« 映画 『人類資金』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-10-27 »

「新・中央競馬予想戦記」 2013-10-26

10/12の結果
 4勝(プラタナス賞、昇仙峡特別、愛宕特別、オパールS) 3敗
  回収率 95.0%
10/13の結果
 2勝(神奈川新聞杯、藤森S) 2分(西湖特別、壬生特別) 3敗
  回収率 44.0%
10/14の結果
 1勝(堀川特別) 5敗
  回収率 15.6%
  年間回収率 72.3%
  通算回収率 74.4%

10/19の結果
 3勝(いちょうS、神無月S、室町S) 9敗(東京6R~8Rを含む)
  回収率 95.0%
10/20の結果
 5勝(山中湖特別、甲斐路S、観月橋S、菊花賞、驀進特別) 6敗
  回収率 65.8%
  通算回収率 72.5%
  通算回収率 74.4%

久しぶりの東京旅行は、いい経験になりました。
大井は、きらびやかな一方、まだ地方競馬らしさ(≒うさんくささ)が残っていて、
非常にいい雰囲気の競馬場でした。
馬券的には散々でしたが、また行きたいですね。
東京競馬場は、広いというか、広すぎます。慣れないと、カメラポジションに迷いますね。
中央競馬に関しては、冬に向けてやや上向きになってるのは良いと思います。
目標である年間90%はちょっと厳しいかもしれませんが、
まずは80%台回復を目指して行きたいと思います。
10/26、10/27の買い方は以下の通り。
 東京:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 京都:条件戦=複勝 OP以上=枠連
 新潟:条件戦=複勝 OP以上=馬連

東京09R 精進湖特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑨カムフィー
  ○ ④ロジサンデー
  ▲ ②ビームライフル

東京10R 三峰山特別(3上1000万下 D短 2点)
  ◎ ⑦シグナルプロシード
  ○ ⑫サウンドトゥルー
  ▲ ⑭ニットウビクトリー

東京11R 紅葉S(3上1600万下 芝短 1点)
  ◎ ④コスモソーンパーク
  ○ ③ミヤビファルネーゼ
  ▲ ⑨ロードガルーダ

京都09R 萩S(2歳OP 芝中)
  ◎ ⑤シャンパーニュ
  ○ ⑧プリンスダム
  ▲ ⑥アグネスドリーム

京都10R 八坂S(3上1600万下 芝中 1点)
  ◎ ⑤クランモンタナ
  ○ ④ローゼンケーニッヒ
  ▲ ⑩ロードエアフォース
  △ ⑦アルキメデス

京都11R スワンS(3上GⅡ 芝短)
  ◎ ⑨ダイワマッジョーレ
  ○ ⑬マジンプロスパー
  ▲ ⑪グランプリボス
  △ ②テイエムオオタカ
 
 本命は、クラス別で1986年以降の27頭中約半分を占める重賞勝馬で、
 年齢別でも半分弱を占める4歳馬という条件を両方とも満たす⑨。
 休み明けなことが不安要素ではあるが、
 安定感はあるので今回も無様な競馬はしないと見て推してみる。
 対抗には、休み明けの前走も惜しい内容だった⑬。
 GⅠでは半歩たりない馬ではあるが、距離相性は良いので余勢を買ってみる。
 3番手には、去年の勝馬⑪。
 近走には香港での惨敗が含まれるが、この馬の場合内弁慶っぽいので、
 海外での戦績はあえて無視で良いと見ての3番手評価。
 あとは、重賞ではやや力不足の感も無くはないが、
 平坦馬場では強い②を2着候補の一角と見て押さえておく。

新潟10R 姫川特別(3上500万下 芝長 1点)
  ◎ ⑦ダノンフェニックス
  ○ ⑩ヴェリタラブ
  ▲ ⑥エスペリア

新潟11R 魚野川特別(3上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ⑧エパティック
  ○ ⑮タツミリュウ
  ▲ ⑭ローレルソラン
  △ ⑦ゴールドブライアン

新潟12R 寺泊特別(3上500万下 芝短 1点)
  ◎ ⑦ヒュウマ
  ○ ⑪シルクフラッシュ
  ▲ ④コリーヌ

« 映画 『人類資金』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-10-27 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
昨日のスワンSを見ていると、どうも当たる気がしない感じですw

11R 第148回 天皇賞(秋)(GI)
◎9番ジェンティルドンナ
○6番エイシンフラッシュ
▲4番トゥザグローリー
△11番トウケイヘイロー
×16番ダノンバラード
注17番ヴェルデグリーン

東京の馬場は回復するときは内から乾くので
内有利だと思いますが、
やはり先行できないと苦しいと思います。
トウケイヘイローは人気になっていますが
東京2000mを逃げ切るのは、なかなか難しい事。
これまで戦ってきた相手とは、1枚も2枚も違うので
ここは△評価までとしました。
本命はジェンティルドンナ、宝塚記念では3着に惜敗したものの
フェノーメノには先着しています。
勝ち馬とは馬場適性があってのものだと思います。
JCやオークスで強い勝ち方をした東京コースに変わり
ここは、本来の力を発揮してくれると思います。
3番手トゥザグローリーは重馬場は苦手ですが、
馬場がどこまで回復するか、それだけでしょう。
重馬場なら適正のあるトウケイケイローとダノンバラードも要注意。
追い込みでは若干距離が長いジャスタウェイよりも
ヴェルデグリーンの一発を警戒したいところです。

ユウマさん、おはようございます。
台風の影響も最小限で無事に競馬が行なわれそうですね。

11R 第56回 毎日放送賞スワンステークス(GII)
◎11番グランプリボス
○13番マジンプロスパー
▲5番ラストスネーク
△3番アドマイヤセプター
×8番エーシントップ
注9番ダイワマッジョーレ

本命はグランプリボスにしました。
前走、スプリンターズSは1枠がアダとなり、
直線で外へ出すロスが大きかった。
最後は差を詰めてきましたが、すでに勝負ありでした。
あまり得意でない休養明けであったことや
初の1200m戦など課題は多かった前走ですが、
うまく捌けていれば、ゴール前は
カナロアに迫っていたように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/58454027

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2013-10-26:

« 映画 『人類資金』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-10-27 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ