« 映画 『神弓 KAMIYUMI』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(39) »

映画 『アウトレイジ ビヨンド』(☆☆☆)

今回の結構えげつない描写があるけど、
それでも前回ほどじゃないよね。
今回は、どっちかっていうと抗争劇メインで、
しかもヤクザvsヤクザvs警察って感じ。
またこの警察(てゆーか片岡刑事(小日向文世))のやり口が、
ずる賢いっていうか、この怪演が光ってるよなぁ。
山王会も花菱会も、大友(ビートたけし)も、
結局うまく転がしちゃってるものなぁ
(最後にその報いを受けるわけだが)。
ある意味、ヤクザあっての警察(厳密にいえば暴対)なわけだし、
本気で潰すわけないんだよね、ホントのところ。

現実社会じゃあ、ヤクザは法律でがんじがらめにされて、
シロートの方がよっぽど恐いご時世。
おかげで、ウラ番としてのヤクザの役割まで失い、
警察もなりすまし犯相手に右往左往してる。
痛快な作品というわけではないが、
統制の取れた暴力機関であり、
警察の対抗勢力としての
ヤクザの存在感っていうものを、
改めて示してくれる作品ではある。
ヤクザも警察も、
お互いチャカ振り回してシノギに精出してるっていう意味では、
同じ(作中でもそう言ってるし)なんだよね。

« 映画 『神弓 KAMIYUMI』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(39) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『アウトレイジ ビヨンド』(☆☆☆):

« 映画 『神弓 KAMIYUMI』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(39) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ