« 映画 『シージャック』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-09-29 »

「新・中央競馬予想戦記」 2013-09-28

9/21の結果
 3勝(九十九里特別、セプテンバーS、夕月特別) 1分(大阪スポーツ杯) 2敗
  回収率 63.8%

9/22の結果
 3勝(茨城新聞杯、甲東特別、ムーンライトハンデキャップ) 1分(神戸新聞杯) 2敗
  回収率 42.1%
  年間回収率 73.5%
  通算回収率 74.6%

年間回収率が、ついに通算回収率を下回る水準まで下落。
「小さく勝って大きく負ける」という、いつものワシに完全に逆戻り。
秋のGⅠシーズン開幕だというのに、ユーウツですわぁ。
9/28、9/29の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 阪神:条件戦=単勝 OP以上=枠連

中山09R 芙蓉S(2歳OP 芝短)
  ◎ ⑩パシフィックギャル
  ○ ⑥マイネルアウラート
  ▲ ③シャインシュラーク

中山10R 習志野特別(3上1000万下 芝中 2点)
  ◎ ⑩タツミリュウ
  ○ ⑧マイネルディーン
  ▲ ②アルティスト
  △ ⑦ダノンジェラート

中山11R 秋風S(3上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ⑭ケイアイエレガント
  ○ ②ブレイズアトレイル
  ▲ ⑬ミヤビファルネーゼ

阪神09R ヤマボウシ賞(2歳500万下 D短 2点)
  ◎ ⑦アースコネクター
  ○ ②ピクニックソング
  ▲ ⑫ローブデソワ

阪神10R 芦屋川特別(3上1000万下 芝短 1点)
  ◎ ④ワキノブレイブ
  ○ ⑩アグネスキズナ
  ▲ ⑨ロンド

阪神11R シリウスS(3上GⅢ D中)
  ◎ ⑨サトノプリンシパル
  ○ ⑪グランドシチー
  ▲ ⑬ナイスミーチュー
  △ ①グラッツィア
 本命は、前走の内容を重視して3歳馬の⑨。
 距離経験も阪神経験もないのは気がかりではあるが、
 その分斤量も恵まれたし、鞍上にも期待が持てる。
 しかし対抗以下は、過去の傾向に照らせば斤量的にやや難のある馬ばかり。
 というのも、D2000mになって以降(といっても、まだ6回分しかデータがいわけだが)の
 このレースの勝馬は、斤量が56kg以下(古馬換算)となっており、
 対抗~4番手まで皆その条件を満たしていない。
 対抗の⑪、3番手の⑬は、中央重賞を勝っており実績は充分。
 4番手の①は、阪神コースで良績無しとはいえ前走勝ちで勢いは充分。
 ということで、今回はあえて馬単で
 ◎→○▲△の3点のみ狙い撃ちしてみようと思います。

« 映画 『シージャック』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-09-29 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/58279248

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2013-09-28:

« 映画 『シージャック』(☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-09-29 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ