« 映画 『天地明察』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『死刑弁護人』(☆☆☆) »

映画 『凍える牙』(☆☆)

日本じゃあ11年も前にTVサイズ認定されている、
1996年の直木賞作品を韓国で映画化。
ちなみにワシは、
2010年のテレ朝版はうっすら覚えてる程度で、
原作も未読です。
キャスティングを見比べる(日本のはWikipedia調べ)と、
日本版では原作通り女性刑事
(NHK:天海祐希、テレ朝:木村佳乃)に重きが置かれているが、
今作では男性刑事(ソン・ガンホ)中心にストーリーが展開されている。
韓国的にはこの方が作りやすかったというか、
差別化を図りたかったんだろうが、
原作は女性(乃南アサ)が書いているということで、
女性目線を大事にすべき作品だと思うんだよね。
それを、もっぱら男性社会的な目線で作ってしまっているから、
日本版以上に没個性な作品に仕上がった感がある。
もちろん、今作は犬(正確にはオオカミ犬)に殺人をさせる、
という点も面白いわけだが、
多分女性刑事がある程度犬と心を通わせるっていうのが
肝だと思うんだよね。
その点も主役交代で重視されなくなっているので、
ホントどこにでもあるような刑事モノになってしまったね。
多分キャスティングありきで作ってると見たね。
もっとも、日本版もキャスティングありきなんだろうけど。
逆に、今観ないと二度と観ないであろう作品。
テレビじゃやらないだろうし、
レンタルに並んでても埋れちゃって手に取るようなこともないだろうしね。

« 映画 『天地明察』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『死刑弁護人』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『凍える牙』(☆☆):

« 映画 『天地明察』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『死刑弁護人』(☆☆☆) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ