« 映画 『鍵泥棒のメソッド』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-09-22 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(36)

9/15の結果
 2勝(浦安特別、瀬戸内海特別) 5敗
  回収率 20.0%

9/16の結果
 1勝(初風特別) 1分(ローズS) 4敗
  回収率 25.5%

9/17の結果
 4勝(カンナS、松戸特別、セントライト記念、美作特別) 2敗
  回収率 304.4%
  年間回収率 95.1%()
  通算回収率 73.7%

各レースの反省

9/15中山09R 犬吠埼特別(×)
 6番人気のダークマレインが勝利。
 古馬相手は荷が重いのかな、と思ってたんですが…。
 中山コースとの相性が良さそうですね。
 距離もこのぐらいが良いんだけど、年末まで中山開催無いのがなぁ…。
 本命のラバージュは、9着に敗れる。
 大外枠が良くなかったみたいねぇ。
 馬場も速いし、大外枠ってだけで距離ロス出ちゃうものなぁ。
 今回は運が悪かったってことで、次に期待したい。
9/15中山10R 浦安特別(○)
 3番手評価の2番人気カフェシュプリームが勝利。
 1000万下では、まだちょっと足りないのかな、とも思って評価を下げていたのですが、
 クラス慣れしちゃったってことなんでしょうね。
 距離相性は良さそうなので、これからの成長力次第では交流重賞でも活躍できそうだ。
 本命のインディーズゲームは、5馬身差とはいえ2着。
 坂のある競馬場でしか実績のない馬だから、
 初めての中山でもこのぐらいは走ってくれますね。
 ただ、やっぱり1200mちょっと短かいかもなぁ。
9/15中山11R レインボーS(×)
 1番人気の対抗マルカボルトが勝利。
 休み明けとはいえ、ウチパクがうまく乗ってくれたということでしょう。
 右回りがいい馬なので、次は京都開催のOP戦辺りになるでしょう。
 本命のマコトギャラクシーは、10着に惨敗。
 これも、大外枠のせいなのかなぁ。
 でも、持ち時計以上に走ってるし、正直このぐらいが能力の限界なのかもなぁ。

9/15阪神08R 阪神ジャンプS(×)
 4番人気のテイエムハリアーが勝利。
 2頭しかいない障害重賞勝馬の1頭だからねぇ。
 本命で、もう1頭の障害重賞勝馬のデンコウオクトパスも3着だったので、
 わりと実力通り決まった印象はあるけど、
 とりあえず平場での惨敗は度外視すべきだったなぁ。
 デンコウオクトパスは、競り負けたところを見ると、実力負けっぽいなぁ。
 障害ではテイエムハリアーの方が一枚上手ということか。
 トウショウデザイア(対抗、11着)は行ってナンボなのに、
 相手が悪いと見て控えたのが敗因か。
 コウエイキングは、最終障害の飛越に失敗して競走中止。
 ジョッキーさんは落馬して大けがだったようですが、馬の方はとりあえず無事。
 スタミナがもたなかったのかもなぁ。
9/15阪神09R 甲武特別(×)
 10番人気のプロフェッサーが勝利。
 平坦馬場の方が良いのかな、と思ってたんですが…。
 でも持ち時計あったから、スピードはそこそこあるんだろうね。
 京都では、さらに期待できるかも。
 本命のククイナッツレイは、5着止まり。
 勝ちに行って先にガス欠になっちゃった感じみたいだね。
 それでも着差はそんなに無いから、力はあるはず。京都での出走に期待したい。
9/15阪神10R 瀬戸内海特別(○)
 6番人気のシャイニーホークが勝利。
 半年以上の休み明けだったので、ちょっと買いにくかったねぇ。
 しかし、3歳時とはいえOP2着の実績(2011年クロッカスS)があるので、
 そこそこ以上に力はありそう。次は…、まぁ相手次第かな。
 本命のノーブルジュエリーは、惜しくもハナ差の2着。
 1600万下でもOP(2011年エルフィンS)でも2着できる力がある
 (逆に言えば勝ち切れない)馬なので、今後もこういう競馬が続くっぽいなぁ。
 まぁ、安定感があると好意的に解釈しておくとしよう。
9/15阪神11R エニフS(×)
 5番人気の対抗マルカフリートが勝利。
 鞍上にやや不安があったので本命にはしなかったのですが、
 交流重賞も勝ってるし、地力が単純に高かったということでしょう。
 南部杯にも登録してるし、今後の活躍にも期待だ。
 本命のワールドワイドは、3着止まり。
 インペリアルマーチがリフレッシュして帰って来ちゃったのがなぁ…。
 福永騎手にもうまく乗られちゃったかな。
 1つ叩いたから、次も期待したい馬ではある。

9/16中山09R 白井特別(×)
 7番人気のチェリーメドゥーサが勝利。
 古馬相手は厳しいと思ったんだけどなぁ…。
 2着にもジョングルール(対抗)が入ってるように、
 中山実績のある馬向きのレースになったようだね。
 本命のシゲルササグリは、6着に敗れる。
 持ち時計が無いのに、この高速馬場は荷が重かったかなぁ。
 関西に戻って、京都開催に期待したいが…。
9/16中山10R 初風特別(○)
 3番手評価の3番人気ルリニガナが勝利。
 坂のある競馬場では勝ち切れないところがあったのでこの評価だったんだが、
 今回は積極的な競馬が功を奏したようですね。
 距離はこのぐらいが向いているようだし、
 北海道シリーズの間にパワーアップしてきたようで、次も期待できるかも。
 本命のロードディアントは、3着をキープ。
 初めての距離だったが、高速馬場にも対応できたので、
 今後もこの距離でやっていける目処はついたことだろう。次も期待したい。
9/16中山11R ラジオ日本賞(×)
 2番人気の対抗グランドシチーが勝利。
 エルムSで、あのメンバーを相手に3着に突っ込んだのは
 伊達ではなかったということだろう。
 距離実績的にも中央場所向けなので、秋競馬ではもう少し上を目指せるかもしれない。
 しかし、2着に6番人気のパワーストラグルが入ってしまい、
 馬連(8頭立てなので枠連の発売は無し)ゲットはならず。
 前2頭の競り合いに、割り込める馬がいなかったものなぁ…。
 本命のスマートタイタンは、5着に敗れる。
 休み明けで、狭いゲートを嫌ったところがあるみたいですね。
 レース前にある意味終わってたということか。
 地力はある馬だと思うので、1つ叩いた次はさらに期待したい馬ではある。

9/16阪神08R 野路菊S(×)
 3番手評価の2番人気ラブリーデイが勝利。
 でも、2着に芝実績のない4番人気のサンマルホームが入り、
 馬連(6頭立てなので枠連の発売は無し)ゲットはならず。
 ラブリーデイは、小回りよりも中央場所の大きいコーナーの方が向くのかもね。
 本命のタガノエンブレムは、3着止まり。
 おおむね持ち時計通りに走ってるので、
 フジノストロング以外は初体験の競馬場で、
 各馬の新しい面が出てきたということだろう。だから、2歳戦は難しいんだけどねぇ。
9/16阪神10R 新涼特別(×)
 1番人気の対抗トラバントが勝利。
 休み明けだったので、ちょっと評価を下げていたんですが、
 1000万下で勝てている馬なので、地力上位だったということだろう。
 鞍上もうまく乗ってくれたようだし、
 ウチパクが今後も騎乗なら1600万下でも戦えるんじゃなかろうか。
 本命のモエレデフィニットは、6着に敗れる。
 持ち時計的にはそこそこ頑張ってはいるが、
 平坦馬場の方が向きそうだなぁ。京都開催では期待したい。
9/16阪神11R ローズS(△)
 勝ったのは1番人気の対抗ジェンティルドンナ。
 2着に2番人気の本命ヴィルシーナ。
 結果的には枠連とかを買うレースではなかったね。
 両方とも体重が増えていたが、
 ジェンティルドンナはこれでも新馬戦より少ないぐらい。
 対するヴィルシーナは確実に太いので、
 絞れるかその分の成長を見せれば、
 むしろ本番では逆転まで充分あるのではと見ている。

9/17中山09R カンナS(◎)
 3番手評価の1番人気ヴァンフレーシュが勝利。
 2着に4番手評価の11番人気シーブリーズライフが入ってくれて、
 枠連3680円ゲット(馬連なら7180円だったけどね)。
 勝ったヴァンフレーシュは、前走と打って変わって逃げ切り勝ち。
 なかなか器用な馬のようですな。
 とりあえず、1600mぐらいまで走れれば今後の展望も明るそうだ。
 シーブリーズライフは、自分の競馬に徹したのが良かったんじゃないかな、と思うね。
 時計勝負も経験したので、今後も期待できそうだ。
 本命のクリスタルカイザーは、11着と惨敗。
 なんでこんなに体重減っちゃったかねぇ。その辺に敗因があると思うだがねぇ。
9/17中山10R 松戸特別(○)
 4番人気の本命レックスパレードが勝利。
 着順はともかく、着差的には惜しい競馬が続いていたので、
 ようやく順番が回ってきたということだろう。
 ハンデキャッパーも力を認めていた馬だし、
 坂のある競馬場の方が相性が良さそうなのだが、
 左回りでは詰めの甘いところがあるので、次はちょっとどうかなぁ。
9/17中山11R セントライト記念(●)
 1番人気の対抗フェノーメノが勝利。
 中山(というか右回り)はイマイチなのかなとも思って対抗止まりだったのですが、
 さすがダービー2着馬ということでしょう。
 ただ、遠征競馬をしたことが無いので、本番ではどうなんだろうかねぇ。
 平坦馬場も初めて(てゆーか、東京と中山しか走ったことない)だしなぁ。
 2着に本命のベストディールと同じ枠のスカイディグニティが入り、
 枠連でゲット。あいかわらず、いやらしく拾いますなぁ、ワシ。
 スカイディグニティも、坂がある方が良さげな馬だから、本番はどうだろうねぇ。
 その本命ベストディールは、11着に惨敗。
 まぁ、半年以上の休み明けだから仕方ないだろうねぇ
 (取れてるから余裕こいてるね、ワシ)。
 とりあえずは、変わり身に期待したい。

9/17阪神09R 箕面特別(×)
 6番人気のヴァリアシオンが勝利。
 ようやく適正体重まで落ちたってことだと思うんですけど、
 そもそも成績が極端なので今後も当てにしにくい馬ではあるね。
 本命のカレンディムーンは、8着に敗れる。
 鞍上と合わないのかなぁ、これで4戦4着外だし…。
 松山騎手が乗った時は、少し割り引いた方が良いのかなぁ。
9/17阪神10R 美作特別(○)
 1番人気のレインフォールが勝利。
 昇級初戦ということで、やや評価を落としてたんですがねぇ…。
 ゆきやなぎ賞が距離的に長かっただけなのかなぁ。
 父方を見れば、2000m以下の方が合ってそうではあるよね。
 勢いはあるので、次も相手次第ということにしておこう。
 本命のマイネオーチャードは、惜しくもクビ差の2着。
 レインフォールに気持ち良く行かれ過ぎたね。
 この距離は合うみたいなので、次もこの距離なら続けて期待したい。
9/17阪神11R 仲秋S(×)
 2番人気の対抗カネトシディオスが勝利。
 微妙に短いかな、とも思ったんですが、
 昇級戦とはいえ1度は2着(2011年被災地支援みらい賞)しているので、
 実力上位だったということでしょう。
 ただ、OPクラスはどうなんだろうかねぇ…。
 平坦馬場の方が実績はあるので京都開催に期待したくはあるが…。
 本命のイチオクノホシは、4着止まり。
 夏を越して克服できたと思って推してみたんだけどなぁ…。
 やっぱり阪神コースがあまり得意ではないようですね。
 この馬も京都開催では期待したいが…。

今週も、終わってみれば中山でほとんど回収してしまったなぁ。
まぁ、カンナSは完全に想定外だったし、
セントライト記念もラッキーだったからねぇ
(まぁ、僥倖込みでの枠連チョイスではあるんですが)。
9/15の時点で通算投資金額が100万円を突破する一方、
今週のプラス収支で今年のマイナスが5000円強まで圧縮。
年間プラスが再び見えてきた。
中山開催がある間に、一瞬でも年間プラスに持って…、行けないかぁ。
9/22、9/23の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

« 映画 『鍵泥棒のメソッド』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-09-22 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/55710726

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(36):

« 映画 『鍵泥棒のメソッド』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2012-09-22 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ