« 映画 『陸軍登戸研究所』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-20 »

「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-19

4/12の結果
 4勝(野島崎特別、湾岸S、吾妻小富士賞、飯盛山特別) 5敗
  回収率 75.7%

4/13の結果
 3分(隅田川特別、大阪ーハンブルクC、桜花賞) 8敗
  回収率 45.6%
  年間回収率 69.1%
  通算回収率 74.0%

相変わらずパッとしない成績が続きますなぁ。
特に、大阪ーハンブルクCは、対抗タニノエポレットの単勝買ってれば、
1770円ゲットだったのに、バンデ絡みのワイドしか買ってないからなぁ…。
相変わらずの馬券下手っぷりですわ…。
今週こそ、一矢報いたいところであります。
4/19、4/20の買い方は以下の通り。
 中山:条件戦=複勝 OP以上=馬連
 阪神:条件戦=単勝 OP以上=ワイド
 福島:条件戦=複勝 OP以上=枠連

中山09R 山藤賞(3歳500万下 芝中 1点)
  ◎ ④キネオペガサス
  ○ ⑧ストーミング
  ▲ ⑨マイネルヴェルト

中山10R 総武S(4上1600万下 D中 1点)
  ◎ ②ヒラボクマジック
  ○ ⑮タナトス
  ▲ ⑯プラントハンター

中山11R 中山グランドジャンプ(4上JGⅠ 障害)
  ◎ ⑤アポロマーベリック
  ○ ⑦オースミムーン
  ▲ ④メイショウブシドウ
 去年の中山大障害上位組vs別路線組の構図。
 本命は、中山大障害を勝った⑤。
 休み明けの前走では、今回と同じ斤量を背負って(他馬はおおむね斤量60kg)勝ち、
 力のあるところを見せた。今回は他馬も63kgを背負うので、当然期待大である。
 対抗には、別路線組から⑦.
 中山障害戦未経験とはいえ、障害戦8戦で4勝2着4回と完全連対中。
 中山の坂さえこなせば、実績面で劣るものではないと見る。
 3番手には、中山大障害3着の④。
 間隔は空いているが、地脚はある方だし、中山障害戦でも実績のある馬なので、
 状態万全なら逆転の目もあるか。

中山12R 利根川特別(4上1000万下 D中 ①点)
  ◎ ⑦グッドマイスター
  ○ ⑥サウンドトゥルー
  ▲ ⑪エルマンボ

阪神09R はなみずき賞(3歳500万下 芝中 ①点)
  ◎ ①サトノフラクタル
  ○ ③サウンドオブアース
  ▲ ⑤メイクアップ

阪神10R 蓬莱峡特別(4上1000万下 芝中 1点)
  ◎ ①ビービートレイター
  ○ ⑩ハッピーモーメント
  ▲ ⑫カレンバッドボーイ

阪神11R アンタレスS(4上GⅢ D中)
  ◎ ⑧エアハリファ
  ○ ⑫ニホンピロアワーズ
  ▲ ⑩ナムラビクター
 本命は、重賞未出走も安定感抜群の⑧。
 阪神コースとの相性も良く、満を持しての重賞制覇へ好機到来と見る。
 対抗には、GⅠ馬でもある⑫。
 D1800mで実に7勝の実績を挙げており、距離相性は絶好。
 実績も上位で、逆転も充分。
 3番手には、前走から小牧騎手と組んでいる⑩。
 地方競馬出身の小牧騎手なら、ダート戦で力を発揮してくれるだろうと見て、
 逆転含みで推してみることとする。

福島10R 燧ヶ岳特別(4上500万下 芝長 ①点)
  ◎ ①ルミナスレッド
  ○ ⑥ロジダンス
  ▲ ⑬マルケサス

福島11R ラジオ福島賞(4上1000万下 D中 1点)
  ◎ ⑭サナシオン
  ○ ⑤スマートレパード
  ▲ ⑪ラローザブル

福島12R 医王寺特別(4上500万下 芝短 1点)(出走取消が出たため変更)
  ◎ ⑦ピエナアプローズ⑫ブライトチェリー
  ○ ⑯ハッピーアビラ
  ▲ ⑪サンマルビューティ

« 映画 『陸軍登戸研究所』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-20 »

競馬予想」カテゴリの記事

コメント

ユウマさん、おはようございます。
混戦の時ほど、本命決着ってことが多々あります(笑)。

11R 第74回 皐月賞(GI)
◎17番トゥザワールド
○7番トーセンスターダム
▲2番イスラボニータ
△11番ロサギガンティア
×1番ワンアンドオンリー
14番バウンスシャッセ

本命はトゥザワールドにしました。
回転の早いピッチ走法で道悪も対応可能です。
瞬発力勝負型じゃないけど、
スッと動けるレースセンスの良さは中山向きです。
それにゴチャつきやすい内よりは
距離ロスはあっても外枠が良いかもです。
ダートを走らせたら、かなり走りそうですが、
現時点では芝でも、イケます。
最後、ちょっと末が甘くなるところは
血統的なとこもあるんでしょうね。

イスボラニータはレベルの高かった
東スポ杯勝ち馬、やや距離が長いような気がしますが、
ロスなく立ち回れば対応可能と見ました。

あと名前には挙げませんでしたが
アドマイヤデウスもパワーの要る馬場は向きますね。

消し馬はアジアエクスプレスとクラリティシチー
血統的に距離が1F長い印象です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134965/59492787

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-19:

« 映画 『陸軍登戸研究所』(☆☆☆) | トップページ | 「新・中央競馬予想戦記」 2014-04-20 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ