« 映画 『汚れた心』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『SAFE/セイフ』(☆☆☆) »

映画 『黒部の太陽』(☆☆☆)

「世紀の難工事」と言われた黒部第四ダム建設のうち、
地質的に特に難しかった重機搬入用トンネル掘削工事の顛末を、
石原裕次郎率いる石原プロと、
三船敏郎率いる三船プロのタッグによる
当時としては豪華キャストで、見事に再現した
スペクタクル映画作品。
CGも特撮技術もまだ未発達の1968年の作品だけあって、
出演陣が体を張ったリアルな描写も注目
(実際石原裕次郎など数人のけが人が出ている)。
ラストの慰霊碑に刻まれた殉職者の数が、
今作が今でいうリアリティ系作品とは一線を画する
重みを与えているとも言える。

ただ、それは同時代に観ていればこその感想かも知れない。
あれだけ苦労して、福島第一原発1号機より
発電容量が少ない(代わりにあと200年は使えるらしいが)なら、
原発の方が手っ取り早いとか考えちゃうわなぁ。
まして、アメちゃんが猛プッシュしてきてるんだし。
挙句に「脱ダム宣言」とか言い出す輩まで出てくるしさぁ。
電気は、どっかから湧いて出るわけじゃあない。
どこかが責任を持って作らなければならない。
また、工期至上主義で人命軽視のお偉いさん方の態度も気に食わない。
作中では黒部第三ダムでのトンネル掘削の話も出ていたが、
正直全然懲りてないっていうね…。
この辺りの話を、当時の人はどんな気持ちで観ていたんだろうか…。

« 映画 『汚れた心』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『SAFE/セイフ』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『黒部の太陽』(☆☆☆):

« 映画 『汚れた心』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『SAFE/セイフ』(☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ