« 重賞上位馬占い(7/7分) | トップページ | 映画 『プッシャー』(☆☆) »

映画 『李藝 最初の朝鮮通信使』(☆☆)

「最初の朝鮮通信使」と言われる
朝鮮王朝時代の外交官李藝の足取りを追いながら、
彼が行き来した室町中期以降600年弱の
日朝交流の歴史をざっくり紐解くドキュメンタリー。
しかしノリは旅番組に近く、
韓流スターユン・テヨンが各地でオバハン方と交流する画が
2~3割含まれており、
またユン・テヨン目当てと思われる観客も少なくない。

まぁ、ブルーレイ上映の時にワシがよく使うセリフだが、
内容はやっぱりスクリーンサイズではない。
しかし、旅番組と考えると訪問先がツウ過ぎるし
(とはいえ、江戸時代の朝鮮通信使に
「日東第一形勝」と言わしめた鞆の浦の「対潮楼」は絶景)、
かと言ってドキュメンタリーとしては地味だし、
そもそもテレビであまり需要のないジャンルだからねぇ。
もっと言えば、李藝の人間性に対する掘り下げが甘いし
(あんまり史料が残ってないのかも知れないが)、
ほぼ『母をたずねて○千里』的なノリで押してくるだけで、
ドキュメンタリーとしての内容も薄い。
旅番組としても、ドキュメンタリーとしても浅薄な作品。

« 重賞上位馬占い(7/7分) | トップページ | 映画 『プッシャー』(☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『李藝 最初の朝鮮通信使』(☆☆):

« 重賞上位馬占い(7/7分) | トップページ | 映画 『プッシャー』(☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ