« 映画 『死刑弁護人』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(36) »

映画 『鍵泥棒のメソッド』(☆☆☆)

濃口のキャラクターを揃えた舞台演劇っぽい雰囲気の映画。
スクリーンサイズのことをやってるわけではないが、
かと言ってテレビでやって数字になりそうな感じもしない。
で、すごく面白いかって言うとそうでもなくて、
かと言って退屈な映画なわけでもない。
堺雅人も、こういううだつの上がらない感じがあってるし、
香川照之がイチから演技の勉強やってる
(それ自体演技なんだが)光景もなんか新鮮だし、
仕掛けの組み方とかも確かに良い感じ。
落としどころも、
多分アレしかないところにほぼ収まってるとは思うんだが、
どうしても素直に評価してやれないんだよなぁ…。
多分、広末涼子演じる香苗が
個人的に「なんかムカつく」からなんじゃないかなぁ…。
多分、付き合ったら相当めんどくさい女性だと思うんだよ、
あの香苗って女は…。

評価保留的な意味で☆3つとさせていただく。

« 映画 『死刑弁護人』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(36) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『鍵泥棒のメソッド』(☆☆☆):

« 映画 『死刑弁護人』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(36) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ