« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-02-02 | トップページ | 映画 『アメリカン・ハッスル』(☆☆☆) »

映画 『ザ・イースト』(☆☆☆)

人間を動かす契機って、結局欲望というか、エゴだと思うんだよね。
主人公のジェーン(偽名サラ:ブリット・マーリング)は、
会社に対して漠然とした不満があるようにみえる一方、
潜入した「イースト」のやり方にも不満を持っているように思える。
「イースト」にしたところで、
メンバーの個人的恨みを晴らしているだけのようにも見えるし、
メンバー間の結びつきにしても、恨みを晴らすためだけでなくて、
恋愛絡みとも思える間柄もあるし、
ジェーン自身「イースト」のリーダーであるベンジー
(アレキサンダー・スカルスガルド)に惹かれて行くわけだし…。

とはいえ、ジェーン自身の掘り下げ方が浅く、
彼女の行動原理がイマイチわかりにくい。
正直、ただのエゴイストにしか見えないんだよねぇ。
かといって狂言回しっていうわけでもないし、
そういう意味ではあまり入り込めない作品なわけで…。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-02-02 | トップページ | 映画 『アメリカン・ハッスル』(☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『ザ・イースト』(☆☆☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-02-02 | トップページ | 映画 『アメリカン・ハッスル』(☆☆☆) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ