« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-03-30 | トップページ | 映画 『ダイナソー・プロジェクト』(☆) »

「新・中央競馬予想戦記」 2013-03-31

中山09R 春風S(4上1600万下 D短)
  ◎ ⑤トーセンナスクラ
  ○ ⑮ダンシングマオ
  ▲ ②クランチタイム

中山10R 伏竜S(3歳OP D中)
  ◎ ⑫ソロル
  ○ ④サトノイクシード
  ▲ ⑭コパノリッキー
  △ ⑤マイネルクロップ

中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー(4上GⅢ 芝短)
  ◎ ⑤ダイワマッジョーレ
  ○ ②ムクドク
  ▲ ⑦ホーカーテンペスト
  △ ⑮リルダヴァル
 本命は、OP昇格後2着→5着→2着ともどかしい内容が続く⑤。
 今回は、鞍上強化で勝負駆けと見て本命に抜擢。
 もともと安定感はある馬なので、今回も上位に食い込む余地は充分と見る。
 対抗には、1600万下→OPと連勝中の②。
 年齢が年齢なので、この勢いが本物かどうかやや測りかねるが、
 力勝負は望むところなので今回は推してみる。
 3番手には、1000万下→1600万下と連勝でOPに昇格してきた⑦。
 中山芝1600mは(3-0-0-1)と極端ではあるが相性はかなり良さそうなので、
 ②同様勢い重視でこの馬も推してみる。
 あとは、中山コースで良績はないが近走成績は悪くない⑮も、
 鞍上が噛み合えば上位進出は充分にあると見て拾っておく。

阪神09R 難波S(4上1600万下 芝中)
  ◎ ④エーシンミズーリ
  ○ ②ショウナンカンムリ
  ▲ ⑫クランモンタナ

阪神10R マーガレットS(3歳OP 芝短)
  ◎ ⑫ローガンサファイア
  ○ ⑯ブレイズエターナル
  ▲ ⑬エールブリーズ

阪神11R 大阪杯(4上GⅡ 芝中)
  ◎ ⑤オルフェーヴル
  ○ ③ショウナンマイティ
  ▲ ⑭ヴィルシーナ
 本命は、阪神相性も絶好なので⑤で仕方ないだろう。
 ただ、年齢も年齢だし、いちおう休み明けなのでそこまで絶対的ではない。
 とはいえ、相手関係的にも馬券的にもある程度相手は絞られるだろう。
 対抗には、休み明けを1つ叩いた③。
 芝2000mは皐月賞以来の⑤に対し、③は去年このレースを勝ってるし、
 今回は使ってる強みもあるので逆転も充分だろう。
 3番手には、牝馬限定戦とはいえGⅠ4戦連続2着の⑭。
 今回は牡馬相手な点と休み明けな点が気になるわけだが、
 相手なりに走れるという意味で言えば、
 今回も2着に入ってくれると期待して押しておくこととする。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-03-30 | トップページ | 映画 『ダイナソー・プロジェクト』(☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
ジェンティルドンナ惜しくも2着でした。

11R 第45回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)
◎5番ダイワマッジョーレ
○10番ダイワファルコン
▲9番リアルインパクト
△1番ガルボ
×2番ムクドク
注7番ホーカーテンペスト

本命ダイワマッジョーレ
結果的には2着に惜敗した前走の東京新聞杯だが、
内容的には見どころ十分だった。
あおり気味のスタートだったこともあり、
前半は無理せずに後方を追走。
最後の直線では馬群を縫うようにぐいぐいと末脚を伸ばし、
メンバー中最速の上がり32秒7で1着馬クラレントを半馬身差まで追い詰めた。
その時の馬体重が434キロと牡馬にしては小柄なタイプだが、
走りは実にダイナミックで、瞬発力も相当なものがある。

11R 第57回 産経大阪杯(GII)
◎5番オルフェーヴル
○14番ヴェルシーナ
▲7番エイシンフラッシュ
△3番ショウナンマイティ
×4番ダークシャドウ
注6番トウカイパラダイス

本命オルフェーヴル
クラシック3冠を制し、有馬記念も優勝。
昨年の阪神大賞典は3コーナー近くで大きく逸走し、
盛り返すも2着。宝塚記念で復活劇を見せ、
フランスではフォワ賞を勝つと、凱旋門賞では大外から進出し一時は先頭。
夢にまで見た日本馬初優勝の瞬間は目前だったが、
最後の最後にソレミアに差されてしまった。
その後はジャパンCではジェンティルドンナとの叩き合いで
惜しくもハナ差2着。今回はそれ以来のレースとなる。
夢は今年も凱旋門賞。ここは負けられない一戦だ。

ユウマさん、おはようございます。
ジェンティルドンナ惜しくも2着でした。

11R 第45回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)
◎5番ダイワマッジョーレ
○10番ダイワファルコン
▲9番リアルインパクト
△1番ガルボ
×2番ムクドク
注7番ホーカーテンペスト

本命ダイワマッジョーレ
結果的には2着に惜敗した前走の東京新聞杯だが、
内容的には見どころ十分だった。
あおり気味のスタートだったこともあり、
前半は無理せずに後方を追走。
最後の直線では馬群を縫うようにぐいぐいと末脚を伸ばし、
メンバー中最速の上がり32秒7で1着馬クラレントを半馬身差まで追い詰めた。
その時の馬体重が434キロと牡馬にしては小柄なタイプだが、
走りは実にダイナミックで、瞬発力も相当なものがある。

11R 第57回 産経大阪杯(GII)
◎5番オルフェーヴル
○14番ヴェルシーナ
▲7番エイシンフラッシュ
△3番ショウナンマイティ
×4番ダークシャドウ
注6番トウカイパラダイス

本命オルフェーヴル
クラシック3冠を制し、有馬記念も優勝。
昨年の阪神大賞典は3コーナー近くで大きく逸走し、
盛り返すも2着。宝塚記念で復活劇を見せ、
フランスではフォワ賞を勝つと、凱旋門賞では大外から進出し一時は先頭。
夢にまで見た日本馬初優勝の瞬間は目前だったが、
最後の最後にソレミアに差されてしまった。
その後はジャパンCではジェンティルドンナとの叩き合いで
惜しくもハナ差2着。今回はそれ以来のレースとなる。
夢は今年も凱旋門賞。ここは負けられない一戦だ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/57071264

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2013-03-31:

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-03-30 | トップページ | 映画 『ダイナソー・プロジェクト』(☆) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ