« 映画 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ある精肉店のはなし』(☆☆☆) »

映画 『フィルス』(☆☆)

まず、札幌的には公開時期が悪い。
ヤク中が主人公って時点で
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』とだだかぶり。
そうなると、スケールも小さいし、
特段救いも無いしと、ウリになるポイントも見出せない。

しかも、今作の主人公ロバートソン(ジェームズ・マカヴォイ)は、
ヤク中のせいで幻覚を見るのか、
妻子に捨てられたせいで幻覚を見るのか、
はたまた弟を殺してしまったせいで幻覚を見るのか、
正直はっきりしないのである。
つまり、彼のバックグラウンドがはっきりせず、
しかもただただ虚勢を張ってるだけで、
マッチポンプで他人を陥れて出世しようという、
しょーもない男でしかない
(根っからの悪人ではないようではあるが)。
救いのないエンディングになってしまうのは、
自業自得と言えるかもしれないが、
人物描写が薄っぺらいせいで
ホントに同情の余地がなくなってしまっているのが、
実にザンネンな作品。

今回は公開時期が悪かったことにして☆2つ。

« 映画 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ある精肉店のはなし』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『フィルス』(☆☆):

« 映画 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(☆☆☆) | トップページ | 映画 『ある精肉店のはなし』(☆☆☆) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ