« 映画 『バレット』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ある会社員』(☆☆☆) »

映画 『グランド・マスター』(☆)

「美しすぎる」と形容されるモノやコトが世にあふれる昨今。
今作は言うなれば「美しすぎるカンフー映画」。
しかし、あまりにも様式美にこだわりすぎたせいなのか、
カンフー映画が本来持っている小気味良さが失せた、
非常に眠い映画になってしまった。
また、各流派間の絡みも希薄で、
八極拳が今作の中でどういう意味を持ってるのか、
結局最後までわからずじまい。
ひたすら映像の美しさで押し切ろうという風にしか見えず、
非常に残念な出来になってしまった。
コレを観るぐらいなら、反日色で、脚色が強くとも
ドニー・イェン版の『葉問 イップ・マン』シリーズの方が、
断然カンフー映画らしい出来で、気持ち良い。

« 映画 『バレット』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ある会社員』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『グランド・マスター』(☆):

« 映画 『バレット』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ある会社員』(☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ