« 映画 『リアル~完全なる首長竜の日~』(☆☆) | トップページ | 映画 『オブリビオン』(☆☆☆☆) »

映画 『エンド・オブ・ホワイトハウス』(☆☆☆)

思った以上にフツーで、
見事なまでにハリウッドの方程式通りのアクション映画。
ただ、そうなるともう少し厚みが欲しくなっちゃうんだよなぁ。
とりあえず、悪役の描写が薄っぺらい。
あと、大統領(アーロン・エッカート)一家と
バニング(ジェラルド・バトラー)の濃厚な関係性が
あんまり活かされてないような気がするんだがなぁ…。
要するに、あんまり考えなくていい感じに仕上がってしまったわけで、
まぁあまり考えずに観るのに適した映画だってこと。

ただ、最近北朝鮮をネタにすることがわりと多いアメリカ。
まぁ、ネタにしてるうちはまだそれほど脅威に思ってない、
ってことかもしれないですけどねぇ。
世界は、まだいちおう平和ってことかな。

« 映画 『リアル~完全なる首長竜の日~』(☆☆) | トップページ | 映画 『オブリビオン』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『エンド・オブ・ホワイトハウス』(☆☆☆):

« 映画 『リアル~完全なる首長竜の日~』(☆☆) | トップページ | 映画 『オブリビオン』(☆☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ