« 映画 『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『ジャンゴ 繋がれざる者』(☆☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(8)

2/23の結果
 2勝(水仙賞、大牟田特別) 7敗
  回収率 19.2%

 

2/24の結果
 6勝(富里特別、ブラッドストーンS、伊丹S、唐戸特別、関門橋S、周防灘特別) 3敗
  回収率 86.0%
  年間回収率 112.6%
  通算回収率 75.6%

 

各レースの反省

2/23中山09R 水仙賞(◎)
 1番人気の本命ヒラボクディープが勝利、
 3番手評価の4番人気シャイニーリーヴァが2着、
 2番人気の対抗サンバリージオが3着と、ほぼ完璧な予想内容。
 勝ったヒラボクディープは、メンバー中唯一の新馬勝馬なので、
 勝負強さがあるということだと思うんだけどねぇ。
 相手なりに走れそうな馬ではあるけど、
 クラシック路線ではまだちょっと足りなさそうだなぁ。
 シャイニーリーヴァは、これからの成長力に期待したい馬。
 サンバリージオは、今回は前めで競馬してみたけど、
 やっぱりそれだと末が甘くなっちゃうみたいだね。どっち路線で行くのかねぇ。
2/23中山10R アクアマリンS(×)
 3番人気のクリーンエコロジーが勝利。
 1600万下では壁があると思ってたんだけどねぇ…。
 外人騎手さまさまってことですかねぇ。OPでは、当面は様子見ということで…。
 本命のヤマニングルノイユは、7着に敗れる。
 ハンデももらってるんだし、もう少しやれるかなと思ってたんですが…。
 年齢的にも、そろそろ潮時かもなぁ…。
2/23中山11R 千葉S(×)
 1番人気のマルカバッケンが勝利。
 中山での連対実績が無かったので軽視してたんですが…。
 ここ2戦での成長を、もっと重視しておくべきでしたねぇ。
 この距離でしか勝てない馬なので、今後この距離ではやや注目して行きます。
 本命のデュアルスウォードは、なんとか2着をキープ。
 コッチは、もともと中山コースとの相性がいい馬だったからねぇ。
 今回もきっちり連対をキープしてくれました。
 特に力勝負に強い馬なので、コッチも当然要注目である。

2/23阪神09R 千里山特別(×)
 5番人気のオマワリサンが勝利。
 休み明けだったし、近走成績も良くなかったので軽視してたんですが…。
 リフレッシュ成功、といったところですかねぇ。
 もっとも、1000万下では1度勝ってる馬なのだから、このぐらいはやれるということ。
 問題は1600万下に昇級してからだが…、どうだろうねぇ…。
 本命のケルンフォーティーは、アタマ、ハナ差の3着。
 もしかすると、右回りでは詰めが甘くなってしまうのかもなぁ。
2/23阪神10R 御堂筋S(×)
 3番手評価の1番人気アドマイヤフライトが勝利。
 本命、対抗ともOP以上で好走していた馬だったので、
 昇級初戦の馬を積極的に評価できなかったんだよなぁ。
 ただ、この馬は勢いがあるからねぇ、この勝利で3連勝だからねぇ。
 キャリアもまだ浅いので、次も相手次第では勢いで乗り切ってしまうかも…。
 本命のカルドブレッサは、7着に敗れる。
 1枠1番で逆に窮屈な競馬になってしまったみたいですね。
 ココまでいい感じで来てたのに、リフレッシュ休養に出されちゃうし、
 散々なレースになってしまいましたねぇ。
2/23阪神11R アーリントンC(×)
 1番人気の対抗コパノリチャードが勝利。
 ビュイック騎手と手が合うようですし、力もあるようですが、
 皐月賞にしろNHKマイルCにしろ遠征競馬になるのが、この馬にどう出るかねぇ。
 2着に2番人気ながら無印のカオスモスが入ってしまい、
 馬券ゲットはならず。
 相手なりには走れるとは思うんだけど、なんか足りないんだよなぁ…。
 こういうタイプの馬、あんまり得意じゃないですねぇ…。
 本命のレッドアリオンは、3着止まり。
 そういう意味で言えば、この馬もなんか足りないんだけどねぇ。
 おとなしく自己条件からじっくり勝ち上がってもらいたいね。
 それよりも、4着だったメイショウヤマホコの方が、今後の伸びを注目したい馬。
 次の使いどころには要注目だ。

2/23小倉10R くすのき賞(×)
 出走10頭中10番人気の対抗タイセイウインディが勝利。
 未勝利戦から勝ち上がったばかりだけど、
 逆に言えば他の馬みたいにヘンな負け癖とかついてないのが良かったと思うんだ。
 本命のミヤジエルビスと同等評価だったのになぁ…。
 そのミヤジエルビスは、なんとビリ。
 距離のせいとも思えるし、気性のせいとも見えるし…。
 この時期なので、まだ何とも言いにくいですけどねぇ…。
2/23小倉11R 大宰府特別(×)
 4番手評価の3番人気フェータルローズが勝利。
 乗り替わりがあったので、ちょっと控えめな評価になってしまったんですが…。
 着順はアレでしたが、着差は少しずつ詰めてましたからねぇ。
 クラス慣れしたってことだと思います。
 逆に言えば、昇級即通用、っていうタイプではないということだと思うんですが…。
 本命のヤマニンリップルは、8着に敗れる。
 1着から数えて、(クビ、クビ、クビ、クビ、クビ、1/2、クビ)差で、コンマ3秒差だから、
 それほど負けてる内容ではないんだけどねぇ…。
 競り合いにあまり強くない馬っぽいなぁ、この馬は。
 今回は、この馬にしてはやや後ろめの位置取りだったのも悪かったねぇ。
2/23小倉12R 大牟田特別(○)
 2番人気の対抗レディオブパーシャが勝利。
 芝では勝ち切れないと思って対抗止まりだったのにねぇ…。
 前走敗れたサウスビクトルをマークして、
 最後1馬身ほどかわしてゴール。うまく立ち回ったということでしょう。
 1000万下に関しては、どうかねぇ、年齢的にちょっとアレではあるんだが…。
 本命のサウスビクトルは、3着をキープ。
 どうにも勝ち切れない馬だねぇ。
 相手なりには走れるんだが、今ひとつ決め手が無い、って感じだねぇ。

2/24中山09R 富里特別(○)
 1番人気の本命ヒラボクインパクトが勝利。
 ここまで中山との相性があまり良くなかったが、
 昇級初戦の前走も東京コースでのレースとはいえいきなり惜しい内容だったので、
 成長力を見込んで本命推ししたのが良かったようです。
 時計勝負にならなかったのも、この馬に利したようですね。
 ただ、そうなると昇級即通用とは必ずしも言い切れないわけで…。
2/24中山10R ブラッドストーンS(○)
 5番人気のハッピーカオルが勝利。
 確かに中山でしか勝てない馬ではあるんだけど、
 近5走中4レースが中山なのにすべて着外だったからねぇ…。
 ワシ的にはちょっと買いにくかったなぁ。
 中山以外ではとりあえずいらない馬なので、
 中山に出てきた時だけちょっと考慮して行く程度の馬。
 本命のタマブラックホールはクビ差の2着。
 数値上の本命カフェシュプリームは、そのタマブラックホールからさらにクビ差の2着。
 結果的にどっちでも良かったわけだが、
 昇級初戦ながらこの成績のタマブラックホールも、
 休み明けでこの成績のカフェシュプリームも、次に期待できる内容だったので、
 そういう意味でも悪くないレースだったと思う。
2/24中山11R 中山記念(×)
 2番人気のナカヤマナイト(3-2-0-1)が1着、
 3番人気のダイワファルコン(5-3-1-5)が2着と、
 中山コースと相性が良い馬がもろに出てしまったレース(カッコ内は中山芝実績)。
 去年のオールカマーでもワンツーフィニッシュを決めてるし、
 中山の相性だけで言えば相当なものがあるんだろうねぇ。
 ただ、実力に関しては今ひとつアレ(有馬記念では7着、10着)なんだけどねぇ。
 本命のタッチミーノットは、4着止まり。
 切れ味のあるところは見せてるんだけど、今回に関してはやや後ろ過ぎたかな。
 開幕週で芝の状態が良いんだろうし(その割には時計出てないけど)、
 あと1ハロン短かったかも知れないなぁ。2000m以上の馬かもなぁ。

2/24阪神09R すみれS(×)
 5番人気のナリタパイレーツが勝利。
 気持ち良く逃げられたのが今回の勝因なんだろうが、いかにも物足りない時計。
 1枠引いたら、今後もいちおう注意しておいた方が良いかなぁ。
 本命のラストインパクトは、終始2番手のまま2着。
 今回は気持ち良く行かれ過ぎたね。
 ただ、時計的に言えば実力不足と言えなくもないし、
 地道に自己条件から実績を積み上げて行った方が良さそうな馬ではあるね。
2/24阪神10R 伊丹S(○)
 2番人気の本命フレイムオブピースが勝利。
 休み明けのエアハリファ(対抗、2着)よりも、前走の内容も良かったし、
 今回に限って言えばコッチの方が良かったと思って買ってみたのが良かったですね。
 上がりの脚は悪くないが、
 今回の勝ちタイムだけ見るとOP即通用とはちょっと言いにくいかもなぁ…。
2/24阪神11R 阪急杯(×)
 1番人気の本命ロードカナロアが勝つも、
 2着に無印のマジンプロスパーが入ってしまい、馬券ゲットならず。
 ロードカナロアは、やはり実力が違うってことだろうし、
 高松宮記念でも当然人気してくるだろうけど、
 マジンプロスパーはどっちかっていうとこの距離でこその馬っぽいからねぇ。
 本番ではちょっと評価を控えたいかな。
 対抗のミトラ(14着)にしろ、3番手のスギノエンデバー(6着)にしろ、ともに着外。
 ミトラは実力不足っぽいし、スギノエンデバーはやっぱり1200mでこその馬かな。
 ただ、スギノエンデバーは平坦馬場でこその馬だから、
 実質坂有競馬場の中京じゃあやっぱり末が甘くなりそうだね。

2/24小倉10R 唐戸特別(○)
 2番人気の本命ラブイズブーシェが勝利。
 互角評価の対抗ミッキーマスカット(1番人気)も3着だったので、
 馬券的にはどっちでも良かったんだけどねぇ。
 今回は安定感の指標である連対率で本命を決めたんだけど、
 勝ち切るところまで行ってくれるとはねぇ…。
 未勝利馬から連勝で1000万下に昇級。
 これからが成長期なのかも知れないねぇ。今後に期待大である。
2/24小倉11R 関門橋S(◎)
 1番人気の本命アロマティコが1着、
 4番人気の対抗ナムラオウドウが2着、
 4番手評価の3番人気ヒラボクビクトリーが3着と、予想的にはほぼ完璧な予想。
 勝ったアロマティコは、秋華賞3着(というよりはジェンティルドンナからコンマ2秒差)
 という実績は伊達ではなかったということだろう
 (4着のブリッジクライムも自己条件(1000万下)勝ち上がったし)。
 牝馬限定のOP戦なら、いきなりでもやれそうな気はするが…。
 
 ナムラオウドウは、案外小倉の水が合うのかもしれないねぇ。 
 ヒラボクビクトリーは、平坦でこその馬っぽいので、しばらくは様子見かなぁ…。
2/24小倉12R 周防灘特別(○)
 5番人気の本命マヤノリュウジンが勝利。
 前走時(と言っても去年7月末の話だが)の反省を見て自信を持って本命視したんですが、
 まさか勝ち切っちゃうとはねぇ…。
 まぁ、トップハンデ背負わされてるんだから、
 実力はハンデキャッパーも認めてるってことなんだけどねぇ。
 1600万下でもそこそこやれるかも知れないけど、
 そもそも続けて使えるかが問題の馬だからねぇ…。

開催替わりでうまくつかみ切れてなかったわりには、傷が浅く済んで良かったです。
ただ、OP以上が全滅だったのが痛いよなぁ…。
来週からはトライアル戦が目白押し。
実績と勢いのバランスをうまく捕らえられれば、なんとかなるとは思うんですが…。
3/2、3/3の買い方は以下の通り。やや消極的ですね…。
 中山:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 阪神:条件戦=複勝1点買い OP以上=馬連
 小倉:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

 

« 映画 『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『ジャンゴ 繋がれざる者』(☆☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/56855398

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(8):

« 映画 『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『ジャンゴ 繋がれざる者』(☆☆☆☆) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ