« 映画 『アウトレイジ ビヨンド』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『推理作家ポー 最期の5日間』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(39)

10/6の結果
 2勝(清滝特別、愛宕特別) 4敗
  回収率 95.0%

 

10/7の結果
 2勝(円山特別、大原S) 4敗
  回収率 29.0%

 

10/8の結果
 1勝(山中湖特別) 5敗 
  回収率 9.3%
  年間回収率 93.6%()
  通算回収率 73.7%

 

各レースの反省

10/6東京09R サフラン賞(×)
 3番手評価の5番人気タガノミューチャンが勝利。
 わざわざ輸送してきたってことは、それだけ自信があったということなのかねぇ。
 本命のシーブリーズライフは、7着に敗れる。
 外枠を引いたせいもあるかもしれないが、切れ味がそれほど鋭くなさそうなので、
 もっと前めで競馬しないと厳しいかなぁ。
10/6東京10R 多摩川特別(×)
 1番人気のマスクトヒーローが勝利。
 昇級初戦だったので軽視してたんだが、初めての左回りにもしっかり対応してきたね。
 今回は枠順にも恵まれたかな。この勢いは侮れないね。
 本命のフィアレスは。5着止まり。
 持ち時計も伸ばしてきているし、悪くない競馬ではあるが、
 もうちょっとクラス慣れが必要かな。
 数値上の本命、メイプルダイキチなんか、なんとブービー。
 中央競馬では、やはり力不足かな。
10/6東京11R オクトーバーS(×)
 3番手評価の1番人気ムスカテールが勝利。
 サフラン賞に続いて、ウチパクの勝利。
 前走も、斤量の利があるとはいえ惜しい競馬だったし、地力上位ということね。
 アルゼンチン共和国杯辺りを狙って行くのかな?
 本命のマナクーラは、8着に敗れる。
 自分より前にいる馬に、自分より良い末脚使われたら、まあ勝てないわなぁ。
 年齢も年齢だし、これ以上を望むのは少々酷かも知れないなぁ。

10/6京都09R 清滝特別(○)
 3番人気の対抗サクラアルディートが勝利。
 休み明けだったのでこの評価だったのだが、
 今回は幸騎手にうまく乗られちゃったかな。
 勢いもあるし、上がり目も期待できるし、安定感もあるので、次走も注目だ。
 本命のカレンミロティックは、惜しくも2着。
 やはり、京都コースとはあまり相性がよろしくない様子。
 でも、全くダメというわけではないということが分かっただけいいかも。
 こっちも昇級初戦だったことを考えれば上出来と言えなくもないので、
 次もそれなりに期待だ。
10/6京都10R 愛宕特別(◎)
 今週唯一の会心レース。
 6番人気の本命ショウナンマオが勝利。
 単勝なら2070円だったわけだが、そこは複勝なので650円止まり
 (複勝で650円ならけっこうな収入なわけだが)。
 この馬、この距離との相性はかなり良好(この勝利で3-0-0-0)。
 乗れてる浜中騎手と手が合ってるのも好印象。
 順調に行けば、交流重賞のクイーン賞辺りなんか狙えるんじゃなかろうか。
 距離相性もいいし、牝馬限定戦なのも良いよね。
10/6京都11R デイリー杯2歳S(×)
 6番人気のテイエムイナズマが勝利。
 人気こそ無かったが、いちおう芝1600mでの持ち時計トップ。
 コンマ2秒とはいえ、今回も時計を伸ばしてきており、仕上がりの早さをうかがわせる。
 血統は良さげ(ディープの全兄にダンチヒの肌)なので、
 朝日杯フューチュリティSまで見通せる馬かも。
 本命のマイネルエテルネルは3着。
 対抗のクラウンレガーロが2着に入ってたので、ワイドなら的中。
 人気順を考えたら、この組み合わせで540円なら悪くなかったなぁ。
 この2頭も重賞で連対するぐらいだし、
 スピード能力ではそう劣らないということだろう。
 ただ、こっちの2頭は坂の適否がわからんからなぁ…。

10/7東京09R 六社特別(×)
 5着まで人気順で決着なのに、
 なんで本命を4番人気のディープフィールドにしちゃったかなぁ。
 勝ったサトノギャラントは、休み明けだったし、
 前走負け過ぎだったから軽視してたんだけどなぁ。
 持ち時計を2秒も更新したし、前走の敗因は単に距離長過ぎただけっぽいね。
 距離適性は、母親似って感じなのかねぇ。
 来年の安田記念に向けて、また面白い1頭が登場か。
 ディープフィールドは、平坦じゃないと用無しっぽいなぁ。
10/7東京10R テレビ静岡賞(×)
 3番手評価の4番人気トキノフウジンが勝利。
 なんか、休み明けの馬がやったら来るなぁ。
 もっとも、左回りは得意な馬だし、前走も惜しい内容だったからねぇ。
 東京開催の平OPぐらいなら、いきなりでも勝負になるかも。
 本命のアルゴリズムは、4着止まり。
 やっぱり、左回りは苦手のようだ。京都に帰って出直して来な。
10/7東京11R 毎日王冠(×)
 3番手評価の1番人気カレンブラックヒルの勝利はともかく、
 2着も3歳馬のジャスタウェイ(しかも12番人気)とか…。
 そんなに今年の3歳世代は強いんですかねぇ…。
 カレンブラックヒルは、この勢いなら2000mもこなしてしまいそうな気配だなぁ。
 本命のストロングリターンは、7着に敗れる。
 距離実績あるといっても、1600万下の時のだからなぁ…。
 むしろ、その時よく頑張ったということか。
 本質的にはマイラーということなのだろう。
 マイルチャンピオンシップでは、むしろ馬券的にうまみが出てくるかも。

10/7京都09R 円山特別(○)
 5番人気のアドマイヤサガスが勝利。
 休み明けの上にダート実績無いわ、近走実績もダメだわで、
 むしろ5番人気が信じられないわけだが…。
 いちおう重賞2着の実績があるので、地力上位と言えなくはないが…。
 1600万下2着の実績もあるし、次も期待できるかな…。
 本命のウォータールルドは、惜しくもハナ差の2着。
 休み明けとはいえ、きっちり仕上げてきており、好調持続ということだろう。
 次も当然期待だ。
10/7京都10R 大原S(○)
 1番人気の本命オーシャンブルーが勝利。
 成績こそ極端ではあるが、平坦でこそ強みが光る馬。
 持ち時計も伸ばしてきており好調なようなので、
 同じぐらいの距離の平OPぐらいなら狙って行けるかも。
10/7京都11R オパールS(×)
 1番人気の対抗テイエムオオタカが勝利。
 前走も惜しい内容だったし、今回の勝利でOPも勝ち切ったことだし、
 来年の高松宮記念に向けてさらに賞金を加算していきたいところだろう。
 本命のシュプリームギフトは、6着に敗れる。
 北海道シリーズで使い詰めてたのが、ココに来て堪えてきたのかねぇ。
 その上、まだ使うみたいなんだよね。次は割引が必要かも。

10/8東京09R 山中湖特別(○)
 1番人気の本命パストフォリアが勝利。
 昇級初戦とはいえ持ち時計が優秀だった(それほど時計勝負になってないが)し、
 近5走で全て掲示板を外してないっていう安定感もあったからねぇ。
 ただ、牝馬限定戦での連勝だけに、牡馬相手にした時の不安がついて回るね。
10/8東京10R 本栖湖特別(×)
 7番人気のマイネルマークが勝利。
 相手なりに走れそうな馬ではあるが、休み明けだったので軽視してたんだよね。
 でも、未勝利勝ちした時より体重少なくなっちゃって、
 いくらなんでも仕上げ過ぎじゃね?
 本命のセイクリッドロードは、5着止まり。
 そう大敗してるわけではないんだが、今回のメンバー相手にはやや切れ味不足。
 まぁ、こっちも昇級初戦だったので、とりあえずはクラス慣れしてからって感じかな。
10/8東京11R ペルセウスS(×)
 2番人気のガンジスが勝利。
 左回りに良績が無かったので、今回は控えめにしか評価してなかったんだけど、
 距離相性が相当良いみたいだね。
 当面の課題は、ダートのマイル戦に対応できるかどうかだが、
 この馬関西馬なのでまたぞろ遠征して来なければいけないわけで、
 陣営もそこまでして来ないよなぁ、多分…。
 本命のマルカフリートは、5着止まり。
 今回で2走目なので即断は難しいが、ひょっとすると左回りがダメなのかも。
 もともと、坂のある競馬場では成績が極端な馬だから、
 今回はダメな時だっただけかも知れないが…。

10/8京都09R 久多特別(×)
 6番人気のウエストエンドが勝利。
 パワータイプの馬だと思って軽視してたんだが、
 再昇級初戦の前走(しかも格上挑戦だし)も惜しい内容だったので、
 着実に成長していたということなんだろうね。
 今回の勝ち時計も条件戦なら悪くないし、
 既に1600mで惜しい競馬をしているのでいきなりでも通用しそうだ。
 本命のアルマリンピアは、6着に敗れる。
 やっぱり、生粋のスプリンターなのかねぇ。
 平坦馬場自体は向くので、芝1200mでの出走なら次も期待できそうだが…。
10/8京都10R 平城京S(×)
 6番人気のバトルドンジョンが勝利。
 昇級初戦だったし、前走勝ち以前が良くなかったので軽視してたんだが…。
 ただ、この連勝の斤量がともに54㎏っていうのがねぇ…。
 ひょっとして、ハンデキャップホース?
 本命のクラシカルノヴァは、5着止まり。
 勝ち馬とコンマ2秒差で斤量差4㎏なら、内容的には勝ってるんだけど、
 そこがハンデ戦の妙味だってことだよねぇ。
 こういう馬は、定量戦に出た方が勝てそうな気はするんだけどねぇ…。
 まぁ、距離適性とかと相談しての出走だったんだろうけどね。
 力はあるので、次も当然期待だ。
10/8京都11R 京都大賞典(×)
 5番人気のメイショウカンパクが勝利。
 初めての距離だったので軽視してたんだが、
 池添騎手がうまい具合に足を溜めて鋭く追い込んできましたね。
 2着のオウケンブルースリ(4番手評価)ともども、
 平坦でこそ力を発揮できる馬なんだね。
 ただ、そうなると秋競馬向きじゃないんだよなぁ…。
 3着に対抗のギュスターヴクライが入ってたので、コレもワイドなら的中。
 オウケンブルースリが人気薄(7番人気)だったので、960円だったんだけどなぁ…。
 本命のフミノイマージンは、4着止まり。
 去年のエリザベス女王杯でも8着止まりだったし、
 2000mとそれを越える距離で明確な壁がありそうな馬だなぁ。
 かと言って、マイルチャンピオンシップも相手が厳しそうだし、
 年齢的にもそろそろ限界かなぁ。

開催替わりは、いつでも手探りです。
前開催の傾向が通用しなかったりすることも、このようによくあることです。
しかも、今週から前開催あまり良くなかった新潟開催もスタート。
 
さらには3週連続GⅠと秋競馬もいよいよ本番。
とりあえず、年間90%割れしないように頑張って行きたいです。
10/13、10/14の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=単勝1点買い OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

« 映画 『アウトレイジ ビヨンド』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『推理作家ポー 最期の5日間』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/55870633

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(39):

« 映画 『アウトレイジ ビヨンド』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『推理作家ポー 最期の5日間』(☆☆☆) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ