« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-07-28 | トップページ | 映画 『ザ・ウォーター・ウォー』(☆☆☆☆) »

映画 『終戦のエンペラー』(☆☆☆)

結論から言うと、
ここ数年の終戦記念特番の中からエピソードを抽出した、
という程度の、特に目新しい話のない作品。
逆に言えば、そういう番組を観ていない諸兄にとっては、
網羅的に触れられているので、
そういう意味ではできのいい作品と言えるかも知れない。
ただ、全体的に描写が淡白であり、
また当然のことながら白黒つけられる問題ではないので、
モヤモヤ感が残る作品と言えなくもない。

ワシ的には、作中のフェラーズ(マシュー・フォックス)と
鹿島(西田敏行)の掛け合いが興味深かった。
アメリカ軍人として日本軍兵士の心理を知ろうと彼は、
逮捕の危険も顧みず単身日本軍将官である鹿島の屋敷を訪れるのである
(愛する人とともにいたかった、という気持ちも強かっただろうが)。
そんな彼に対し鹿島は、
「日本軍兵士は、単一の価値観を信奉しているから、
アメリカ軍と戦っても必ず勝利する」と誇らしげに語って見せるのだ。
このやり取りにこそ、『孫子』の
「敵を知り己を知れば百戦して危うからず」という
有名な一節の真理が垣間見えるとワシは思うのだ。
敵の懐に飛び込んででも敵を知ろうとするアメリカと、
それに対して逆取材もかけず精神的優位のみを誇示し、
単一の価値観を盲信する日本。
この差は決定的なものであると、ワシは思うのだ。

また、ワシは天皇に戦争責任はあると考える者である。
天皇も、我が身可愛さからか、
御前会議という議場の中の小さな平和を守ったがゆえに、
国家を危地に追いやった張本人なのである。
もちろん、国家の安寧よりも新聞の部数の方が大事だった
当時のマスコミ連中にも問題はあるし、
議場の平和に固執した他の参加者にも問題はある。
しかし、数百万人死なせた後になって、
ようやく議場の平和を打ちこわし、
「全責任は我にある」と言っても、
死んで行った数百万人の命は帰ってこないのである。
確かに、当時の世界情勢は複雑であり、
結果として天皇制を維持したことで、
アメリカにとって日本は対共産圏の防波堤となったことは確かである。
しかし、このことで日本は国民国家としての真の成長を
止められてしまったと見ることもできる。

『風立ちぬ』の中で、
「貧乏なこの国が、欧米と互角の兵力を持とうとする。
大いなる矛盾じゃないか」
ていったようなフレーズが登場する。
まさにその通りで、しかも『風立ちぬ』で描かれているのは
関東大震災の直後なのである。
軍縮すると言えば、かの宇宙人の祖父が「統帥権干犯」と騒ぐ、
いやホント度し難い国なのである。

閑話休題。
ワシが語ったような熱さは、この作品からはあまり感じられなかった。
ワシ的にはやや消化不良な作品。
考えさせる作品、という意味で☆3つということにさせていただく。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-07-28 | トップページ | 映画 『ザ・ウォーター・ウォー』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『終戦のエンペラー』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-07-28 | トップページ | 映画 『ザ・ウォーター・ウォー』(☆☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ