« 映画 『赦免花』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(16) »

映画 『HK/変態仮面』(☆☆☆☆)

本来他人に勧める類の映画じゃないけど、
ここまで真面目にバカやってくれてれば、正直本望である。
まぁ、小栗旬もホントはガッツリ参加したかっただろうけど、
嫁さんがいい顔するはずないからねぇ、この内容じゃぁ…。

我ら北海道民からすれば、
戸渡先生役の安田顕のアレは、
怪演ではなく本性むき出しってわかってるだけに、
観ていてホント安心できるというか、
東京進出後一番イキイキやってたんじゃないだろうか。

内容も、原作の世界を壊さないようにやってるし
(リアルしたことで作りものっぽくなった点ももちろんあるが)、
初見でもわかりやすいキャラ作りしていたのがまた良い。

まぁ、あの路線は『ハレンチ学園』以来、
『週刊少年ジャンプ』伝統の路線だからねぇ。
もう、そう簡単にはこういうマンガ載せられないだろうね。
こういうおバカ映画が商業ベースでちゃんとやれる懐の深さをが、
日本映画界にもいちおうあるということを再認識する意味では、
貴重な作品と言える。

« 映画 『赦免花』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(16) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『HK/変態仮面』(☆☆☆☆):

« 映画 『赦免花』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(16) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ