« 映画 『風立ちぬ』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2013年第7開催を振り返って »

映画 『プッシャー3』(☆☆)

今までの主人公2人と違って、
親分ともなるとやることが違う。
いざとなりゃ自らても下すし(単に成り行きだけど)、
昔の伝を使って証拠隠滅だってやる。
娘の恋人がバイニンだってわかれば、
自分の手駒にだって加える。
でも、やっぱり人の親。
娘に「彼には安くクスリを卸してあげなさいよ」
と言われれば、渋々でもOKしてしまう。
一方、バイニンの元締めやってて、
バイニンから「ジャンキー」って呼ばれてても、
いちおうセミナーに通って薬断ちしようとしてるし
(結局ヤっちゃうんだけど)、
まぁ微笑ましいっちゃあ微笑ましいんだが…。

今回もラストは中途半端ではあるが、
今までと違っていちおう一仕事終えた感じだけは漂わせてる。
何やかんやでこうやって生き残ってるから、
親分やってられるんだろうね。
こういうたくましさは、見習うべきところかも知れないが、
全編通してモヤモヤ感だけはまったく払拭されず。
その点は、如何ともし難いね。

« 映画 『風立ちぬ』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2013年第7開催を振り返って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『プッシャー3』(☆☆):

« 映画 『風立ちぬ』(☆☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」2013年第7開催を振り返って »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ