« 映画 『コッホ先生と僕らの革命』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『プリンセス・カイウラニ』(☆☆☆) »

映画 『プレイ-獲物-』(☆☆☆)

ざっくり言っちゃうと、フランス版『逃亡者』。
でも、本家は主人公が医者で完全な冤罪であるのに対し、
今作の主人公フランク(アルベール・デュポンテル)は、
服役中の強盗犯。
ただ、たまたま同じ房にいたモレル(ステファン・デバク)が、
実は連続幼女誘拐犯で、しかもかなりの知能犯。
フランクは、自分の妻子が危険だと察し脱獄を試みるが、
当然警察がフランクを追いかけて…。

丁寧にネタ振りしてくれているので、
その辺の関係は非常にわかりやすい。
しかも、モレルの奥さんってのがまた変わり者っていうかねぇ…。
こんなヘンタイのどこに惚れたんだろうか。
フランクはフランクでなかなかたくましく、
強盗犯らしい手法でモレルにじわじわ接近して行く。
刑務所内では、フランクの隠した金を狙って
共犯者や看守までも彼に襲いかかるが、
かれはそれを逆手にとってまんまと脱獄を遂げる。
このダイハードっぷりはなかなか素晴らしいが、
やはり二番煎じ感は拭えない。
単品で観れば、そんなに悪い映画じゃないと思うんだけどねぇ…。

« 映画 『コッホ先生と僕らの革命』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『プリンセス・カイウラニ』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『プレイ-獲物-』(☆☆☆):

« 映画 『コッホ先生と僕らの革命』(☆☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『プリンセス・カイウラニ』(☆☆☆) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ