« 映画 『情熱のピアニズム』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-01-12 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(1)

1/5の結果
 2勝(中山金杯、福寿草特別) 4敗
  回収率 80.6%

1/6の結果
 5勝(寒竹賞、初富士S、初夢S、万葉S、シンザン記念) 1敗
  回収率 183.3%
  年間回収率 130.3%
  通算回収率 74.9%

各レースの反省

1/5中山09R 初日の出S(×)
 2番人気のサダムグランジュテが勝利。
 前走は確かに惜しい競馬だったけど、
 乗り替わりを懸念して評価を落としてたんですが…。
 関西馬ではあるが、中山みたいなコースが合うのかも知れないね。
 本命のエーシンハダルは、7着に敗れる。
 太ったこと自体よりは、太り方に問題があるっていうか、
 今回は輸送で減らなかったところを見ると、
 もともとは相当太ってたんじゃないかと勘繰りたくもなる。
 太りやすい時期ではあるが、もっちビッシリ追ってきちっと仕上げるべきかと…。
1/5中山10R ジュニアC(×)
 1番人気の本命マイネルホウオウが勝利。
 斤量が増えない程度(OP(2012コスモス賞)2着)に実績上位だし、
 距離実績もあったからねぇ。まぁ、順当勝ちだったと言えるだろう。
 しかし、2着に8番人気の2枠マイネルブルズアイが入り、マイネル丼完成。
 馬券ゲットはならず。
 対抗のベステゲシェンク(3着、ワイドなら410円的中)や、
 4番手評価のエスユーハリケーン(4着)がもうひと頑張りしてくれたらなぁ…。
 ベステゲシェンクは、短距離戦線のOP馬シュプリームギフトの全弟。
 短距離~マイルではこれからも期待はできそうだ。
1/5中山11R 中山金杯(○)
 3番手評価の2番人気タッチミーノットが勝利。
 休み明けだったので評価は控えめだったのだが、
 中山では(1-1-1-0)とまだ馬券圏内を外していなかったので、
 相性の良いコースなのだろうと思う。
 2着に、本命のアドマイヤタイシが入り、枠連でゲット。
 新春からなかなかのスタートを切れたね。
 こっちも連対率が高い馬だし、
 安定感のある馬が順当に入着したということだろう。
 ただ、アドマイヤタイシは、どうにも勝ち切れないねぇ…。

1/5京都09R 福寿草特別(○)
 2番人気の本命テイエムダイパワーが勝利。
 京都2歳S3着の実績が光るよね。
 このレースで勝ったエピファネイアはラジオNIKKEI杯でも勝ってるし、
 案外レベルの高いレースだったのかもしれないなぁ
 (2着のダンツアトラスの次走にも注目かな)。
 長いところが向きそうだし、エピファネイアとの再戦が今から楽しみだ。
1/5京都10R 新春S(▼)
 3番人気の対抗カイシュウコロンボが勝利。
 数値上では本命だったんだけどなぁ…。
 
 メイショウゲンブに期待し過ぎたというか、
 やっぱりルメールはやってくれるっていうか…。
 逆に言えば、ルメール以降はちょっと割り引きが必要そうだなぁ…。
 そのメイショウゲンブは、9着に敗れる。
 どうも、出遅れ癖があるようで…。こりゃ厄介な馬が増えたもんだなぁ。
1/5京都11R 京都金杯(×)
 3番手評価の2番人気ダノンシャークが勝利。
 ルメール騎手連勝とか…。初っ端から稼いで行くなぁ…。
 まぁ、前走も着順ほど負けてる内容じゃないし、
 もともと勝ち切れない系の馬だったから、
 騎手に勝たせてもらった面は小さくないと思うんだよね。
 安田記念に何かきっかけをつかんでいれば、あるいは…。
 しかし、2着に7番人気の2枠トライアンフマーチが入り、馬券ゲットはならず。
 休み明けを叩いた効果が出たってことかな。
 母親もこのレース勝ってるし、親譲りの相性の良さかな。
 本命のサウンドオブハートは、4着止まり。
 前走も新馬戦時と同じ馬体重だっただけに、
 それ以下になった今回は少々細かったのかもしれないなぁ。
 輸送の影響を受けやすい馬と見るが、どうだろうか。

1/6中山09R 寒竹賞(○)
 1番人気の本命マンボネフューが勝利。
 500万下で連対してる馬が、メンバー中2頭(もう1頭はピュアソルジャー)だったから、
 単純に実績上位だったということだろう。
 また、中山コースとも相性が良いということなのかも知れない。
 皐月賞に向けて、少し期待が膨らむかな。
1/6中山10R 初富士S(○)
 1番人気の本命ステラロッサが勝利。
 休み明けをちょっと不安視してたんだけど、距離相性自体は絶好だったので、
 複勝なら問題なかろうとは思ってたんですが、勝ち切ってしまいましたね。
 降級前はOP2着(2012メイS)の実績もあるし、
 とりあえず平OPならいきなりでもチャンスはありそうだね。
1/6中山11R ジャニュアリーS(×)
 13番人気のキョウエイカルラが勝利。
 いくら斤量軽いからと言っても、OPじゃあカベがあると思ってたんですが…。
 距離実績とかを見ても、勝つか着外っていう当てにしにくい馬なので、
 今後も悩まされる馬になりそうな気がするなぁ。
 ただ、この馬は3番手評価のシセイオウジと同枠だったので
 ノーチャンスではなかったのだが、
 2着に7枠のケイアイテンジンが入り、結局馬券ゲットならず。
 本命のマルカベンチャーは、なんとビリ。
 遠征競馬実績があまり良くはないようだが、今回はさすが負け過ぎ。
 さすがに年齢的なものがあるのかなぁ、とも疑ってみたくなるが…。
 結局のところ、よくわかりません。

1/6京都09R 初夢S(○)
 4番人気のタカオノボルが勝利。
 京都コースとはあまり相性良くないと思ってたんですが、
 ココにもルメールの名前が…。もうええわ。
 いや、調子が上向きだったんだ。そうに違いない。勢いは侮れないものがある、はず…。
 本命のハリケーンは、3着をキープ。
 前が止まってくれなかったのか、押さえこみ過ぎたのか…。
 まぁ、昇級初戦にしてはよくやってくれた方だと思うよ。次も期待だ。
1/6京都10R 万葉S(○)
 1番人気の本命デスペラードが1着、
 3番手評価の2番人気タニノエポレットが2着に入り、枠連ゲット。
 デスペラードは、やはり前走の内容が良かったってことだと思うね。
 ただ、もともと中距離で勝ち鞍を挙げてきた馬なので、
 この距離が絶対、というわけではないと思う。
 京都の水が合うようなので、
 相手はかなり強くなりそうだが京都記念という考えもあるが、どうだろうか。
 タニノエポレットは、自己条件に戻ったらすぐにでも勝ちそうなぐらい、
 調子は良さそうだね。
1/6京都11R シンザン記念(○)
 1番人気の対抗エーシントップが勝利。
 既に重賞を勝っているために斤量が増えたため対抗評価だったのだが、
 今回は1枠を利して逃げられたのも良かったのかもしれない。
 距離は、どこまで大丈夫なのかねぇ。
 2着に3番手評価の9番人気ヘミングウェイが入り、枠連でゲット。馬連な(ry。
 こっちは、もう少し長くても行けそうな血統だし、
 ココで本賞金を加算できたのは陣営にとっては嬉しいことだろう。
 本命のレッドアリオンは、5着止まり。
 力はあるのだろうが、精神的にまだまだコドモっぽいんだろうね。
 父系はともかく、母系はまだ成長力を期待できそうな血統なので、
 じっくり使って行ってもらいたい馬だと思う。

新春Sの取りこぼしは痛かったが(シンザン記念のことは振り返らない)、
特に日曜日は完璧に近い内容で、
幸先のいいスタートを切ることができた。
この好調を維持できれば、目標達成もそう難しくはないはずだが…。
1/12、1/13、1/14の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『情熱のピアニズム』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-01-12 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/56498802

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(1):

« 映画 『情熱のピアニズム』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-01-12 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ