« 映画 『声をかくす人』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『強奪のトライアングル』(☆☆☆) »

映画 『コンシェンス/裏切りの炎』(☆☆☆)

所轄vs本庁という『踊る大捜査線』的構図かと思ったら、
本庁の刑事さんリッチー・レン)は
『アウトレイジ』の片岡(小日向文世)以上のワルなのね
(警察が押収したヤクを横流ししたり、
保身のために捜査妨害したり…)。
でも、香港映画のワルの描き方って、いっつも哀愁があるのね
(出世競争に挫折したり、
親の反対押し切って酒場女と結婚しようとしたり)。
一方、所轄の刑事さん(レオン・ライ)も、
身重の奥さんを殺されて(奥さんも正義感が強いんだ)以来、
過剰捜査(犯人を逮捕現場でボコったり、拷問みたいな取り調べしたり)で
問題児扱いされるほど荒れてるんだよね。
この主役級の人間描写の濃さが、
いわゆる「香港ノワール」の特色と言える。
『アウトレイジ ビヨンド』で片岡が死んでもちっとも悲しくないけど、
香港ノワールでは敵役の死も何か物悲しいのだ。
登場人物を絞って人間描写を深める、というのが、
香港ノワールの常套手段と見るが、
香港映画はカンフー時代からそういういい意味での
割り切りの良さというか、潔い映画作りをしていると思う。
日本映画は、総じて盛り込み過ぎて消化不良という傾向が強いので、
香港映画のこういった作り方を
少しは勉強してもらいたいと思うワシなのだが…。

« 映画 『声をかくす人』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『強奪のトライアングル』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『コンシェンス/裏切りの炎』(☆☆☆):

« 映画 『声をかくす人』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『強奪のトライアングル』(☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ