« 映画 『その夜の侍』(☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(46) »

映画 『カラスの親指』(☆☆☆)

ヒューマンな詐欺師ものっていうのにケチをつける気はないけど、
あのラストの落とし所から考えても、
あと10分は短くできたと思うんだよねぇ。
じゃなきゃ、クライマックスの樋口(鶴見辰吾)を騙すくだりで、
もう少しキッチリ観客を騙しにこなきゃいけない。
タネのばれてる手品を漫然と見せられるのは、
はっきり言って苦痛である。
あそこだけ見れば、完全な三文芝居であり、
見ている方からするとだれてしまうんだよね。
映画としては煮詰め方が足りないが、
原作の良さは出ていると思うので、
まぁ悪い映画ではないだろう。

« 映画 『その夜の侍』(☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(46) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Those who are familiarized with his fashion fantasy know that these accessories are loaded with personality and a supernatural aura
[url=http://www.fakewatchz.com/replica-rado-watches-on-sale-cb57.html]rado replica[/url]
http://www.fakewatchz.com/replica-rado-watches-on-sale-cb57.html" title="rado replica">rado replica

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『カラスの親指』(☆☆☆):

« 映画 『その夜の侍』(☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2012-(46) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ