« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-11-24 | トップページ | 映画 『かぐや姫の物語』(☆☆☆☆) »

映画 『危険なプロット』(☆☆☆)

作中でも言ってるように、
「説明するんじゃない。読者に想像させるんだ」
を地で行くような作品。
ただ、それだけに好みも評価も分かれる作品。
もの書きやりたいと思ってるわしには、
確かにけっこう参考になったが、
引っ張ったわりにはモヤっとした結末に
肩透かしを食わされた感覚ではある。
生徒のクロード(エルンスト・ウンハウワー)が、
若い欲望を爆発させるのかと思いきや、
それも不完全燃焼に終わったっぽいし、
かと言って小悪魔にもなり切れてない。
教師のジェルマン(ファブリス・ルキーニ)は、
自分が叶えられなかった夢をクロードに見るが、
結果として破滅して行く。
しかし、それはなんとなく読めてしまう展開で、
さほど意外感もなく、
結局ジェルマンの作る出来の悪い小説っぽい、
なんとも消化不良な作品になってしまった。
「言うは易く、行うは難し」という教訓を、
この作品に贈りたく思う。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-11-24 | トップページ | 映画 『かぐや姫の物語』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『危険なプロット』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2013-11-24 | トップページ | 映画 『かぐや姫の物語』(☆☆☆☆) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ