« 映画 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-02-02 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(4)

1/26の結果
 3勝(白富士S、乙訓特別、伊勢特別) 6敗
  回収率 52.3%

 

1/27の結果
 4勝(稲荷特別、西尾特別、三河S、知立特別) 1分(根岸S) 4敗
  回収率 69.4%
  年間回収率 77.9%
  通算回収率 74.7%

 

各レースの反省

1/26東京09R 調布特別(×)
 3番人気のヴェルデグリーンが勝利。
 昇級戦だったので軽視してたんですがねぇ…。
 時計勝負にならなかったので、
 この馬でも充分戦える状況になったということだと思うんですが、
 馬柱だけ見ると、なんでこんなに人気になってるのかわからんです。
 本命のエメラルスピードは、7着に敗れる。
 もしかすると、ちょっと長かったかも知れませんねぇ。
 デュランダルの血が濃いのかも…。
1/26東京10R クロッカスS(×)
 5番人気のシーブリーズライフが勝利。
 2歳時の東京での2戦がともに悪かったし、いい加減見限ってたんですがねぇ…。
 牡馬と走った方が力を出すタイプなんでしょうか。よくわかりません。
 本命のティーハーフは、3着まで。
 力はあるけど、もしかしたら1400mでも若干長いのかも…。
1/26東京11R 白富士S(◎)
 3番人気の対抗アンコイルドが1着、
 2番人気の本命ステラロッサが2着、
 3番手評価の1番人気ムーンリットレイクが3着と、予想的にはほぼ完璧な内容。
 と言っても、ほぼ人気順だし、9頭立てだし、3連複260円だし…。
 本命、対抗とも昇級戦だったが、
 この距離での実績面ではアンコイルドの方が1枚上手だったってことだね。
 ステラロッサは、マイルの方ってどうなんだろうねぇ。
 アンコイルドの方は、これからの一線級との争い次第では
 秋天も現実的になってくるかも。
 ムーンリットレイクは、1叩きした次走でも改めて期待だ。

1/26京都09R 梅花賞(×)
 2番人気の対抗レッドルーラーが勝利。
 前走も着順ほど負けてる内容じゃないからねぇ。
 ただ、このレースに関しては、1戦1勝のエーシンハクリューを信用し過ぎたのが敗因。
 精神的にまだまだコドモみたいだし(パドックから入れ込みまくってたらしい)、
 そういう馬にこういう距離を走らせるの酷だったかもねぇ。
 気性面を何とかするか、もう少し短い距離で様子を見てみた方が良さそう。
1/26京都10R 乙訓特別(○)
 11番人気のフラムドールが勝利。
 休み明けだったし、1000万下にはカベがあると思ってたんですが…。
 増減なしとビッシリ追ってきたのが良かったってことですかねぇ。
 年齢的には上がり目を望むのは酷でがあるが、
 フレンチデピュティの産駒はよくわからんところがあるからなぁ…。
 本命のグレナディーンは、2着を確保。
 惜しい競馬が続いているが、コッチも年齢的には厳しいかな。
1/26京都11R 雅S(×)
 2番人気の対抗マルカプレジオが勝利。
 対する本命のハリケーンは4着止まり。
 前走の初夢Sではマルカプレジオの方が前で競馬して負けたので、
 福永騎手がうまく修正してきたと見るべきか、
 岩田騎手が人気を背負ったせいで消極的になったのか、
 本当のところは良くわからないが、実力差はそんなにないと思うねぇ。
 どっちも、年齢の割にはキャリアが浅いし、まだ上がり目も期待できそう。
 ただ、馬券的にはハリケーンにもうひと頑張りしてほしかったなぁ、
 クビ差なんだし…。

1/26中京10R はこべら賞(×)
 3番人気の対抗ティズトレメンダスが勝利。
 左回りが初めてだったのでちょっと評価を落としてたんだけど、
 むしろ合ってるのかも知れないですね。
 どのぐらいまで距離がもつかわかりませんが、
 当面の目標はおそらくユニコーンS辺りでしょう。
 同じ左回りだし、期待できるかも。
 本命のミヤジエルビスは、4着止まり。
 積極策が結果的に裏目に出た感じですかねぇ。
 ティズトレメンダスと競り合いになってしまったのも厳しかったかも。
 普段通りの競馬をしていれば、結果は違ってたかもねぇ、結果論に過ぎないけど。
1/26中京11R 伊勢特別(○)
 1番人気の本命ライジングサンが勝利。
 ライジングサンとワイルドフラッパー(対抗、12着)が互角の評価だったんですが、
 当日の朝に馬場状態確認して本命に推したのが良かったです
 (結果的には良馬場に回復してたけど)。
 やっぱりダート馬ってことでしょうから、
 名古屋日刊スポーツ杯の結果は度外視って考え方でも良かったんでしょうね。
 ダートでは、まだ馬券圏内を外したことのない馬だけに、
 今後もダートでは期待大である。
 一方のワイルドフラッパー。
 今回は8枠両頭にかぶされて逃げられなかったのが敗因の様子。
 揉まれ弱い馬のようなので、今後も極端な競馬が続きそうだ。
1/26中京12R 庄内川特別(×)
 7番人気のエクスクライムが勝利。
 芝はダメだと思ってたんですけどねぇ…。
 とはいえ、ここ2戦は着順ほど負けてなかったのも事実。
 やはり、馬の力を見るには着順より着差重視というところは、
 ワシもわかってたつもりなんだがなぁ…。
 母父フレンチデピュティかぁ…。ノーザンダンサー系は奥が深い。
 本命のスナイプビッドは、4着止まり。
 今回の方がベスト体重に近いとは思うんだが、
 単にレース勘が鈍ってたのか、減り方に問題があるのか…。
 一応、次走も見限れないとは思っているが…。

1/27東京09R 大島特別(×)
 11番人気のスズカヴィグラスが勝利。
 休み明けだし、1000万下にはカベがあると思ってたんですが…。
 今回はハンデキャップの助けがあったとはいえ、
 22㎏増分は、成長分がかなり多めなのかも知れないですねぇ。
 血統的に見ても、ゴリゴリのダート血統。これからの飛躍には要注目であろう。
 本命のタイセイスティングは、7着に敗れる。
 今回は対抗のケイアイアポロン(2着)も、
 3番手のシュガーヒル(11着)も同等評価だったので、
 ケイアイアポロンの距離実績をもっと評価しておけば、
 馬券的にはなんとかなった(複勝330円はかなりおいしい)のになぁ…。
 タイセイスティングは、前走も2着とはいえコンマ7秒差。
 調子落ちしてきてるのかも知れないなぁ…。
1/27東京10R 節分S(×)
 2番人気の対抗タイキパーシヴァルが勝利。
 本命のフルアクセルと互角評価だったんだが、
 距離実績とルメールを信頼してコッチを対抗に落としたのが、結果的には失敗。
 ただ、コッチが上回ってたのは持ち時計ぐらいなんだよなぁ。
 実際、着差もそんな感じだし。
 とはいえ、これで5連続連対。ようやくの本格化と言えるかも知れない。
 そのフルアクセルは、5着止まり。
 うまくタイキパーシヴァルにペースを作られちゃったかな。
 コンマ3秒差ならそれほど悪い内容でもないし、次も期待できると思うんだが…。
1/27東京11R 根岸S(▲)
 5番人気のメイショウマシュウが勝利。
 この馬が4番手評価のトウショウカズンと同枠で、
 2着に本命のガンジスが入り枠連ゲットも、結果はトリガミ。
 予想自体外れてるので、トリガミでもマル損よりはるかにマシなわけだが…。
 勢いはあると思うけど、
 距離実績以外に実績面で評価できるところがなかったんだよねぇ。
 これでフェブラリーS出れるか、と思ったら骨折が判明。
 好事魔多しとはこのことですな。無事な帰還を祈らずにはおれません。
 この辺が、阪神と東京の馬場差なのかも知れないですねぇ。
 直線の長い東京では、積極的に行ったのが結果的に仇になってしまったのかも…。

1/27京都09R 稲荷特別(○)
 1番人気の本命アドマイヤフライトが勝利。
 2走ボケだけが心配だったんだけど、問題無かったですね。
 3歳時、札幌で惜しい競馬をしてたように、
 時計勝負にならなかったのも、この馬に利したと思います。
 ただ、そうなると時計勝負に弱いという話になるわけで…。
 春に向けて、1600万下ではさすがに苦戦を強いられることになりそうだなぁ…。
1/27京都10R 松籟S(×)
 3番手評価の2番人気メイショウカドマツが勝利。
 もう松の内はとっくに過ぎましたけどねぇ…。
 休み前からこのクラスで連対してたように、実力上位だったということだろう。
 休み明けにしてマイナス2㎏とビッシリ追ってきたのも好材料。
 昇級後は、まず平OPで様子見してもらいたいところだが…。
 本命のロードラテアートは、9着と惨敗。
 年齢的に、平坦馬場での真っ向勝負はもう厳しいのかな。
 阪神では惜しい競馬ができてるので、ソッチ方面で改めて期待したいが…。
1/27京都11R シルクロードS(×)
 2番人気の対抗ドリームバレンチノが勝利。
 休み明け、かつ標準斤量を超えた斤量だったのでこの評価だったのだが、
 力のあるところを見せてくれましたね。
 高松宮記念は左回りだが、この馬2回しかやったことない(1勝1着外)からなぁ…。
 力だけで押し切れるかどうか、まぁ相手次第かな。
 2着に、4番人気のハンデ頭ダッシャーゴーゴーが来てしまい、馬券ゲットはならず。
 まぁ実力通りと言ってしまえばその通りなのだが、
 やっぱりこの馬とは相性が良くないんだよなぁ…。
 年齢的にも、いい加減終わった馬だと思ってたのに…。
 本番でも来たら、ごめんなさいするしかないですが、間違いなく買わないでしょう。
 本命のアイラブリリは、15着と惨敗。
 相手関係が格段に強化されたのに、斤量同じじゃあ厳しかったかな。
 年齢的には、まだこれからの馬だと思いたいし、
 故障しないように地道に行ってもらいたいね。

10/27中京10R 西尾特別(○)
 13番人気のクイーンキセキが勝利。
 左回りは向かないと思ってたんだけどねぇ…。
 しかし勝ったとはいえ、今回は牝馬限定戦。しかもこの程度の勝ちタイムでは…。
 1000万下で苦戦することは間違いなかろう。
 本命のスリーアフロディテは、なんとか3着を死守。
 5か月の休み明けだったので、まぁ上出来だったんじゃないでしょうか。
 相手なりに走るタイプなので、次も複勝なら期待大だろう。
10/27中京11R 三河S(○)
 2番人気の対抗コウセイコタロウが勝利。
 メンバー中唯一中京実績のある馬だったので、地の利を活かしたということだろう。
 さすがに今年のフェブラリーSには間に合わないが、
 左回りは合いそうだしまだ4歳なので、来年に向けて頑張っていってもらいたいね。
 本命のオーシャンフリートは、3着をキープ。
 コウセイコタロウと同じく昇級初戦だったんだけどねぇ…。
 2ハロン目、3ハロン目でペースが上がってしまったのが厳しかったのかもしれない。
 それでも、ハナ、クビ差の3着なら上々の出来。
 次も当然期待だろう。
1/27中京12R 知立特別(○)
 5番人気のケルンフォーティーが勝利。
 未勝利馬なのにこんなに人気してたのはどうしてなんだろうかねぇ…。
 次も1000万下で出られるが、さすがにこんな軽い斤量では出られないだろうねぇ…。
 本命のタマモマーブルは、3着をキープ。
 鞍上が若かったせいか(ケルンフォーティーの鞍上も減量騎手だけどね)、
 出遅れてしまったようだが、それでもキッチリ馬券には絡んでくれた。
 力はある馬だと思うので、次も当然期待だ。

いくら年初めで変動が激しいからって、順調に回収率落ち過ぎです。
今秋の収穫と言えば、日曜の中京全勝ぐらいかなぁ。
本命がもっときっちり馬券に絡んできてくれないと、今後も厳しいよなぁ、正直…。
2/2、2/3の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 中京:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

« 映画 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-02-02 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/56660083

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(4):

« 映画 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-02-02 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ