« 映画 『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013年第1開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(3)

1/19の結果
 3勝(花見小路特別、京都牝馬S、寒狭川特別) 1分(若駒S) 6敗
  回収率 54.7%

1/20の結果
 2勝(羅生門S、伊良湖特別) 7敗

1/21の結果
 1勝(サンライズS) 2敗
  年間回収率 82.3%
  通算回収率 74.8%

各レースの反省

1/19中山09R 菜の花賞(×)
 14番人気のサクラディソールが勝利。
 ココまで人気してなかったんなら、考えても良かったかなぁ。
 休み明けがあったから馬券圏内には入れなかったけど、
 4~6番手ぐらいには評価できたからねぇ。
 まぁ、普段からオッズ見て馬券買ってないわけですが…。
 本命のノーブルコロネットは、7着に敗れる。
 休養に回ったようですし、体重も減り続けてますからねぇ。
 リフレッシュ後に期待、かなぁ…。
1/19中山10R 東雲賞(×)
 2番人気の対抗クリールカイザーが勝利。
 本命のブリッジクライムが休み明けだったからなぁ…。
 いじってれば買ってたかもなぁ、複勝。
 安定感はあるので、東京開催でもそこそこやれるかも。
 そのブリッジクライムは、7着に敗れる。
 この馬体増は、さすがに休み明けのせいだよねぇ。
 左回りは実績が無いので、次開催は京都か小倉の方が良いかもなぁ。
1/19中山11R アレキサンドライトS(×)
 10番人気のチョイワルグランパが勝利。
 2年以上ぶりの勝利は、前回と同じ中山なので、
 力勝負になればそれなりに分があるということなんだろうが、
 OPに昇格してもちょっと厳しいと思うんだけどねぇ…。
 本命のコルポディヴェントは、5着止まり。
 足元の具合がいろいろと思わしくないようなので、よく頑張ってくれていると思うが…。
 爪の具合がよくないようなので、冬場は良くないっぽいなぁ。

1/19京都08R 牛若丸ジャンプS(×)
 1番人気の対抗テイエムハリアーが勝利。
 もともと京都は得意な馬だからねぇ。無事に回ってくればこんなもんでしょう。
 しかし、2着に7番人気のコスモソユーズが入ってしまい、馬券ゲットはならず。
 この馬も、前走鞍上が落ちてるんだよねぇ。
 去年の中山グランドジャンプで3着してるように実力はそこそこあるんだけど、
 それ以外特に買える要素が無いんだよなぁ。
 本命のダイシングロウは、5着止まり。
 ダートコースが相当苦手な様子で…。
 障害に回ってまで己の適性の無さに泣かされるとは…。
1/19京都09R 花見小路特別(○)
 2番人気の対抗サンライズメジャーが勝利。
 基本的には東雲賞と同じ理由かなぁ。
 4歳馬なので、降格までにどこまで駆け上がって行けるかねぇ。
 本命のノーブルジュエリーは、惜しくも2着。
 安定感があるので、今回もきっちり連対はキープ。次も当然期待である。
1/19京都10R 若駒S(△)
 3番手評価の2番人気リヤンドファミユが勝利。
 ステゴxマック配合かぁ。でも、競走後骨折が判明したようで、残念無念。
 2着に、4番手評価の5番人気マイネルクロップが入るも、
 枠連で勝っていたため結果的にはトリガミ(300円)に。馬連(3450円)ならなぁ…。
 今回も勝ち切れなかったので、やはり芝への適性に不安は残るわけだが…。
 本命のアドマイヤオウジャは、5着止まり。
 もしかすると、馬込みがあんまり得意じゃないんじゃないかなぁ。
 前にしろ後ろにしろ、馬込みに入れない競馬が合うような気がするんだが…。
1/19京都11R 京都牝馬S(○)
 3番手評価の1番人気ハナズゴールが勝利。
 勝つか惨敗かのこの馬らしく、勝つ時はこのようにあっさり勝ってしまうのね。
 当面は、ヴィクトリアマイルが目標となってくるだろうが、
 まぁ相手関係的にはどうなんだろうねぇ。
 2着に対抗のエーシンメンフィスが入り、枠連をゲット。
 結果的には、なんとかトリガミにならずに済んだ程度。
 エーシンメンフィスは、やはりこの勢いは見逃せないだろうねぇ。
 本命のクィーンズバーンは、4着止まり。
 フラワーロックに鈴をつけに来られてしまい、気持ち良く逃げられなかったのが敗因。
 それでもなおこの着順なのだから、実力は充分にあるはず。
 ただ、逆に言うと今後も簡単には逃げさせてくれないかもなぁ…。

1/19中京10R なずな賞(×)
 3番手評価の3番人気ラインミーティアが勝利。
 500万下に上がってからは、着差こそあれそこそこ着は拾えてたからねぇ。
 クラス慣れしたということだと思うね。
 OPでの力関係は、現状では未知数。
 本命のウォータープリプリは、12着と惨敗。
 レース中に鼻出血があったようで…。
 このテのトラブルは、予想できないからなぁ…。仕方ないです。
 実力はあるはずなので、今回は度外視して次は改めて期待したい。
1/19中京11R 伊吹山特別(×)
 13番人気のフローラルホールが勝利。
 1000万下には、カベがあると思ってたんですが…。
 今回初めてだったんだけど、案外左利きなのかもね。
 本命のダイワスペシャルは、9着に敗れる。
 スプリント戦での距離ロスは、ある意味致命的だよなぁ。
 もともと外枠だったこともあるし、
 今回はこの馬向きの状況じゃなかったってことだろうねぇ。
1/19中京12R 寒狭川特別(○)
 1番人気の本命シャドウバンガードが勝利。
 惜しい競馬が続いていたので、ようやく順番が回ってきたということだろう。
 血統的には長いところが向きそうなのだが、
 そこに限定してしまうと使いどころが限られてしまうんだよなぁ…。

1/20中山09R 若竹賞(×)
 2番人気のダービーフィズが勝利。
 間隔が空いたので軽視してたんですが、
 500万下では実力上位ということだったのだろう。
 ただ、現状ではOPでの力関係ではやや分が悪そうだなぁ。
 本命のアンブリッジローズは、9着に敗れる。
 まだ体ができないみたいですね。
 ただ、時計自体はかなり縮めてきてるので、
 逆に言えばまだまだ伸びしろは充分ということだろう。今後の成長に期待である。
1/20中山10R 若潮賞(×)
 7番人気のケイアイエレガントが勝利。
 芝じゃダメだと思ってたんだけど、馬場状態以上に悪くなってたみたいなので、
 これで芝も大丈夫、とは必ずしも言えないかもね。
 ハンデも軽かったし、昇級後の使いどころには注目すべきだろうね。
 本命のウインクリアビューは、5着に敗れる。
 今回は、少し前過ぎたんじゃないかねぇ。
 ウチパクが選んだのか、調教師さんの指令だったのか分からないけど、
 最近は脚を溜めてレースをするのが良さそうな気がするんだけどねぇ…。
1/20中山11R アメリカジョッキークラブ杯(×)
 3番人気のダノンバラードが勝利。
 2着のトランスワープともども4~5番手ぐらいの評価だったんだよねぇ。
 ただ、その分積極的に評価できる点が無いんだなぁ。
 敢えて言えば、芝2000mの持ち時計上位なことぐらいだけど、
 今回だって別に時計勝負になってる感じじゃないしねぇ…。
 ココまで手を広げても結果的にはプラス収支だったんだけど、
 毎回そうだっていうことじゃないからねぇ。
 本命のサトノアポロは、4着止まり。
 馬群捌くのうまくない馬のようですね。
 もっと馬群がバラける展開になるか、もっと外枠を引かないと
 この馬本来の力は発揮できないかもしれないなぁ。

1/20京都09R 睦月賞(×)
 3番手評価の1番人気エックスマークが勝利。
 昇級初戦だったのでそこまで積極的に評価してなかったんだけど、
 成長期に入ったって言うことなのかもしれないなぁ。
 1600万下に関しては、そう言う意味でも未知数だよなぁ。
 本命のダノンマックインは、4着止まり。
 理由はよくわからんけど、京都が何か合わないのかねぇ。
 京都では、あんまり本命視しない方がいい馬なのかもしれない。
1/20京都10R 石清水S(▼)
 3番手評価の4番人気マックスドリームが1着、
 2番人気の対抗セイルラージが2着、
 4番手評価のコスモソーンパークが3着に入り、
 予想自体はほぼ完璧な内容だったんだけどなぁ…。
 本命のダンツミュータントだけが馬券に絡まず(しかも9着とか)、残念な結果に。
 マックスドリームは、1600mとか1800mとかが向くんだろうね。
 OPに関しては、ひとまず平OPで様子見たいなぁ。
 ダンツミュータントは、時計勝負では分が悪そうだなぁ。
 平坦馬場のスピード勝負はこの馬には荷が重かったようだ。
1/20京都11R 羅生門S(○)
 6番人気のトラバントが勝利。
 悪い言い方をすると、この距離でしか勝てない馬だからねぇ。
 今回は勝負駆けだったと考えるべきだったのかなぁ。
 D1600mは走ったことが無いので、今後はこの辺りへの適応がテーマになってくるかも。
 本命のエーシンビートロンは、3着をキープ。
 この馬は力勝負の方が良さそうな馬だから、
 次開催はD1600mのある東京開催なんか良いんじゃないだろうかねぇ。

1/20中京10R 蒲郡特別(×)
 3番人気のシャドウエミネンスが勝利。
 5か月の休み明けとか、左回り実績無いとか、
 ルメールはそういうのも全部帳消しにしちゃうのかねぇ。
 ただ、血統的にはあまり成長力を期待できないわけだが…。
 本命のレディオスソープは、6着に敗れる。
 半年以上休んでる馬を本命視したのが、ある意味間違いだったかなぁ。
 で、また放牧に出されちゃうっていうね…。
 年齢的にも、もうちょっと厳しいかもしれないなぁ。
1/20中京11R 東海S(×)
 4番人気のグレープブランデーが勝利。またルメールか…。
 古馬になってから今ひとつの成績が続いていたけど、
 いちおうはGⅠ馬だからねぇ…。
 あの頃は能力だけで走ってたとなると、これから本格化…、するのかなぁ。
 本命のグランドシチーは、5着止まり。
 エルムSとかとは、各陣営の意気込みがやっぱり違うということなのかなぁ。
 平OPまでの馬かもしれないなぁ。
1/20中京12R 伊良湖特別(○)
 7番人気のホクセツキングオーが勝利。
 4~5番手ぐらいには評価できる馬だったけど、
 坂のある競馬場では成績が極端になる馬(ワシ的には新中京は坂有扱い)なので、
 今回は良い方に出たということかも知れないね。
 GⅠまで目指そうと思うなら、最終的には1200mの方に寄せて行くんだろうねぇ。
 本命のスズカセクレターボは、3着をキープ。
 前残りの競馬の中では、よく差してきてるんだろうけど、
 この辺が自分で競馬を作れない馬の宿命なんだよねぇ。
 この辺の勝負弱さを考えると、今後は強く推さない方がいい馬かも…。

1/21中山09R 成田特別(×)
 1番人気の対抗ユーロビートが勝利。
 昇級初戦だったので対抗止まりだったんだけど、
 ダートの長いところが向く馬みたいだね。
 そうなると、中央競馬では平OP止まりなわけだが…。
 本命のイルポスティーノは、完走馬中ビリの13着。
 1週延びたせいなのか、完全な調整ミスで大幅馬体減。
 しかも逃げられず、散々な結果に…。とりあえず、馬体回復が急務だろうなぁ。
1/21中山10R サンライズS(○)
 4番人気の対抗ラフレーズカフェが勝利。
 昇級初戦だったので対抗止まりだったのだが、中山コースが相当合うみたいですね。
 スプリント戦限定なら、OPでもそこそこやれるかも。
 本命のプリンセスメモリーは、惜しくも2着。
 決め手不足の馬かもなぁ。これ以上は望めない馬かもしれないなぁ。
1/21中山11R 京成杯(×)
 7番人気のフェイムゲームが勝利。
 AJCCに続いて、ペリー騎手が2日連続で重賞制覇。
 コッチも稼いで行くなぁ。
 中山が合う馬なのかもしれないけど、本番ではいらないタイプっぽいなぁ…。
 本命のフラムドグロワールは、10着と惨敗。
 喉鳴ほどではないにしても、呼吸器系があまりお強くない馬かも。
 アスリートとしては致命的かもなぁ。
 まぁ、この時期の評判馬のがあてにならないというのは、よくあることではあるんだけど…。

今週は、開催全体の反省があるので、コチラではココまで。

« 映画 『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013年第1開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/56625372

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(3):

« 映画 『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013年第1開催を振り返って »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ