« 映画 『鑑定士と顔のない依頼人』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『ブリングリング』(☆☆☆) »

映画 『メキシカン・スーツケース 〈ロバート・キャパ〉とスペイン内戦の真実』(☆☆☆)

70年ぶりに発見された、
ロバート・キャパら戦場カメラマンが、
スペイン内戦の時に撮り溜めたネガフィルムの
中身よりも、
そこに写っているスペイン内戦が、
現代のスペイン人やメキシコに亡命した
スペイン人にとってどういうものであるかを
再検証することに主眼が置かれたドキュメンタリー。
しかし冒頭の
「過去を隠蔽しようとすることは恥ずかしいこと」や
「若者たちは教科書に書いていない歴史を学ぼうとしている」
(相変わらずこういうセリフはうろ覚えなのだが)
といった感じのセリフには、
我々日本人にとっても
身につまされるものがあるのではないだろうか。

「メキシカン・スーツケース」の流転の歴史とか、
写真の精査とか、
そういうものを想定していたワシにとっては、
やや的外れな内容であったことは確かだが、
戦争というものに対しては、
みなさんどうにもセンチメンタルな人々というか、
隠蔽体質というか、エゴが強いというか…。

« 映画 『鑑定士と顔のない依頼人』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『ブリングリング』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画 『鑑定士と顔のない依頼人』(☆☆☆☆) | トップページ | 映画 『ブリングリング』(☆☆☆) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ