« 映画 『サイド・エフェクト』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『キャプテンハーロック』(☆☆☆) »

映画 『共喰い』(☆☆☆)

改めて確認することでもないんだけど、
やっぱり女の方がたくましくて、
男っていうのは実際どうしようもない存在なんだな、
と思うわけであります。
そういうことを、フツーな光景の中で描き出しているっていうのが、
ある意味では素晴らしいことではあるんだが、
そうであるがゆえに
全体としてまったりとした話になってしまっているのが、
映画らしくないというか、
鮮烈なイメージを残せずに終わってしまうのが、
ザンネンといえばザンネン
(そういうところがリアルである、と言えなくもないのだが)。
挙げ句の果てに、寝取られみたいな話まで出てくると、
やや時代に媚びてるなくもないわけで…
(ワシは原作未見なのであの辺りをどう書いてるのか知らんけど)。
千種(木下美咲)の性を目覚めさせたという意味では、
遠馬(菅田将暉)は結局円(光石研)を越えられなかった、
とも見ることができるわけで、
そういう意味では遠馬には見るべきところがない、
本当にしょうもない主人公という見方もできる。
ただ、登場人物のアクの強さがあまり出てこず、
掘り下げ方が甘く見えてしまった。
原作は、きっともっと濃ゆい人間描写が行われてるのでは、
と思わせるものはあるが、
映画にありがちの時間の制約に阻まれた感もある。
原作と違うものに仕上がったのかもしれないが、
それはあくまでも読者に対するサービスであり、
未見の人間にとってはやや浅薄な作品、
という印象になってしまった
(あくまでもワシ個人の感想ではあるが)ように思われる。
これもまた、惜しい作品。

« 映画 『サイド・エフェクト』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『キャプテンハーロック』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『共喰い』(☆☆☆):

« 映画 『サイド・エフェクト』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『キャプテンハーロック』(☆☆☆) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ