« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-10-28 | トップページ | 映画 『ザ・レイド』(☆☆☆☆) »

映画 『シャドー・チェイサー』(☆☆☆)

なかなかひねりの効いた知能派アクション。
ただ、主人公のウィル(ヘンリー ・ガヴィル)が、
一般人という設定なので、
ガンアクションや格闘戦はややお粗末。
その分、カーチェイスには力が入っており、
クライマックスはなかなかの見せ所となっている
(逆に言えば、アクション的見せ場はほぼそこだけ)。
それよりも、「知能派」の部分に注目したい作品。
最近悪役もちょいちょいこなすブルース・ウィリスと、
今回はがっちり悪役のシガニー・ウィーヴァーが
(と言っても、ブルースはすぐ退場するが…)、
何事か企んでる感じで序盤から動き出すので、
確かに当初は善悪の区別がなかなかつかない。
後半は、さらにテロリストまで登場して、
シロートのウィル君はもう勢いに任せて突っ込むだけって感じ。
確かにいつもいつもジョン・マクレーンみたいな主人公だったら、
それはそれで飽きるけど、
正直ここまで流れ任せのシロートさんでは、
観てるこっちがちょっと悲しくなってしまうよ。
彼にも、もう少しひねりの効いたヒラメキとかあるところ、
見せてもらいたかったなぁ…。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-10-28 | トップページ | 映画 『ザ・レイド』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『シャドー・チェイサー』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2012-10-28 | トップページ | 映画 『ザ・レイド』(☆☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ