« 映画 『恋するリベラーチェ』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-11-09 »

映画 『標的の村』(☆☆☆☆)

返す返すも、アメリカは沖縄密約でうまいことやったなぁ、
というのが第一印象。
アメリカにとっては、難治の地であった沖縄。
それをなんとしても取り返そうと躍起になっていた日本。
相互の利害が一致しただけならともかく、
アンダーザテーブルでアメリカに追い銭までした日本。
一方で、統治する上で日本が1枚噛まさることで、
逆に面倒事(現地住民との折衝、というか押さえこみ)は
日本政府に押しつけて、やりたい放題状態となったアメリカ。
一方で沖縄県民は、
平和憲法を標榜する日本に期待して日本復帰を願い、それを叶えたが、
実は彼らの正体がアメリカの犬だったということに気付き、
以前以上に厳しい立場に立たされることになるわけだが…。
そんな沖縄の中でも、特に厳しい立場に立たされている、
沖縄県東村高江集落の人々を中心に追った、
テレビ朝日系列のボ厩メンタリー番組の拡大版。

米軍統治時代から、
ベトナム村として演習の良い具にされてきたこの集落は、
米軍演習地のど真ん中にあり、常に標的視されている。
そこを、さらに取り囲むように新規ヘリパッド
(ヘリコプターなどの着陸目標)の建設が持ち上がった。
しかもそこは、「空飛ぶ棺桶」とも揶揄される
オスプレイも着陸するとされ、
住民はおろか全沖縄が抗議の声を上げ、
さらには座り込みや「人間の鎖」を作って抵抗を試みるのだが、
それを排除するのが皮肉にも沖縄県警。
つまり、身内同士の醜い争いというわけ。
そして、それをヘラヘラしながら見ている米兵。
なんともやるせない光景である。

しかし、ワシなんかに言わせると、
警察なんちゅうものは、しょせん制服を着たヤクザ。
シノギのためには身内もクソも無いわけである。
もっと言えば、彼ら沖縄の人々は、
戦後、いや下手すれば戦前から騙されっぱなしである。
世界的お人よしのヤマトンチュよりも、
ウチナーはさらにお人よと言えるかもしれない。
彼らは、もっと本格的な戦い、
具体的に言えば革命的闘争を仕掛けなければ、
おそらくこの状況から脱することはできないだろう。
しかし、そういう意味でも密約は皮肉にも効果絶大である。
革命とは、この国では天皇に対する反逆であり、
厳に戒められているのである。
つまり在日米軍は、天皇のご威光を利してこの国に居座り、
やりたい放題やっているというわけである。
われわれ日本人よりもよほどこの国の統治機構を知り尽くし、
うまく利用しているのが彼ら、というわけである。

ただ、この現実が沖縄から外に広がって行かないのには、
沖縄県民以外にも責任はある。
我々は、沖縄県民が被っている迷惑を肩代わりする気が、
やはり無いのである。
今作のような現実を見せ付けられれば、なおさらのことであろう。
そして、この抵抗の歴史は、
おそらく対原発にもそのまま当てはまるのであろう。
抵抗住民と経済優先の賛成派住民の衝突。
こういうことが集落の分裂を生み
(意図的に生み出されている可能性も看過できない)、
結果として抵抗力を弱めているのである。
その辺りでも、
我々はアメリカにいいようにやられていると言えるのである。

日本は、あの戦争に負けたという重荷を、
ある意味ではいまだに引きずり続けているのである。
アメリカにあてがわれた憲法。
アメリカに救われた天皇。
アメリカに弱みを握られている政治家。
彼らのもとでは、
この忍従はある意味仕方のないことなのかもしれないが…。

« 映画 『恋するリベラーチェ』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-11-09 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『標的の村』(☆☆☆☆):

« 映画 『恋するリベラーチェ』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2013-11-09 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ