« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-08-25 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-08-31 »

映画 『ガッチャマン』(☆)

キャラの味付けが違うとか、
そもそも剛力がイメージに合わないとか、
正直どうでもいいです。
そもそも、特撮+CGという潔くない撮り方というか、
作品としての完成度そのものを問いたい。
東宝(今作の配給元)が『ゴジラ』という特撮シリーズを捨てて、
来年で10年。
今、特撮をコンテンツとして輸出産業にまで育てた東映には、
30年以上のノウハウの蓄積がある。
オリジナルアニメ版『ガッチャマン』は、
その東映の『スーパー戦隊シリーズ』に大きな影響を与えた、
とさえ言われている。
30年の時を経て、その『スーパー戦隊シリーズ』の経験者を
擁してまで実写化に踏み切った今作ではあるが、
結果的に『スーパー戦隊シリーズ』が30年以上に渡って
やってきたエピソードの幾つかを、
切り貼りして作ったような作品になってしまった。
言ってみれば、主客転倒である。
コスチュームもイマイチだし、
殺陣の組み立てもイマイチ。
キャスティングに中途半端にカネかけるぐらいなら、
タツノコが主体になって、
潔くフルCGアニメーションにすれば良かったのに…
(もちろん、「コンドルのジョー」はcvささきいさおで)。
その点では、東映も『デビルマン』で失敗しており、
9月公開の『キャプテン・ハーロック』では、
潔くフルCGアニメーション化したようで、
その出来が今から楽しみではあるのだが…。
今や、特撮を撮ろうと思ったら、
東映か細細とウルトラマンシリーズを撮っている円谷プロしか
ノウハウの蓄積でいえば選択肢ないんじゃないかなぁ。

返す返すも、『ゴジラ』シリーズ以来の
特撮のノウハウを捨ててしまったことが悔やまれる作品。
内容的にも、『XーMEN』とか『マン・オブ・スティール』で
足りる感じで、
あまり「コレじゃなきゃ」感がないのもザンネンなポイント。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-08-25 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-08-31 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/58072346

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ガッチャマン』(☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-08-25 | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-08-31 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ