« 映画 『プリンセス・カイウラニ』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(41) »

映画 『キック・オーバー』(☆☆☆)

作中で「場末の盛り場」と評されていた、
町みたいな刑務所「エル・プエブリート」。
どっからこんなハチャメチャなネタ引っ張ってきたかと思ったら、
実在してた刑務所なのね。
そんなヘンタイ刑務所を舞台に、
メル・ギブソンがひと暴れしてるわけだが、
良くも悪くも見事なB級映画に仕上がっとります。
それ以上でもそれ以下でもないんだが、
いちおう「家族」をテーマにしてるようで、
メル・ギブソンがなかなか良いオヤジテイストを
醸し出しとります。
こんなネタでも、捻り出すだけマシ。
もうちょっと、舞台の面白さを使い込んで欲しかったけど、
まぁこのぐらいの軽いノリの方が、
何も考えずに楽しめるかもね。

« 映画 『プリンセス・カイウラニ』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(41) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『キック・オーバー』(☆☆☆):

« 映画 『プリンセス・カイウラニ』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(41) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ