« 映画 『ザ・マスター』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(12) »

映画 『シュガー・ラッシュ』(☆☆☆☆)

自称「永遠のクソガキ」も、現時点で38歳でございます。
そんなどノーマルのファミコンから知ってるワシ的には、
2Dでも充分、というか2Dの方が良かったと思える作品。
あの懐かしのドット絵の味がわかる人なら、
多分わかっていただけるのではないかな、と思うのですが…。

内容としては、ややありがちな、
「わがままはいけませんよ」的な話なんだが、
まぁ作り方がうまいというか、
この発想ができない(ワシを含めた)日本人は
正直どうなんだろうっていう、
よく練られた世界観とストーリー構成が魅力。
ただ、全キャラ解像度を合わせてしまってるのが、
それこそドット絵世代にとってはややザンネン。
あえてその辺の差異を出してくれた方が、
わかりやすかったと思うんだけどなぁ。
まぁ、面白いから許せるけどね。

こういう攻め方を見せられると、
何やかんや言ってもアメリカはTVゲームを生み出した国だなぁ、
って思えるし、
日本はまだそこに乗っかってるだけなのかなぁ、
って気がしちゃうんだよね。
それに、ディズニーも日本をターゲットにしてるって
感じられる箇所が散見したし、
この辺のいじましさ(あざとさ)も
日本はもう少し見習っていいような気はするけどねぇ。

余談だが、吹き替え版のザンギエフの声は、
全然合ってないと思うんだがどうだろうか。

« 映画 『ザ・マスター』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(12) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『シュガー・ラッシュ』(☆☆☆☆):

« 映画 『ザ・マスター』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(12) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ