« 映画 『シュガー・ラッシュ』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013年第3開催を振り返って »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(12)

3/23の結果
 6勝(ペガサスジャンプS、ミモザ賞、利根川特別、君子蘭賞、大寒桜賞、豊橋特別)
 3敗
  回収率 99.5%

 

3/24の結果
 8勝(常総S、マーチS、四国新聞杯、心斎橋S、
    岡崎特別、名古屋城S、高松宮記念、瀬戸特別)
 2敗
  回収率 116.0%
  年間回収率 98.3%
  通算回収率 75.6%

 

各レースの反省

3/23中山08R ペガサスジャンプS(●)
 4番手評価の4番人気リキアイクロフネが勝利。
 昇級初戦の成績は悪くなかったので、
 中山の障害コースに対応できればあるいは…、とは思ってたんですが、
 まさか勝ち切っちゃうとはねぇ…。
 中山グランドジャンプに関しては、まだ出否未定ではあるが、
 勢いは侮れないものがあると思うね。
 2着に、本命のブラックステアマウンテンと同枠のスマートステージ(1番人気)が入り、
 枠連はゲット。
 スマートステージは地脚のある馬なので、
 休み明けじゃなければ買ってたかも知れないけど…。
 そのブラックステアマウンテンは、9着に敗れる。
 全然スピード不足みたいね。本番でもいらないっぽいなぁ。
3/23中山09R ミモザ賞(○)
 2番人気の対抗セキショウが勝利。
 メンバー中唯一の500万下連対実績馬だからねぇ…。
 ようやく順番が回ってきたということだろう。
 ただ、牝馬限定戦でないと勝負できない馬だからねぇ。
 昇級してもやや厳しい印象はあるねぇ。
 本命のロジプリンセスは、なんとか3着を死守。
 まだキャリア1戦だったわけだからねぇ。昇級初戦としては悪くないと言えるだろう。
 これからの伸びしろには期待である。
3/23中山10R 利根川特別(○)
 9番人気のケイジーウィンザーが勝利。
 今回は同型馬がいなかったこともあり、
 枠順を活かした逃げが功を奏したということだろうが、
 再昇級後の2戦の成績がイマイチだったので、
 ワシとしてはちょっと手が出せなかったねぇ。
 父馬のアッミラーレがかなり地味なので、もしかしたら晩成なのかもしれないけどねぇ。
 昇級後もやっぱり様子見だろうなぁ。
 本命のヒラボクマジックは、惜しくもハナ差の2着。
 競馬のスタイルが違うから、
 気持ち良く行かれても差し切るのがこの馬の仕事だと思うんだが…。
 まぁ、まだ3週あるから、得意の中山でもう1チャンスあるとは思うけどねぇ。
3/23中山11R 日経賞(×)
 3番手評価の1番人気フェノーメノが勝利。
 さすがにこのメンバーの中では、負けられないだろう。
 ただ、予定変更で春天に向かうようで…。
 菊花賞を回避してるだけに、距離適性が未知数なのが、どうにもねぇ…。
 2着に9番人気のカポーティスターが入ってしまい、馬券ゲットはならず。
 前走の大敗は何だったんだろうかねぇ…。
 距離適性的にはフェノーメノよりも春天向きっぽくはあるけど、
 実力がまだ図りきれない面はあるよねぇ。
 本命のタッチミーノットは、4着止まり。
 大阪杯はメンバー的に厳しいと踏んでの日経賞出走だったんだろうけどねぇ…。
 やっぱり、ちょっと長かったのかねぇ。
 次は、おそらく新潟大賞典か中距離の平OPでしょうねぇ。

3/23阪神09R 君子蘭賞(○)
 3番人気の本命ティアーモが勝利。
 メンバー中唯一の阪神実績馬だったので、
 1戦1勝ながら本命視してみましたが、自分の形に持ち込めたのも良かったようですね。
 次は忘れな草賞スイートピーSの様子。
 コース実績を取るか距離実績を取るか。いずれにしても要注目だろう。
3/23阪神10R 鳴門S(×)
 1番人気のセイカプリコーンが勝利。
 阪神で良績が無かったので軽視してたんですが…。
 1600万下で勝利実績のある唯一の馬であることが人気の要因でもあるだろうし、
 そっちをもっと重視してあげればよかったんでしょうね。
 ココに来て力強さが出てきたのは良い傾向だと思うが、
 OPでいきなりはどうだろうかねぇ…。
 本命のホクセツキングオーは、惜しくも2着。
 1600万下でも着実に実績を積んできているので、次も当然期待である。
3/23阪神11R 毎日杯(×)
 1番人気の本命キズナが勝利。
 重賞でも相手なりに走れていたので、順番が回ってきたということだろう。
 次走は皐月賞に向かわず、京都新聞杯からダービーに向かう様子。
 度重なる輸送を嫌ってのことだろうねぇ。
 そうなると、最終的に左回りが課題になってくるわけだが…。
 2着に6番人気のガイヤーズヴェルト、
 3着に3番人気のバッドボーイと4枠両頭が入ってしまい、馬券ゲットはならず。
 どっちも、ワシ的には買える馬じゃなかったなぁ。
 対抗のラブリーデイは11着に敗れるも、
 OP勝ち(2012野路菊S)&重賞2着(2012京王杯2歳S)があるので、皐月賞に向かう様子。
 血統的には距離の問題は無さそうだが…。
 3番手評価のコメットシーカーは、5着したものの放牧。
 新馬勝ちからいきなりの重賞挑戦は、この時期にしては厳しかったか。
 キャリア自体は浅いんだから、これからの馬だと思いたいね。

3/23中京10R 大寒桜賞(○)
 1番人気の本命ラストインパクトが勝利。
 500万下どころかOPでも2着してる馬だからねぇ。単純に実績上位ということでしょう。
 青葉賞からダービーに向かうとのことで、
 今回左回りで実績を積んだことだし、とりあえず青葉賞では期待できそうだね。
3/23中京11R 名鉄杯(×)
 8番人気のカネトシマーシャルが勝利。
 休み明けだったし、1000万下実績が無かったので手が出せませんでしたねぇ。
 左回りの方が合うのかもしれないなぁ、この馬は…。
 本命のゴールドブライアンは9着に敗れる。
 数値上の本命シャドウバンガードも7着と今回は痛み分け。
 もともと中京で良績のないゴールドブライアンはともかく
 (だったら本命にするなって?)、
 実績のあるシャドウバンガードがこの成績じゃあねぇ…。
 いい加減休ませてあげてくださいな。
3/23中京12R 豊橋特別(○)
 3番人気のナスノシベリウスが勝利。
 なんでそんな人気なってたのかねぇ。
 あえて言うなら、このぐらいの距離の方が向くのかな、ってことだろうけど、
 それは走ってみないと分からないことだからねぇ…。
 本命のタガノリバレンスはクビ、アタマ差の3着。
 良い脚使ってたんだけど、いかんせん後ろ過ぎたかな。
 相手なりには走れるので、次も買っちゃうと思うんだけどねぇ…。

3/24中山09R 千葉日報杯(×)
 3番手評価の4番人気ルナが勝利。
 昇級初戦だったので控えめな評価だったんですが、
 今が充実期なんですかねぇ。こうなると勢いが無視できなくなってくるわけですが…。
 本命のタツミリュウは、5着止まり。
 前走見て復調気配かと思ったんだけどなぁ…。
 まだ太いってことかもしれないし、もう1戦買えたら買ってみたい気もするんだが…。
3/24中山10R 常総S(○)
 2番人気のヴェルデグリーンが勝利。
 連勝中とはいえ、持ち時計が無かったので軽視してたんですが…。
 勝ち時計見ると、時計勝負にならなかったのが良かったみたいね。
 それに、調布特別ではジョングルールを競り落として勝ってるわけだし、
 そういう意味では実力上位だったってことなのかねぇ。
 3連勝でOP昇格。中山芝2000mは、相当合うみたいだね。
 重賞で言えば、中山金杯ぐらいしか無いけどね。
 そのジョングルールは、調布特別と同様の2着。
 ヴェルデグリーンに劣らない力はあるってことなんだろうねぇ。次も期待。
3/24中山11R マーチS(●)
 2番人気の本命グランドシチーが勝利。
 これまでの実績を考えれば、ようやくの重賞制覇と言えなくもないわけだが、
 もともと中山D1800mは相性が良かったのでこのぐらいはやれるとも思ってました。
 JCダートに向けて、さらなる実績を積み上げて行って欲しいものである。
 
 2着に3番手評価のドラゴンフォルテと同枠のバーディバーディが入り枠連ゲットも、
 グランドシチーの同枠が1番人気のジョヴァンニ(10着)だったこともあり、
 1番人気の枠連で500円。
 まぁ、枠連じゃなきゃ取れなかったわけだし、
 儲かってるんだから文句言えないわけですが…。
 対抗のトーセンアレスは、やっぱり都落ちしてるってことなんでしょうけど、
 3番手評価のドラゴンフォルテは5着止まり。
 中山実績だけならグランドシチーにも負けてないんだけど、
 まだ実力不足ってことなのかなぁ。でも、中山D1800mの平OPなんてあるんかなぁ?

3/24阪神09R 四国新聞杯(◎)
 2番人気の本命コウエイオトメが1着、
 3番手評価の1番人気ラスヴェンチュラスが2着、
 3番人気の対抗マイネマオが3着と、人気通りとはいえ完璧な予想内容。
 それ以上に、単勝外さなくて、本当に良かったです。
 4連続2着からようやく脱出して、1600万下へ昇級。
 相手なりに走れる馬だと思うので、いきなりでも期待できなくもないが、
 休まず使われてるからねぇ。いちおう相手次第かな。
3/24阪神10R 心斎橋S(○)
 2番人気の本命マヤノリュウジンが勝利。
 使い続けられるかどうかがいちばん不安だったんだけど、
 使ってきてくれたので、本命を入れ替えてでも勝ってみたわけですが
 (結局どっちも勝ってるから、あんまり意味無いんだけどねぇ)、
 今回も力のあるところを見せてくれてよかったです。
 ただ、さすがにOPでは即買いとは行きにくいかな。
 数値上の本命ウエストエンドは、15着と惨敗。
 やっぱり使い込み過ぎだと思うんだ、この馬は…。休ませてあげてくださいよぅ。
3/24阪神11R 六甲S(×)
 10番人気のシャイニーホークが勝利。
 3歳時にOP2着(2011クロッカスS)したこともあるけど、
 今年OPに昇級してからの2戦はいずれも着外だったからねぇ。
 ちょっと手は出しにくかったかな。
 しかし、OPなら通用したってことなのかもしれないなぁ。
 昇級後の2戦は、ともにハンデ戦とはいえ重賞だったからねぇ。
 あとは距離的なものかな。短いところならそこそこ使える馬なのかも。
 2着に3番手評価のサンレイレーザー(2番人気)が入ってくれたものの、
 3着のヒストリカル買ってなかったので、馬券ゲットはならず。
 本命のカネトシディオスは、11着と惨敗。
 上位4頭が上がり33秒台の脚で上がって行ってるんだから、
 今回は相手が悪かったというか、完全に上がりの競馬になってしまったので、
 ちょっと力不足だったのかなという感じもするね。
 平OPでそこそこの競馬、っていうのがこの馬の本性なのかもしれないなぁ。

3/24中京09R 岡崎特別(○)
 8番人気のルアーズストリートが勝利。
 特に推せるポイントが無かったので軽視してたんですが、
 休み明けを1つ叩いたのと、鞍上がうまく噛み合ったってことですかねぇ。
 ただ、年齢的に昇級しても厳しいような気はするんだけどねぇ…。
 本命のラトルスネークは、惜しくも3着。
 ハンデキャッパーも認める実力馬だからねぇ。
 馬齢戦とかの方が勝てそうな気もするんだが、単純に適鞍が無かっただけなのかなぁ。
 次も当然期待である。
3/24中京10R 名古屋城S(○)
 4番人気のカワキタフウジンが勝利。
 休み前の成績の悪さも拾ってたせいで評価が伸びなかったんだけど、
 メンバー中中京で2勝してる唯一の馬だったからねぇ。
 近走成績拾い過ぎなのかなぁ…。
 ただ、年齢的にはかなりアレなので、これ以上の上がり目には期待できないが…。
 本命のカレンミロティックは、クビ差の2着。
 惜しい競馬が続くなぁ。まぁ、複勝勝ってる時はこれで良いんですけどねぇ。
 次も当然期待だ。
3/24中京11R 高松宮記念(○)
 1番人気の本命ロードカナロアが勝利、
 2着に2番人気のドリームバレンチノが入り、
 しかもこの2頭が同枠だったので、わずか2点で枠連(480円)ゲット。
 さらにぞろ目で、馬連(470円)で買うよりもちょっとオッズが高くて、超お得。
 これが、枠連の醍醐味なんだよね。
 結果的には、去年のスプリンターズSから勢力図が変わってないってことね。
 ロードカナロアは、秋に向けて潔く休養に入る様子。
 一方のドリームバレンチノは、サマースプリントシリーズに向けてこちらも休養。
 出せるレースが無いから仕方ないんだろうけどねぇ…。
3/24中京12R 瀬戸特別(○)
 2番人気の対抗スズカセクレターボが1着、
 1番人気の本命スプリングシーズンが2着。
 現級連対実績のあるスズカセクレターボと、
 昇級初戦ながら距離実績の高いスプリングシーズンの勝負になったが、
 やはり現級ではスズカセクレターボの方に一日の長があったということなのだろう。
 あとは、スズカセクレターボの鞍上が、戸崎騎手だったっていうのも、
 ダート戦では良かったということなんだろうね。
 鞍上固定なら、一気にOP昇級ぐらいまで充分ありそう。
 一方のスプリングシーズンも、距離実績が高いので、
 昇級初戦でこの成績ならば次も当然期待だろう。

今週は、開催全体の反省があるので、このコーナーではココまで。

« 映画 『シュガー・ラッシュ』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013年第3開催を振り返って »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/57041763

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(12):

« 映画 『シュガー・ラッシュ』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013年第3開催を振り返って »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ