« 映画 『モネ・ゲーム』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-05-25 »

「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(20)

5/18の結果
 3勝(メイS、メルボルントロフィー、シドニートロフィー) 7敗
  回収率 81.2%

 

5/19の結果
 6勝(テレ玉杯、丹沢S、昇竜S、荒川峡特別、駿風S、白馬岳特別) 5敗
  回収率 72.2%
  年間回収率 82.4%
  通算回収率 75.2%

 

各レースの反省

5/18東京09R カーネーションC(×)
 1番人気の対抗ダイワストリームが勝利。
 追込みよりも、やはり中段からの仕掛けが合うみたいですね。
 安定感のある馬ではあるが、牡馬と混じったり古馬と混じるのはどうなんだろうかねぇ…。
 本命のセンティナリーは、6着に敗れる。
 この馬も、追込みより中段からの仕掛けの方が合うと思うんだよね。
 ただ、このテの戦略はスタートしてみないと分からないところがあるからねぇ…。
5/18東京10R 秋川特別(×)
 3番人気の対抗チェリーヒロインが勝利。
 本命のトシザグレイトと互角評価で迷ったんだけど、
 前走負けてたので対抗止まりにしてたんだけどなぁ…。
 トシザグレイト(8着)が調子落ちしてるだけなのかなぁ…。
 それなら、トシザグレイトは次以降狙いにくくなるような気はするけど…。
5/18東京11R メイS(○)
 16番人気のタムロスカイが勝利。
 半年の休み明けだったので、軽視してたんですが…。
 リフレッシュってことしか考えられないわけだが…。
 本命のムーンリットレイクは3着、
 対抗のセイウンジャガーズが2着に入り、ワイドを見事ゲット。
 ムーンリットレイクは、安定感があるので1つ叩いた次はさらに期待できそう。
 セイウンジャガーズは、距離実績こそ乏しいが、調子は良いんだろうね。
 OPなら、マイル近辺までけっこう戦えそうな感じに成長してきたんじゃないだろうかねぇ。

5/18京都09R メルボルントロフィー(○)
 本命候補だったエーシンマックスが、出走取消で吹っ飛び、
 本命変更を余儀なくされた一戦。
 勝ったのは、5番人気のヒルノドンカルロ。
 芝実績が無かったので軽視してたんだけどねぇ…。
 血統的には、確かに長いところが向きそうな感じするけどねぇ。
 本命のマウイノカオイは、なんとか3着を死守。
 ヒルノドンカルロに、気持ち良く行かれ過ぎたっていうのもあるけど、
 それにしても切れ味不足。もう少し前めで競馬して行かないとダメっぽいなぁ。
5/18京都10R オーストラリアトロフィー(×)
 4番人気のメイショウキラリが勝利。
 芝実績が無かったので軽視してたんですが…。
 4歳馬なだけに、まだ伸びしろがあるということだろうか。
 ただ、今回はあくまでも牝馬限定戦。
 牡馬相手に通用するだけの力があるかどうかが今回の焦点だろう。
 本命のマイファーストラヴは、5着止まり。
 力勝負の方が合ってるのかも知れないなぁ。
5/18京都11R 平安S(×)
 1番人気の本命ニホンピロアワーズが勝利。
 実績面から言っても、ココは順当勝ちだろう。
 しかし、2着に8番人気のナイスミーチューが入ってしまい、馬券ゲットはならず。
 
 何が良くなったのかさっぱりわからんです。
 成績がやや極端な感じなので、当てにしにくい馬であることは確かですが…。
 トウショウフリークは、まだ力不足だったかねぇ。
 ハタノヴァンクールは、初めての59㎏が堪えたのかねぇ。
5/18京都12R シドニートロフィー(○)
 4番人気のリュクスメジャーが勝利。
 今回に関しては、鞍上にうまく乗られちゃったかねぇ。
 浜中騎手に固定なら、次もそこそこ期待できるかも…。
 本命のオピーディエントは、なんとか3着を死守。
 相手なりには走れるんだけど、逆に言えば突き抜けるほどの力はないということ。
 まぁ、ヘンに勝って上で苦戦するより良いかもしれないですけどねぇ。

5/18新潟10R 早苗賞(×)
 11番人気のナンヨーケンゴーが勝利。
 新潟実績があるとはいえ、近5走ともいいところが無かったので、
 買ってやれなかったなぁ。
 
 
 
 いちおう新潟が合うっぽいけど、そもそも成績が極端だからなぁ…。
 本命のシンボリジャズは、8着に敗れる。
 乗り替わりのせいにはしたくないけど、今ひとつ噛み合わなかったのかねぇ。
 とはいえ、時計自体は出てきているので、成長力自体はあると思う。
 今後のさらなる成長に、いちおう期待して行きたい。
5/18新潟11R 大日岳特別(×)
 6番人気のナムラハヤテが勝利。
 休み明けだったので軽視してたんですが、
 リフレッシュ成功といったところでしょうかねぇ。
 平坦馬場の方が向きそうなので、次の使いどころにやや悩む時期だが…。
 本命のエクセレントピークは、11着に惨敗。
 今回のメンバーからすると、位置取りが後ろ過ぎたっぽいなぁ。
 ハンデ戦だったとはいえ、相手が悪かったということかも知れない。
5/18新潟12R 五泉特別(×)
 2番人気のノーブリーが勝利。
 ワシ的には、なんでこんなに人気になってるのかよくわからないわけだが…。
 着差だけ見ると、調子が上がって来ていたということなのかも知れないが、
 それほど強調できるポイントが見出せなかったなぁ…。不覚です。
 本命のイントゥザブルーは、10着と惨敗。
 全然絞り足りなかったなぁ。一絞りした上にビルドアップしての次走に期待したいが…。

5/19東京08R 芍薬賞(×)
 1番人気の対抗ミヤジマッキーが勝利。
 連対率では、本命のジョバイロより上だったから、
 その辺りを評価できれば取れてたかも知れないですね。
 一方で本命のジョバイロは、9着に敗れる。
 デビュー以来休みなく使われてたのがいよいよ出て来ちゃったかな。
 じゃなきゃ、左回りがあまり得意じゃない馬なのかも知れないですね。
5/19東京09R テレ玉杯(○)
 5番人気のアルキメデスが勝利。
 1年近い休み明けだったので、そこまで積極的に評価できなかったんですが…。
 鞍上にうまく乗られちゃったかも知れないですね。
 重賞3着(2012アーリントンC)の実績もあるし、
 1つ叩いた上積みもあるので、次走も期待できるかな。
 本命のスーパームーンは、アタマ差の2着。
 休み明けなので、まぁ無難にこなしたというところだろう。次も当然期待できるはずだ。
5/19東京10R フリーウェイS(×)
 3番人気の対抗ランリョウオーが勝利。
 ようやく勝ち切りましたね、この馬。左回りが合うのかも知れないですね。
 鞍上がうまく乗った結果とも言えるかもしれないですね。
 本命のアミカブルナンバーは、6着に敗れる。
 前が止まってくれなかったのが全てでしょうね。相手が悪かったです。
5/19東京11R 優駿牝馬(オークス)(×)
 9番人気のメイショウマンボが勝利。
 血統的には、父方、母方ともにヘイルトゥリーズン系×ミスプロ系という同系配合。
 良い方に出れば、過去の名馬の特徴が強く出るわけですが、
 この馬はある意味その好例かも知れないですね。
 クロスも複雑に絡み合ってるし、案外よく計算された配合なのかも知れないです。
 あとは、桜花賞がさすがに体重減り過ぎだったということかも知れないです。
 秋に向けて、さらなるビルドアップがあれば牡馬にも劣らぬ実力馬に成長するかも…。
 本命のデニムアンドルビーは、なんとか3着を死守するも、
 2着も無印のエバーブロッサムで、馬券ゲットはならず。
 デニムアンドルビーは、まだキャリア不足だったかも。
 輸送の連続で精神をすり減らした可能性もあるしねぇ…。
 対抗のアユサンは4着。
 やっぱり桜花賞は究極の仕上げだったってことだろうねぇ。
 そこから戻りきらなかったのが、今回の敗因ではないかと、ワシは考えるんだが…。
5/19東京12R 丹沢S(◎)
 5番人気の対抗コルポディヴェントが1着、
 1番人気の本命イッシンドウタイが2着、
 3番手評価の3番人気ギャザーロージズが3着と、ほぼ完璧な予想内容。
 コルポディヴェントは成績が極端だったので、
 勝つ時はこうやって勝つし、負ける時は見せ場無しという馬。
 当てにしにくいので本命視しにくいが、勝負強さはありそう。
 本命のイッシンドウタイは、2戦連続の2着。
 こういう、前めの競馬が合うみたいですね。
 勝ち切ることはやや難しい脚質かもしれないが、
 着実に着を拾ってくれることを、ワシ的には期待して行きたい。

5/19京都09R 烏丸S(×)
 3番人気の対抗ニューダイナスティが勝利。
 惜しい競馬が続いていたけど、
 エックスマークほど安定感が無かったので対抗止まりだったわけですが…。
 やはり、平坦馬場の方が力を発揮できるんでしょうね。
 そのエックスマークは、競走中止。
 ひとまずは無事だったようで、何よりです。
 川田騎手が早めに止めたおかげかも知れないですね。
 無事復帰を祈らずには居られません。
5/19京都10R 昇竜S(◎)
 1番人気の本命クリソライトが1着、
 3番人気の対抗エーシンゴールドが2着、
 3番手評価の4番人気マイネルクロップが3着と、印の順位まで完璧な予想内容
 (その分配当はアレですが…)。
 クリソライトは、何かきっかけを掴んだのか、これで連勝。
 血統的にも今後のダート路線の上位一角を占める存在になってくるだろう。
 エーシンゴールドも、その辺りは同様。
 今回は休み明けだったということで後塵を拝したが、
 この馬も連対率100%継続中。今後への期待も膨らむ。
5/19京都11R 深草S(×)
 1番人気のノーザンリバーが勝利。
 さすが重賞勝ち馬ということなんでしょうが、
 皐月賞ダービーでの惨敗分がまだ近走扱いだったので、
 その分の減点で評価を落としてたんですよねぇ。
 
 
 芝での勝ち鞍が重賞(2011アーリントンC)の1勝だけだったので、
 本質的にはダート馬なのかも知れないが、
 最近は芝ダート兼用がまたブームなんですかねぇ。
 本命のクランチタイムは、10着と惨敗。
 体重大幅減で行き脚が無くなったのかねぇ。 それとも戦術?
 切れ味のある馬ではないので、この位置取りは致命的。
 減らし方が良くなかったということだと、ワシは思うんだけどねぇ…。

5/19新潟10R 荒川峡特別(○)
 5番人気のミライヘノカゼが勝利。
 そもそも成績が極端なので当てにできない上に、小倉での惨敗が近走扱いなので、
 全然拾えなかったですねぇ。
 いちおう平坦馬場の方が合うんでしょうが…。
 本命のアルティストは、クビ差の2着。
 芝では勝ち切れないのかなぁ。このクラスでは上位だと思うんだが…。
5/19新潟11R 駿風S(○)
 3番人気のビラゴーティアラが勝利。
 関西遠征分は、カウントしない方が良いのかなぁ。
 ただ、OPに上がると遠征せずに済ますわけには行かないので、
 予想の時には注意が必要かもしれない。
 本命のレオパステルは、2着をキープ。
 直線競馬がやはり合うようですね。ということは、コーナリングが苦手ということ?
 とはいえ、昇級初戦でこの成績は上出来。次も期待していいんじゃないだろうか。
5/19新潟12R 白馬岳特別(○)
 1番人気の対抗マルブツビアンが勝利。
 昇級初戦&乗り替わりで対抗止まりにしてたんですが、
 左回りの方がより力を発揮できるようですね。
 中京開催もあることだし、次走も期待できるかも。
 本命のオーシャンドライブは、惜しくもハナ差の2着。
 なんでこんなに太っちゃったかねぇ。
 これをきっちり絞ってビルドアップしてくれば、また違うんだろうけど…。
 そういう意味では次に期待したいわけだが…。

対抗1着が土日で7鞍(22戦中)って、ミスチョイスにも程があるなぁ。
ただ、やっぱり結果論的な理由付けが多いので、
今後に本当に活かせるか、やはり疑問符が付きますねぇ。
まぁ、ひとまずひとり反省会やめる前提なんですが、
ワシなりにいくつか考えてることもあるので、まぁ期待しないで見ててくださいな。
5/25、5/26の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=単勝2点買い OP以上=ワイド
 京都:条件戦=複勝1点買い OP以上=枠連

 

« 映画 『モネ・ゲーム』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-05-25 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/57439634

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」今週の反省 2013-(20):

« 映画 『モネ・ゲーム』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-05-25 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ