« 映画 『プンサンケ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ロック・オブ・エイジズ』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(37)

9/22の結果
 5勝(行川特別、九十九里特別、ききょうS、夕月特別、大阪スポーツ杯) 1敗
  回収率 169.1%

9/23の結果
 2勝(外房特別、ムーンライトハンデキャップ) 4敗
  回収率 20.8%
  年間回収率 94.9%(→)
  通算回収率 73.7%

各レースの反省

9/22中山09R 行川特別(○)
 3番手評価の1番人気サクセスパシュートが勝利。
 休み明けだったのでちょっと評価落としてたんだけどねぇ。
 中山での連対実績もあるけど、1000万下でも連対してるぐらいだから、
 単純に実力上位だったってことだね。
 二走ボケの懸念がなくもないが、上がり目込みで次走は連勝機と見る。
 本命のディサイファは、2着止まり。
 休み明けでもないのになんでこんなに太ったし。
 デビューから7カ月で40㎏も太っちゃってねぇ。
 その分パワーアップしてれば、もっと出世が早いんだろうけどねぇ。
 次も、いちおうその辺を期待してみたい。
9/22中山10R 九十九里特別(◎)
 1番人気の対抗フェデラルホール(数値上は本命)が勝利。
 2着に本命のタイセイグルーヴィ、
 3着に4番手評価のスペースアークが入り、予想的にはほぼ完璧な内容
 (3連単でも2720円だけど)。
 フェデラルホールに関しては、安定感はそりゃ買うけど、
 坂有コースで良績無かったし休み明けだったので対抗に落としたんだけどねぇ。
 休んだ間に腰回りをパンプアップしてきたのかねぇ。
 3連勝と勢いが出てきたので、次も…、どうかねぇ…。
 タイセイグルーヴィは、やっぱりパワータイプみたいね。
 左回りの方が良績あるみたいなので、東京開催でさらに期待だ。
 スペースアークは、中山コースでは厳しいと思ってたんだけど、
 リフレッシュ効果に期待してたんだよねぇ。
 東京の方が合うような気はするので、次の東京開催に出走してきたら期待だ。
9/22中山11R ながつきS(×)
 5番人気のプレファシオが勝利。
 近5走で評価できるのがKBC杯(クビ差の2着)ぐらいだったので、
 1600万下では実力不足なのかな、と思ってたんですが…。
 本命のドレミファドンは、5着止まり。
 内枠の差し追い馬にありがちの、包まれて出口なし状態になっての負け。
 休み明けでもあったし、まだレース勘が戻りきってなかったのかねぇ。
 左回りの方がより良さそうなので、次も期待したいが…。

9/22阪神09R ききょうS(○)
 3番手評価の5番人気プリンセスジャックが勝利。
 ゴールデンジャックの娘であり、サイドワインダーの半妹。
 母親としてもそこそこ頑張ってる馬ではあるよね。
 新馬勝ちしていることもあって、
 今回は3着に入ってくれた対抗のドリームマークスともども注目してたんだけど、
 今回はワイドで買って大正解でした。
 血統的には、2400mはともかく2000mぐらいまでは充分通用しそうなので、
 桜花賞に向けて要注目の1頭かな。
 本命のワキノブレイブは、8着に敗れる。
 今回は、ちょっと思い切りの良過ぎる競馬をしてしまったかな。
 外枠だったんだし、前走ぐらいの位置取りで良かったんじゃなかろうか。
9/22阪神10R 夕月特別(○)
 1番人気の対抗ハワイアンウインドが勝利。
 本命のアナスタシアブルーともども昇級戦だったし、
 評価的にも互角だったんですが、
 アナスタシアブルーは2歳時とはいえOPで惜しい競馬もしていたので、
 そっちを本命にしてたんですが…。
 初めての坂有コースも難なくこなし、成長期に入ったと言えるんじゃなかろうか。
 次も相手次第では期待できるかも。
 そのアナスタシアブルーは、ハナ差の2着。
 ハワイアンウインドがアナスタシアブルーをマークしていたようで、
 そういう意味で言えば向こうにうまく乗られてしまったということだろう。
 力負けではないようなので、
 次も秋華賞でなければ(ハワイアンウインドもそうだけど)期待できそうだ。
9/22阪神11R 大阪スポーツ杯(◎)
 3番手評価の2番人気ガンジスが勝利。
 3歳限定の芝戦とはいえ、OP勝ちのある馬だからねぇ。
 スピードの絶対値はけっこうあるってことだろうね。
 次走もダート戦(補欠とはいえ南部杯にも登録がある)のようだし、
 今回の勝利でダート戦に自信を深めたようでもあるので、次も期待したい。
 本命のアルゴリズムが、2着。
 4番手評価のナムラジュエルが3着に入り、予想的にはほぼ完璧な内容。
 アルゴリズムは、休み明けとはいえOP2着の実績もあるし、
 1つ叩いた次も当然期待。
 ナムラジュエルも、このクラスで戦えるところを示してきたので、
 使われ続けている疲れが出て来なければ次も期待できそうだ。

9/23中山09R 外房特別(○)
 6番人気のラロメリアが勝利。
 前走の内容は確かに悪くないけど、
 今回は1ハロン短いかなと思って軽視してたんですけどねぇ。
 血統を見てもわかるように、ダートでも戦えるパワーを持った馬で、
 しかも安定感があるので、次も期待できそうだ。
 本命のレイカーラは、クビ差の2着。
 体重減自体はそんなに問題なさそうにも見えるんだが、
 今回は馬自体のキャリアの浅さが出てしまったかも知れないですね。
 力負けではなく、渋った馬場での切れ味の差だけだと思うので、
 抽選に通って秋華賞に出走しなければ、次も当然期待だ。
9/23中山10R 市原特別(×)
 3番手評価の4番人気グレイレジェンドが勝利。
 印打った馬の中では、唯一休み明けでなかったので、
 順調に使われている強みが出たということかなぁ。
 マル地でもあるし、鞍上もダートに強い木幡騎手なので、次も期待していいかも。
 本命のセイカフォルトゥナは、なんとブービー。
 数値上の本命ダイヤノゲンセキも9着だったので、
 入れ替え自体は全く意味がなかったわけだが、
 結果的にセイカフォルトゥナは、重馬場が相当苦手だってことなんだろうね。
 今後、そういう馬場では割引が必要そうだ。
9/23中山11R オールカマー(×)
 2番人気の対抗ナカヤマナイトが勝利。
 体重的にはむしろ適体重に戻ったと見ることができるので、
 いきなりでも走れる状態だったということだろう。
 完全にパワータイプの馬だし、左回りでも実績はあるので、
 外征馬が多い今年の薄めのメンバーなら秋天でも狙って行ける、かなぁ…。
 しかし、2着にダイワファルコンが来てしまい、枠連ゲットはならず。
 この馬は、本当に中山では走るね。
 でも、2500m走れるスタミナは無さそうだし、そうなるとGⅠは厳しいかな…。
 本命のルルーシュは、4着止まり。
 本質的には左利きってことなのかなぁ、やっぱり。
 藤澤センセイは、その辺を見抜いて中山で走らせて来なかったのかもしれないね。
 まだ、この辺りの馬と戦うのは早かったのかもしれない。
 とりあえず放牧だそうで、まぁ復帰後使われ続けてたわけだから、
 この辺でひと休み入れて、またじっくり上を目指して行ってもらいたい馬だと思うね。

9/23阪神09R 甲東特別(×)
 2番人気のタイキパーシヴァルが勝利。
 休み明けだったので評価を下げてたんですが、
 体重を見る限りきっちり仕上げてきたようですね。
 この距離は強そうですし、平坦馬場も良さそうなので、
 京都開催での昇級戦でもそれなりに期待できそうだ。
 本命のニシノスタイルは、9着に敗れる。
 数値上の本命ルアーズストリートは掲示板を外していないとはいえ5着だったので、
 入れ替え自体にはあまり意味がなかったわけですが…。
 1年前の体重まで減ってしまってはなぁ…。
 なんでこんなに減ってしまったのかねぇ。
 精神的に弱い面があるのかも知れないが…。よくわかりません。
9/23阪神10R ムーンライトハンデキャップ(○)
 2番人気のアドマイヤタイシが勝利。
 前走は確かに惜しい内容だったけど、
 力勝負では詰めが甘いと思って評価を下げてたんですが…。
 結果的には叩き3走目だったので、走り頃になっていたのかな、と思います。
 ただ、OPではまだちょっと足りない気もするんですが、
 平坦な京都なら、チャンスあるのかねぇ…。
 本命のアロマティコは、クビ、ハナの3着。
 うぅん…、素直にローズSで良かったような気もするんですがねぇ…。
 ただ、今回の結果を見て秋華賞回避の可能性も充分ある
 (まだ旗色を明らかにしてないだけだけど)ので、
 そういう意味ではうまい使い方とも言えるのかなぁ。
 実際、秋華賞じゃあちょっと足りないって話も出てるし…。
9/23阪神11R 神戸新聞杯(×)
 1番人気の本命ゴールドシップが勝利。
 皐月賞馬&メンバー中ダービー最先着馬なので、
 単純に地力上位だったということでしょう。
 去年も同じ配合で菊花賞勝ってるわけだし、当然人気もしてくることだろう。
 2着に、ヒストリカルと同枠のロードアクレイムが入り、
 3着にバッサリ切ってみたマウントシャスタが入り、馬券ゲットはならず。
 枠連なら当たってたなぁ(840円だけど)。
 マウントシャスタは、多分距離的に菊花賞は厳しいんじゃないかと思うだけどなぁ…。
 ヒストリカルは、この距離でも相当厳しそうだし…。
 ミルドリームは、単純に力不足だね。
 ナムラビクターは、やっぱりダート馬ってことね。
 次回ダート戦に出走なら、今回の惨敗は度外視の方向で行きます。

なぜか2歳OPを2週連続で4ケタゲット。
そのおかげもあって、土曜日はほぼ完璧な内容でしたが、
日曜日が足を引っ張っちゃいましたね。
神戸新聞杯は、懸念がことごとく的中してしまってるので、
もう少し買い方があったような気はします。
来週からは、いよいよ秋のGⅠシーズンがスタート。
幸先よく初戦から当てて行きたいですが、どうでしょうねぇ…。
9/29、9/30の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

« 映画 『プンサンケ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ロック・オブ・エイジズ』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/55742029

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(37):

« 映画 『プンサンケ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ロック・オブ・エイジズ』(☆☆☆) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ