、持ち時計を大きく更新してきたので、阪神コースが合うのかも知れないな。
 本命のポップアイコンは、惜しくも2着。
 さすがの安定感ですな。
 ただ、今回はバトルジョンドンに気持ち良く走られてしまったかな。
 力はあると思うので、順番が回ってくる日も近いだろう。
9/8阪神10R 夙川特別(○)
 1番人気の本命ケージーハヤブサが勝利。
 休み明けとはいえ、この距離では必ず馬券に絡んでくれてるし、
 1000万下連対以上の馬ってこの馬入れて4頭しかいないようなメンバー構成じゃなぁ…。
 次も、上がり目込みで期待したい馬である。
9/8阪神11R 西宮S(×)
 1番人気のフレールジャックが勝利。
 半年以上の休み明けだったので軽視してたんですが…。
 伊達に重賞を勝っていない、ということですかねぇ…。
 距離も、このぐらいが得意みたいだし(てゆーか、この距離でしか勝ててないし)、
 秋天に向けて1チャンあるか。
 本命のランリョウオーは、惜しくもクビ差の2着。
 休み明けで体重も増えていたとはいえ、よくやっている方だろう。
 逆に言えば、ちょっと期待が大き過ぎたかな。次はさらに期待。

9/9中山09R 鋸山特別(×)
 6番人気のニシノオウガイが勝利。
 特別推せるポイントが無いんだがなぁ…。
 柴田善臣騎手と相当手が合う馬なのかもね。
 次も柴田騎手なら期待していいかも。
 本命のトミケンユークアイは、惜しくも4着止まり。
 単騎逃げできなかったのが痛かったようだ。
 逃げ馬には逃げ馬のリスクがあるってことね。
 持ち時計通りの競馬はしてるので、現状ではこの辺りが限界かも知れない。
 今後、さらなる成長に期待したい。
9/9中山10R セプテンバーS(○)
 4番人気のニシノステディーが勝利。
 メンバー中唯一の1600万下勝ち馬だったので、
 単純に地力上位だったということだろうが、近走成績が今ひとつだったんだよなぁ。
 OPに上がっても厳しそうだしなぁ…。
 本命のボストンエンペラーは、なんとか3着を死守。
 あんまり坂が得意な馬じゃないみたいだしなぁ…。このぐらいが限界かも。
 左回りってどうなんだろうねぇ、この馬。
9/9中山11R 京成杯オータムハンデキャップ(●)
 2番人気の本命レオアクティブが勝利。
 今まで実績が無かった距離だが、勢い込みでもココを勝ち切れたのは大きいだろう。
 とはいえ、マイルチャンピオンシップを望むなら次が試金石となるだろう。
 2着に、3番手評価のコスモセンサーと同枠のスマイルジャックが入り、
 枠連でゲット。相変わらずせこいね、ワシってば。
 まぁ、ハンデキャッパーは実力認めてるみたいだけど、
 どうにも当てにできないんだよなぁ、この馬は。
 そのコスモセンサーは4着。内枠を利して前に行ってみたが、
 2ハロン目、3ハロン目の10秒台は堪えただろうね。
 展開が向かなかったということだろう。
 対抗のドリームバスケットは10着に敗れる。
 正直、よく1分31秒台で走ってこれたもんだよ。
 まぁ、勝ち馬は1分30秒台で走ってるんだし、
 スピード勝負はこの馬には荷が重かったということだろう。

9/9阪神09R 野分特別(×)
 4番手評価の3番人気マイネジャンヌが勝利。
 阪神コースとの相性が良くなさそうだったのでこの評価だったわけだが、
 持ち時計はトップだったので
 スピード勝負に持ち込んだのが良かったのかも知れないね。
 平坦馬場の方が成績が良いようなので、京都でさらに期待したい馬である。
 本命のディープフィールドは、5着止まり。
 3歳馬にしては、この時計勝負はやや荷が重かったか。
 中京で勝ててるんだから、坂自体は問題無いように思われるのだが…。
9/9阪神10R オークランドレーシングクラブトロフィー(×)
 4番人気のメイショウエバモアが勝利。
 前走は確かに惜しい競馬だったけど、
 時計勝負に不安があったので軽視してたんだよねぇ。
 でも、阪神コースは得意みたいだし、時計勝負にならなかったのも良かったみたいだね。
 阪神で、もう1チャンスあるかも。
 本命のキクノキセキは5着止まり。
 数値上の本命で対抗評価のグッドマイスターも6着と痛み分け。
 キクノキセキは、馬群に突っ込んだ様子。
 もっと積極的な競馬の方が合いそうな気もするんだけどなぁ…。
 グッドマイスターは、出遅れが響いた様子。
 この馬も、前に行ってこそ味のある馬。もう少しゲートがうまくなって欲しいね。
9/9阪神11R セントウルS(×)
 6番人気のエピセアロームが勝利。
 距離はこのぐらいが合うんだろうな、とは思うけど、
 斤量差でココは勝てても本番は少々荷が重そうな気もするんだけどなぁ。
 ただ、前走から勢いがあるのは認めるよ。
 本命のカレンチャンは、4着止まり。
 相変わらず休み明けは絞れてこない馬だなぁ。
 それでこの順位なんだから、地力はまだまだ上位だとは思うんだが…。
 逆にロードカナロア(対抗、2着)は、体重調整がうまく行ってるというか、
 そういう意味では非常に安定感がある。次も当然期待できるだろう。

秋競馬第1週は、OPやら重賞やらがうまく取れたので、
とりあえずプラス収支。
しかし、中山での回収に偏ってるのがなぁ…。前途が少し不安です。
あと、開幕週ということもあって、かなり芝の状態が良い様子。
持ち時計の見極めが難しいかもなぁ(特に初めて走る馬とかね)。
とはいえ、年間収支100%を目指す上では、これを続けて行く必要がある。
踏ん張りどころである。
9/15~9/17の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode 1』(☆☆) | トップページ | 映画 『白雪姫と鏡の女王』(☆☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/55651925

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(35):

« 映画 『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode 1』(☆☆) | トップページ | 映画 『白雪姫と鏡の女王』(☆☆☆☆) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ