« 映画 『永遠の0』(☆☆) | トップページ | 映画 『武器人間』(☆☆) »

映画 『ウォーキング with ダイナソー』(☆☆)

『ゼロ・グラビティ』に続く
アトラクション枠の3D映画。
しかし、BBCの『アース』シリーズは、
カメラでの実写映像だから意味があるのであって、
やりたい放題の3D映像で『アース』的なものを作っても、
結局のところ白々しいだけ。
しかも、そこに『○イオンキング』的な
ストーリーを乗せたところで、
それこそ本家に叶うわけもないわけで…。
つまり、エンタテインメントとしての価値は、
そう大きく認められないわけである。

しかしません恐竜研究の最新成果を発表する、
という意味においては、
それなり以上に意味がある。
研究を続けるためには、
当然ながら費用を捻出しなければならないわけだが、
興行収入によりそのうちのいくらかでも
研究費用に補填できれば、
さらなる研究成果も上がってくるというものである。
支える価値が認められれば、
カネが集まってくるのは当然の理である。
こういう視座は、日本の研究者も当然持つべきであり、
また興行主もそういう門戸をもっと広く開けるべきだと思う。
『永遠の0』の中でもチラッと出てきたが、
精神力だけで飛行機が飛ぶのなら、
我々人間はとうの昔に空を飛べていたはずである。
その程度の想像力も持ち合わせていない日本人では、
世界と伍して行くなど夢のまた夢であろう。

« 映画 『永遠の0』(☆☆) | トップページ | 映画 『武器人間』(☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ウォーキング with ダイナソー』(☆☆):

« 映画 『永遠の0』(☆☆) | トップページ | 映画 『武器人間』(☆☆) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ