« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-03-23 | トップページ | 映画 『ローン・サバイバー』(☆☆☆☆) »

映画 『皇帝と公爵』(☆)

戦争映画なのに、えらく退屈。
それもそのはずで、今作の主人公は、
「皇帝」ナポレオンでもなく(肖像画が出る程度)、
「公爵」ウェリントンでもなく
(当時まだ公爵ではなかったらしい)、
その下で戦う兵士や、その周辺の女性たちなのである。
しかも、その兵士や女性たちのエピソードも、
多岐にわたって取り上げてしまっているために、
全体としてのまとまりを欠く作品になってしまった。
その上、特段ドンパチがあるでもなく、
戦場とは思えないのどかな光景をダラダラ流すだけ、
みたいな画作りになってしまったので、
一般的な戦争モノを期待して観に行ったワシなどは、
多いに期待を裏切られる羽目に陥るわけである。
せめて、もう少しエピソードを絞って、
上映時間も短くして観やすい作品にしてくれれば…。

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-03-23 | トップページ | 映画 『ローン・サバイバー』(☆☆☆☆) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『皇帝と公爵』(☆):

« 「新・中央競馬予想戦記」 2014-03-23 | トップページ | 映画 『ローン・サバイバー』(☆☆☆☆) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ