« 映画 『フッテージ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(☆☆☆) »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(19)

5/11の結果
 4勝(紫野特別、都大路S、二王子特別、湯沢特別) 5敗
  回収率 80.0%

 

5/12の結果
 4勝(立川特別、パールS、栗東S、三条特別) 6敗
  回収率 52.9%
  年間回収率 83.0%
  通算回収率 75.2%

 

各レースの反省

5/11東京09R 夏木立賞(×)
 8番人気のラシーマが勝利。
 3頭いる500万下連対実績馬の1頭
 (残る2頭は、アポロカーネル(2着)と本命のマンインザムーン)だったということで、
 実績の順で決まったっていことなのかなぁ。
 最近イマイチな結果が続いていたので、軽視してしまったのが失敗だったかなぁ。
 後ろからの競馬の方が、合ってる馬なのかもしれないね。
 本命のマンインザムーンは、8着に敗れる。
 脚質的に言って、中山とか小回りとかの方が良さそうな気がするんだが…。
 
 あと、成長感に乏しいのが何ともなぁ…。もう少しビルドアップできるはず。
5/11東京10R 秩父特別(▼)
 3番手評価の2番人気クイーンオリーブが1着、
 3番人気の対抗ニシノテキーラが2着、
 4番手評価の1番人気ディオベルタが3着と、
 ほぼ完璧な予想内容だったのに、
 本命だけ外れてるせいで馬券ゲットならず、っていうね…。
 クイーンオリーブとディオベルタは、
 休み明けだったのでやや控えめの評価だったんだけど、
 どっちも1回落ちてる体重だったので、今回ぐらいの方が向いてるのかも。
 ニシノテキーラも同様かも知れない。
 一方で、本命のガーネットチャームは、7着に敗れる。
 うぅん…、マイルまでの馬なのかなぁ。
 血統だけならそんなことないようにも見えるんだが…。
 1600m辺りに出てきたら、改めて期待したいが…。
5/11東京11R 京王杯スプリングC(×)
 1番人気の対抗ダイワマッジョーレが勝利。
 距離だけがちょっと不安だったのだが、安定して力の出せる馬なんでしょうね、この馬は。
 そういう馬、好きですよ。
 ただ、本番では相手が強化されるからどうなんだろうかねぇ…。
 2着に5番人気のトライアンフマーチ(ワシもそのぐらいには評価できるけど…)が、
 3着に6番人気のガルボ(フェブラリーSの分は度外視してあげるべきだったか)が
 それぞれ入ってしまい、馬券ゲットはならず。
 本命のトウケイヘイローは、8着に敗れる。
 先行馬が軒並み飛んだので、先行馬には厳しいペースになったんでしょうね。
 そこをコントロールするのが、本物の逃げ馬なんでしょうけど…。

5/11京都09R 紫野特別(◎)
 3番人気の対抗タニノシュヴァリエが1着、
 3番手評価の4番人気ヤマニンガーゴイルが2着、
 1番人気の本命トーセンギャラリーが3着と、ほぼカンペキな予想内容。
 タニノシュヴァリエとトーセンギャラリーは同じ4歳馬だが、
 既に2度の連対を果たしているタニノシュヴァリエの方が、
 現状での力が上だったということだろうね。
 ただ、トーセンギャラリーは、1000万下で4着→3着と着実に力をつけてきているので、
 次も期待できると思う。
5/11京都10R 彦根S(×)
 2番人気のリュンヌが勝利。
 ここ2戦は、着順ほど厳しい負け方ではなかったんだが、
 ワシとしてはあまり積極的に評価してなかったんだよなぁ。その辺がザンネン…。
 年齢的には、いつ引退してもおかしくない感じではあるが、
 まだ伸びしろはあるんですかねぇ…。
 本命のダノンフェアリーは、13着と惨敗。
 前走中団で競馬してちょっと良かったからと言っても、
 今回はさすがに後ろ過ぎだろう。
 今回は枠が悪いのもあったが、もっと前めで競馬しないことにはなぁ…。
5/11京都11R 都大路S(○)
 4番人気の本命リルダヴァルが1着。
 2着にも3番手評価の1番人気マイネルラクリマが入り、枠連ゲット。
 OPまでならある程度信用だよねぇ、リルダヴァルは。重賞ではアレだけど…。
 一方のマイネルラクリマは、重賞勝ちもあるし、夏の過ごし方にも注目だろう。

5/11新潟10R 二王子特別(○)
 1番人気の本命スズカアンペールが勝利。
 持ち時計もいいし、1000万下でも連対実績もある馬なので、
 実力上位だったということでしょう。
 上記の理由から、昇級してもいきなり面白いんじゃないかなと思うんだが…。
5/11新潟11R 八海山特別(×)
 いじって失敗、Part①。
 数値上の本命で5番人気のルチャドルアスールが勝利。
 地方での実績があまり信用できなかったので対抗に落としたんですが、
 前走の内容をもっと素直に評価すべきでしたね。
 まだ4歳馬なので、成長に期待したい馬ではある。
 一方、本命に推したマストバイアイテムは、惜しくもクビ差の4着。
 もうひと頑張りして欲しかったが、内枠を利して気持ち良く行かれ過ぎた面もあるなぁ。
 左回りでは力を出せる馬なので、次も左回りなら当然期待だ。
5/11新潟12R 湯沢特別(○)
 いじってもいじらなくてもあまり変わらなかったレース。
 数値上の本命で単勝3番人気のバラードソングが1着、
 本命に推したアグネスマチュアが2着。
 複勝では人気が逆転して、バラードソングが200円でアグネスマチュアは210円。
 でも、差が10円じゃねぇ…。
 正直、バラードソングの能力がよくわからなかったから、
 わかる方をなんとなく推しちゃったのが悪いんだけどさぁ。
 まぁ、当たったから良いんだけど、
 バラードソングは上がったからって人生バラ色ってわけじゃないし、
 アグネスマチュアもどかしい競馬が続くなぁ、と思うわけで…。

5/12東京09R 立川特別(○)
 7番人気のマイネヒメルが勝利。
 1枠1番を利しての見事な逃げ切り勝ち。
 でも、左回りがあまり得意じゃないんじゃ…、と思ってたんだよねぇ。
 これだけ気持ち良く行かれたら、コーナーもクソも無いかぁ。
 本命のミヤコマンハッタンは、なんとか3着を死守。
 昇級初戦とはいえ、安定感もあって斤量もそれなりに恵まれてたので
 思い切って推してみたんですが、
 初戦でこの成績なら上出来と言えるだろう。次はハンデ戦でなくても期待できそうだ。
5/12東京10R 立夏S(×)
 5番人気の対抗スズカセクレターボが勝利。
 3番手まで全部互角評価だったので迷ったのですが、
 馬券に絡んだのがこれだけだったということは、ミスチョイスだったということ。
 ダート戦では、外人騎手よりも地方出身騎手の方が頼りになる、ってことなのかなぁ。
 本命のタイセイファントムは、そういう理由もあって9着に敗れる。
 あとは、時計勝負に対応できなかった可能性もあるなぁ。
 そうなると、この辺りで頭打ちかもなぁ。
5/12東京11R ヴィクトリアマイル(×)
 1番人気のヴィルシーナが勝利。
 前走の内容がイマイチだったので、思い切って切ってみたんだけどねぇ…。
 距離的なものだったんですかねぇ。
 そうなると、やっぱりディープ産駒=マイラー寄りってことなのかなぁ。
 
 ただ、どっちにしてもホエールキャプチャ(2着)は買えなかったので、
 どっちにしても同じだったかなぁ。
 それよりも、悲劇2件。
 まずは本命のサウンドオブハート。
 レース後下馬。検査の結果屈腱炎発症が発覚し、そのまま引退。
 この無念は、息子か娘がきっと晴らしてくれるはず…。
 もう1件は、競走中止のフミノイマージン。
 指関節脱臼により予後不良と発表されてしまいました。
 年齢が年齢だったので、今となっては今年走らせる必要があったのかどうか…。
 謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
5/12東京12R BSイレブン賞(×)
 2番人気のヴォーグトルネードが勝利。
 昇級後イマイチな内容が続いていたので軽視してたんですが…。
 締まったダート馬場との相性が良さそうな馬ですね。
 スピード勝負にも強そうだし、昇級しても面白いかな、良馬場以外限定だけど…。
 本命のリーゼントブルースは、4着止まり。
 やや強引にハナを取りに行ったのが、最後に堪えてしまったかもなぁ。
 わりとハナにこだわるタイプのようなので、
 そういう意味では融通が利かないのがこの馬の弱みかなぁ。

5/12京都09R パールS(○)
 1番人気の本命ゴールデンナンバーが勝利。
 前走も格上挑戦ながら着順ほど悪い負け方ではなかったし、
 牝馬限定戦なら既にOP級に近い力を持っていると言えるんじゃないだろうか。
 2000mにも対応できるなら、マーメイドSに挑戦しても面白いだろうが、
 本質的にはマイラーだと思われるので、降格待ちの方が現実的かな。
5/12京都10R 葵S(×)
 1番人気の本命ティーハーフが1着に入るものの、
 2着に14番人気のカゼニタツライオンが入ってしまい、馬券ゲットはならず。
 ティーハーフは、京都では4戦して4戦とも馬券に絡んでいる堅実派。
 こういう馬場が一番合うんでしょうね。
 ただ、今のところ重賞で戦える器かっていうと、そうでもなさそうなんだよね…。
 一方のカゼニタツライオンは、
 芝実績も無く、乗り替わりもあまり好印象ではなかったんですが、
 今回は精神的なしぶとさを発揮した感じですね。
 距離的にはスプリント戦が合う感じのようだ。
5/12京都11R 栗東S(◎)
 1番人気の本命マルカバッケンが1着、
 3番人気の対抗スリーボストンが2着、
 3番手評価の2番人気ナガラオリオンが3着
 (ちなみに4着も4番手評価のアルゴリズム)と、
 ある程度人気通りとはいえ順位まで完璧な予想結果。
 
 
 
 
 
 マルカバッケンは、今年になって内容のあるレースができるようになった感じだね。
 今の好調さならば、交流重賞で勝ち負けできるんじゃないだろうか。
 スリーボストンは、やはりこの距離では堅実に走ってくれる馬。
 ただ、この馬の場合輸送はあまり向かなさそうな感じではある。

5/12新潟10R はやぶさ賞(×)
 いじって失敗、Part.②。
 1番人気のクリノタカラチャンが勝利。
 休み明けだったので軽視してたんですが、
 メンバー中2頭しかいない500万下で連対実績のある馬
 (残る1頭は、数値上の本命ヴァレンティーネ)だったので、
 ある意味実力通りだったということだろう。
 そんなヴァレンティーネを、直線競馬の1枠1番という理由だけで対抗に落として、
 それで馬券まで落としたとなれば…。後悔しきりです。
 代わって本命に推したアイサレジョウズは、12着と惨敗。
 小回りの方がいい、
 つまりコーナリング勝負に持ち込んだ方が良い馬なんじゃないかな、ということか。
5/12新潟11R 赤倉特別(×)
 
 いじって失敗、Part.③。
 数値上の本命で1番人気のシャドウバンガードが勝利。
 正直、使い込まれ過ぎてるので上がり目が無いと思ってたんですが…。
 4歳馬ではメンバー中唯一1000万下連対実績がある馬なので、
 地力上位だったということなんだろうねぇ。
 ただ、これで使い込み懸念が払拭されたわけではないので、
 次もそれほど期待はできないわけだが…。
 一方、代わりに本命に推したブライトボーイは、7着に敗れる。
 この馬こそ、使い込み過ぎなような気がしてきたなぁ…。
5/12新潟12R 三条特別(◎)
 6番人気の対抗ステップアヘッドが1着、
 1番人気の本命リベラルアーツが2着、
 3番手評価の2番人気エアウィーバーが3着と、ほぼ完璧な予想内容。
 ステップアヘッドは、リベラルアーツとともに新潟実績のある馬。
 また、着は拾えるタイプの馬なので、今回も着は拾ってくるのでは、
 ぐらいには思ったのですが、勝っちゃいましたねぇ。
 体重が戻ったのが良かったんじゃないですかねぇ。
 一方のリベラルアーツは、今回は相手が止まってくれなかったのが敗因。
 良い脚をもってる馬なので、次も当然期待である。

反省の結果が活きてきていないと実感した今週の結果。
結局、印を打つ候補の中でしかやってないのが悪いんでしょうね。
印を打ってない馬から抜擢するぐらいじゃなきゃ、
本当はいけないんでしょうけど、
それは結局自分の予想自体を否定することになるのでねぇ…。
それなら、いっそ自分の予想と心中する方が潔いかな、と思う今日この頃です。
というわけで、今開催いっぱい印をいじらずにやって行くことにし、
それで結果があまり変わらないようならば、
以降反省自体を打ち切る方向で行こうかと思っております
(要するに、以前の状況に戻るだけ、ということ)。
とりあえず、5/18、5/19の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連
 新潟:条件戦=複勝1点買い OP以上=ワイド

« 映画 『フッテージ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(☆☆☆) »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/57385682

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(19):

« 映画 『フッテージ』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(☆☆☆) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ