« 映画 『共喰い』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『許されざる者』(☆☆☆☆) »

映画 『キャプテンハーロック』(☆☆☆)

もともと松本零士作品は、必ずしも子供向けではない
(とワシは思う)ので、
こういうメッセージ性のある作品にしても、
そう違和感はない。
あと、『デビルマン』での失敗を活かして、
東映アニメーションに製作を一本化したことは
(制作委員会には東映本体も名を連ねているが)
今作にいい影響を与えていると思う
(いくつかギクシャクするところもなくはないが、目をつぶれるレベル)。

ただ、とりあえず2Dでよかったな
(3Dで観たら必ずこういう後悔してるワシだが…)。
確かに、CGの造形なんかはすごく頑張ってるのが見て取れるが、
別にそれは2Dでも充分に堪能できるものだと思うし、
結局表現の本質は映像ではないと思うので、
無理に3Dで観る必要はやっぱりないと思う。

あと、どうしても「あの震災」を含む
隠蔽体質とか汚染に対する向き合い方とかが
主題になるのは仕方ないことだとは思うのだが、
ワシとしては「幻にすがる」のも「前だけ向いて進む」のも、
思考停止という意味では同じことだと思うわけであります。
確かに極端から極端に走るのは
わかりやすいことだとは思うのだが、
その失敗もこの国が繰り返してきたことなわけで、
そういう意味では奥深さが足りないかな、
と思うわけであります。

日本のCGアニメーションもこのぐらいやれるよ、
っていうのを見るのにはいい映画ではある。
しかし、こういうテーマを表現するのに、
この舞台を選んだことが良かったとは、
必ずしも言えないと思うのだが…。

« 映画 『共喰い』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『許されざる者』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『キャプテンハーロック』(☆☆☆):

« 映画 『共喰い』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『許されざる者』(☆☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ